Encoding Encoding Encoding Encoding Class

定義

文字エンコーディングを表します。 Represents a character encoding.

public ref class Encoding abstract : ICloneable
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[Serializable]
public abstract class Encoding : ICloneable
type Encoding = class
    interface ICloneable
Public MustInherit Class Encoding
Implements ICloneable
継承
EncodingEncodingEncodingEncoding
派生
属性
ComVisibleAttribute SerializableAttribute
実装

次の例では、別のエンコーディングから文字列に変換します。The following example converts a string from one encoding to another.

注意

Byte[] 配列は、エンコードされたデータを格納するこの例では、唯一の種類です。The byte[] array is the only type in this example that contains the encoded data. .NET の文字と文字列型をそれ自体は Unicode、ため、GetChars呼び出しが Unicode にデータをデコードします。The .NET Char and String types are themselves Unicode, so the GetChars call decodes the data back to Unicode.

using namespace System;
using namespace System::Text;

int main()
{
   String^ unicodeString = "This string contains the unicode character Pi (\u03a0)";
   
   // Create two different encodings.
   Encoding^ ascii = Encoding::ASCII;
   Encoding^ unicode = Encoding::Unicode;
   
   // Convert the string into a byte array.
   array<Byte>^unicodeBytes = unicode->GetBytes( unicodeString );
   
   // Perform the conversion from one encoding to the other.
   array<Byte>^asciiBytes = Encoding::Convert( unicode, ascii, unicodeBytes );
   
   // Convert the new Byte into[] a char and[] then into a string.
   array<Char>^asciiChars = gcnew array<Char>(ascii->GetCharCount( asciiBytes, 0, asciiBytes->Length ));
   ascii->GetChars( asciiBytes, 0, asciiBytes->Length, asciiChars, 0 );
   String^ asciiString = gcnew String( asciiChars );
   
   // Display the strings created before and after the conversion.
   Console::WriteLine( "Original String*: {0}", unicodeString );
   Console::WriteLine( "Ascii converted String*: {0}", asciiString );
}
// The example displays the following output:
//    Original string: This string contains the unicode character Pi (Π)
//    Ascii converted string: This string contains the unicode character Pi (?)
using System;
using System.Text;

class Example
{
   static void Main()
   {
      string unicodeString = "This string contains the unicode character Pi (\u03a0)";

      // Create two different encodings.
      Encoding ascii = Encoding.ASCII;
      Encoding unicode = Encoding.Unicode;

      // Convert the string into a byte array.
      byte[] unicodeBytes = unicode.GetBytes(unicodeString);

      // Perform the conversion from one encoding to the other.
      byte[] asciiBytes = Encoding.Convert(unicode, ascii, unicodeBytes);
         
      // Convert the new byte[] into a char[] and then into a string.
      char[] asciiChars = new char[ascii.GetCharCount(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length)];
      ascii.GetChars(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length, asciiChars, 0);
      string asciiString = new string(asciiChars);

      // Display the strings created before and after the conversion.
      Console.WriteLine("Original string: {0}", unicodeString);
      Console.WriteLine("Ascii converted string: {0}", asciiString);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Original string: This string contains the unicode character Pi (Π)
//    Ascii converted string: This string contains the unicode character Pi (?)
Imports System.Text

Class Example
   Shared Sub Main()
      Dim unicodeString As String = "This string contains the unicode character Pi (" & ChrW(&H03A0) & ")"

      ' Create two different encodings.
      Dim ascii As Encoding = Encoding.ASCII
      Dim unicode As Encoding = Encoding.Unicode

      ' Convert the string into a byte array.
      Dim unicodeBytes As Byte() = unicode.GetBytes(unicodeString)

      ' Perform the conversion from one encoding to the other.
      Dim asciiBytes As Byte() = Encoding.Convert(unicode, ascii, unicodeBytes)

      ' Convert the new byte array into a char array and then into a string.
      Dim asciiChars(ascii.GetCharCount(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length)-1) As Char
      ascii.GetChars(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length, asciiChars, 0)
      Dim asciiString As New String(asciiChars)

      ' Display the strings created before and after the conversion.
      Console.WriteLine("Original string: {0}", unicodeString)
      Console.WriteLine("Ascii converted string: {0}", asciiString)
   End Sub
End Class
' The example displays the following output:
'    Original string: This string contains the unicode character Pi (Π)
'    Ascii converted string: This string contains the unicode character Pi (?)

