System.Speech.Synthesis Namespace

N:System.Speech.Synthesis 名前空間には、音声合成エンジンの初期化と構成、プロンプトの作成、音声の生成、イベントへの応答、および音声特性の変更のためのクラスが含まれています。 The N:System.Speech.Synthesis namespace contains classes for initializing and configuring a speech synthesis engine, for creating prompts, for generating speech, for responding to events, and for modifying voice characteristics.

クラス

BookmarkReachedEventArgs

BookmarkReached イベントからのデータを返します。Returns data from the BookmarkReached event.

FilePrompt

ファイルから作成されるプロンプトを表します。Represents a prompt created from a file.

InstalledVoice

Windows にインストールされている音声合成の音声に関する情報が含まれます。Contains information about a speech synthesis voice installed in Windows.

PhonemeReachedEventArgs

PhonemeReached イベントからのデータを返します。Returns data from the PhonemeReached event.

Prompt

SpeechSynthesizer によって表される方法 (テキストまたはオーディオ ファイルのいずれか) に関する情報を表します。Represents information about what can be rendered, either text or an audio file, by the SpeechSynthesizer.

PromptBuilder

空の Prompt オブジェクトを作成し、内容の追加、音声の選択、音声の属性の制御、および読み上げられる単語の発音の制御を行うメソッドを提供します。Creates an empty Prompt object and provides methods for adding content, selecting voices, controlling voice attributes, and controlling the pronunciation of spoken words.

PromptEventArgs

System.Speech.Synthesis 名前空間内の EventArgs クラスの基本クラスを表します。Represents the base class for EventArgs classes in the System.Speech.Synthesis namespace.

PromptStyle

強調、レート、ボリュームの設定で構成される読み上げプロンプトのスタイルを定義します。Defines a style for speaking prompts that consists of settings for emphasis, rate, and volume.

SpeakCompletedEventArgs

SpeakCompleted イベントからの通知を返します。Returns notification from the SpeakCompleted event.

SpeakProgressEventArgs

SpeakProgress イベントからのデータを返します。Returns data from the SpeakProgress event.

SpeakStartedEventArgs

SpeakStarted イベントからの通知を返します。Returns notification from the SpeakStarted event.

SpeechSynthesizer

インストール済みの音声合成エンジン機能へのアクセスを提供します。Provides access to the functionality of an installed speech synthesis engine.

StateChangedEventArgs

StateChanged イベントからのデータを返します。Returns data from the StateChanged event.

VisemeReachedEventArgs

VisemeReached イベントからのデータを返します。Returns data from the VisemeReached event.

VoiceChangeEventArgs

VoiceChange イベントからのデータを返します。Returns data from the VoiceChange event.

VoiceInfo

インストールされた音声合成エンジンを表します。Represents an installed speech synthesis engine.

列挙型

PromptBreak

単語の境界間に挿入する韻律的な分離 (休止) の長さの値を列挙します。Enumerates values for intervals of prosodic separation (breaks) between word boundaries.

PromptEmphasis

プロンプトの強調のレベルの値を列挙します。Enumerates values for levels of emphasis in prompts.

PromptRate

プロンプトの話す速さの値を列挙します。Enumerates values for the speaking rate of prompts.

PromptVolume

プロンプトのボリューム レベル (大きさ) の値を列挙します。Enumerates values for volume levels (loudness) in prompts.

SayAs

時刻、日付、通過などの要素を示すためのコンテンツ タイプを列挙します。Enumerates the content types for the speaking of elements such as times, dates, and currency.

SynthesisMediaType

メディア ファイルの種類を列挙します。Enumerates the types of media files.

SynthesisTextFormat

Prompt オブジェクトの構築に使用されるテキスト形式の種類を列挙します。Enumerates the types of text formats that may be used to construct a Prompt object.

SynthesizerEmphasis

シンセサイザーの強調のレベルを列挙します。Enumerates levels of synthesizer emphasis.

SynthesizerState

SpeechSynthesizer の状態の値を列挙します。Enumerates values for the state of the SpeechSynthesizer.

VoiceAge

合成された音声の期間の値を定義します。Defines the values for the age of a synthesized voice.

VoiceGender

合成された音声の性別の値を定義します。Defines the values for the gender of a synthesized voice.

注釈

初期化し、構成Initialize and Configure

SpeechSynthesizerクラスは、ホスト コンピューターにインストールされている音声合成エンジンの機能へのアクセスを提供します。The SpeechSynthesizer class provides access to the functionality of a speech synthesis engine that is installed on the host computer. エンジンが音声をたとえば Microsoft Anna によって表される音声合成をインストールします。Installed speech synthesis engines are represented by a voice, for example Microsoft Anna. ASpeechSynthesizer既定音声インスタンスを初期化します。A SpeechSynthesizer instance initializes to the default voice. 構成する、 SpeechSynthesizer 、他のインストール済みの音声、呼び出しのいずれかを使用するインスタンス、SelectVoiceまたはSelectVoiceByHintsメソッド。To configure a SpeechSynthesizer instance to use one of the other installed voices, call the SelectVoice or SelectVoiceByHints methods. 音声のインストールに関する情報を取得する、GetInstalledVoicesメソッド。To get information about which voices are installed, use the GetInstalledVoices method.

