SpeechSynthesizer.SelectVoice(String) SpeechSynthesizer.SelectVoice(String) SpeechSynthesizer.SelectVoice(String) SpeechSynthesizer.SelectVoice(String) Method

定義

特定の音声を名前で選択します。Selects a specific voice by name.

public:
 void SelectVoice(System::String ^ name);
public void SelectVoice (string name);
member this.SelectVoice : string -> unit
Public Sub SelectVoice (name As String)

パラメーター

name
String String String String

選択する音声の名前。The name of the voice to select.

注釈

GetInstalledVoicesメソッドとVoiceInfoクラスを使用して、インストールされている音声合成 (TTS) 音声の名前を取得します。この音声は選択できます。Use the GetInstalledVoices method and VoiceInfo class to obtain the names of installed text-to-speech (TTS) voices that you can select. 音声を選択するには、 Nameプロパティの内容全体をSelectVoiceメソッドの引数として渡します。To select a voice, pass the entire contents of the Name property as the argument for the SelectVoice method. オブジェクトSpeechSynthesizerは、音声のVoiceInfo.Nameプロパティに含まれnameている最初にインストールされた音声を選択します。The SpeechSynthesizer object selects the first installed voice that contains name in the voice's VoiceInfo.Name property. SpeechSynthesizer 、大文字と小文字を区別し、部分文字列の比較をname実行して、音声がと一致するかどうかを判断します。The SpeechSynthesizer performs a case-sensitive, substring comparison to determine if the voice matches the name.

アプリケーションがを呼びGetInstalledVoices出すと、メソッドは、レジストリで見つかった各音声が特定の最小条件を満たしているかどうかを確認します。When an application calls GetInstalledVoices, the method verifies that each of the voices it finds in the registry meets certain minimum criteria. 検証に失敗した音声にGetInstalledVoices対してEnabledは、 Falseそのプロパティをに設定します。For any voice that fails verification, GetInstalledVoices sets its Enabled property to False. アプリケーションは、 EnabledプロパティがでFalseある音声を選択できません。An application cannot select a voice whose Enabled property is False. 通常、アプリケーションは音声のEnabledプロパティを設定しません。Typically, applications will not set a voice's Enabled property.

性別、年齢、またはロケールで音声を選択するには、いずれSelectVoiceByHintsかの方法を使用します。To select a voice by gender, age, or locale, use one of the SelectVoiceByHints methods.

適用対象

こちらもご覧ください