出力をルーティングすることができます、SpeechSynthesizerストリーム、ファイル、既定のオーディオ デバイスまたはメソッドのいずれかを使用して null デバイス、SpeechSynthesizerクラスの名前で始まる"SetOutputTo"。You can route the output of the SpeechSynthesizer to a stream, a file, the default audio device, or to a null device by using one of the methods in the SpeechSynthesizer class whose name begins with "SetOutputTo".

プロンプトを作成します。Create Prompts

1 つのメソッドを使用して、PromptBuilderで始まる名前のクラス"Append"のプロンプト テキスト、マークアップ言語 SSML (Speech Synthesis) からのコンテンツのテキストまたは SSML マークアップ、またはオーディオの録音済みのファイルを含むファイルをビルドします。Use one the methods of the PromptBuilder class whose name begins with "Append" to build content for prompts from text, Speech Synthesis Markup Language (SSML), files containing text or SSML markup, or prerecorded audio files.

参照してください複雑なプロンプトを構築するで、 .NET Framework のシステム音声プログラミング ガイド詳細と例。See Constructing a Complex Prompt in the System Speech Programming Guide for .NET Framework for more information and examples.

音声を生成します。Generate Speech

または文字列から音声を生成する、PromptまたはPromptBuilderオブジェクトを使用して、SpeakまたはSpeakAsyncメソッド。To generate speech from a string or from a Prompt or PromptBuilder object, use the Speak or the SpeakAsync methods. SSML マークアップから音声を生成するには、使用、SpeakSsmlまたはSpeakSsmlAsyncメソッド。To generate speech from SSML markup, use the SpeakSsml or the SpeakSsmlAsync methods. 参照してください音声合成のマークアップ言語リファレンスSSML マークアップをガイドします。See Speech Synthesis Markup Language Reference for a guide to SSML markup.

使用して、単語の発音を支援する、AppendTextWithHintまたはAppendTextWithPronunciationメソッド、および追加または削除の辞書をSpeechSynthesizerインスタンスを使用して、AddLexiconRemoveLexiconメソッド。You can guide the pronunciation of words by using the AppendTextWithHint or AppendTextWithPronunciation methods, and by adding or removing lexicons for a SpeechSynthesizer instance using the AddLexicon and RemoveLexicon methods.

イベントに応答するにはRespond to Events

SpeechSynthesizerクラスには、音声認識アプリケーションに通知するイベントが含まれていますが、SpeechSynthesizerによって報告されたプロンプトで、特定の機能が発生しました、 SpeakProgressEventArgsBookmarkReachedEventArgsPhonemeReachedEventArgs、およびVisemeReachedEventArgsクラス。The SpeechSynthesizer class includes events that inform a speech application that the SpeechSynthesizer encountered a specific feature in a prompt, as reported by the SpeakProgressEventArgs, BookmarkReachedEventArgs, PhonemeReachedEventArgs, and VisemeReachedEventArgs classes.

先頭と末尾でプロンプトの読み上げの情報を取得する、SpeechSynthesizerを使用して、SpeakStartedEventArgsSpeakCompletedEventArgsクラス。To get information about the beginning and end of the speaking of a prompt by the SpeechSynthesizer, use the SpeakStartedEventArgs and SpeakCompletedEventArgs classes.

参照してくださいを使用して音声合成イベントで、 .NET Framework のシステム音声プログラミング ガイド詳細と例。See Using Speech Synthesis Events in the System Speech Programming Guide for .NET Framework for more information and examples.

音声特性を変更します。Modify Voice Characteristics

PromptStyleクラスとStartStyleAppendTextの特性を変更するメソッドを使用できます、SpeechSynthesizerを使用して音声EmphasisRate、およびVolumeパラメーター。The PromptStyle class and StartStyle and AppendText methods let you modify characteristics of a SpeechSynthesizer voice using Emphasis, Rate, and Volume parameters. カルチャ、年齢、性別などの音声の特性を変更するには、いずれかを使用、StartVoiceのメソッド、PromptBuilderクラスまたはSelectVoiceByHintsのメソッド、SpeechSynthesizerクラス。To modify characteristics of a voice such as culture, age, and gender, use one of the StartVoice methods of the PromptBuilder class or the SelectVoiceByHints methods of the SpeechSynthesizer class.

参照してください音声の属性を制御するで、 .NET Framework のシステム音声プログラミング ガイド詳細についてはします。See Controlling Voice Attributes in the System Speech Programming Guide for .NET Framework for more information.