注釈

エンコーディングは、Unicode 文字のセットをバイト シーケンスに変換するプロセスです。Encoding is the process of transforming a set of Unicode characters into a sequence of bytes. これに対し、デコードは、Unicode 文字のセットにエンコードされたバイトのシーケンスを変換するプロセスです。In contrast, decoding is the process of transforming a sequence of encoded bytes into a set of Unicode characters. Unicode 変換形式 (UTFs) とでサポートされているその他のエンコーディングについてEncodingを参照してください.NET における文字エンコーディングします。For information about the Unicode Transformation Formats (UTFs) and other encodings supported by Encoding, see Character Encoding in .NET.

なおEncodingバイト配列などの任意のバイナリ データではなく Unicode 文字を操作するためのものです。Note that Encoding is intended to operate on Unicode characters instead of arbitrary binary data, such as byte arrays. テキストには、任意のバイナリ データをエンコードする必要がある場合、は、uuencode などの方法で実装されているなどのプロトコルを使用する必要がありますConvert.ToBase64CharArrayします。If you must encode arbitrary binary data into text, you should use a protocol such as uuencode, which is implemented by methods such as Convert.ToBase64CharArray.

.NET の次の実装を提供する、Encodingを現在の Unicode エンコーディングやその他のエンコーディングをサポートするクラス。.NET provides the following implementations of the Encoding class to support current Unicode encodings and other encodings:

  • ASCIIEncoding 1 つの 7 ビット ASCII 文字と Unicode 文字をエンコードします。ASCIIEncoding encodes Unicode characters as single 7-bit ASCII characters. このエンコード U + 間の文字値のみをサポートしている 0000 と U + 007F します。This encoding only supports character values between U+0000 and U+007F. コード ページ 20127 です。Code page 20127. でも、ASCIIプロパティ。Also available through the ASCII property.

  • UTF7Encoding utf-7 エンコードを使用して Unicode 文字をエンコードします。UTF7Encoding encodes Unicode characters using the UTF-7 encoding. このエンコーディングと Unicode 文字の値をすべてサポートしています。This encoding supports all Unicode character values. コード ページ 65000 です。Code page 65000. でも、UTF7プロパティ。Also available through the UTF7 property.

  • UTF8Encoding utf-8 エンコーディングを使用して Unicode 文字をエンコードします。UTF8Encoding encodes Unicode characters using the UTF-8 encoding. このエンコーディングと Unicode 文字の値をすべてサポートしています。This encoding supports all Unicode character values. コード ページ 65001 です。Code page 65001. でも、UTF8プロパティ。Also available through the UTF8 property.

  • UnicodeEncoding Unicode 文字の utf-16 エンコーディングを使用してエンコードします。UnicodeEncoding encodes Unicode characters using the UTF-16 encoding. リトル エンディアンとビッグ エンディアン バイト順順の両方がサポートされています。Both little endian and big endian byte orders are supported. でも、UnicodeプロパティおよびBigEndianUnicodeプロパティ。Also available through the Unicode property and the BigEndianUnicode property.

  • UTF32Encoding Unicode 文字の utf-32 エンコーディングを使用してエンコードします。UTF32Encoding encodes Unicode characters using the UTF-32 encoding. 両方リトル エンディアン (コード ページ 12000) とビッグ エンディアン (コード ページ 12001) バイト注文がサポートされています。Both little endian (code page 12000) and big endian (code page 12001) byte orders are supported. でも、UTF32プロパティ。Also available through the UTF32 property.

Encodingクラスは主に、さまざまなエンコーディングと Unicode の間で変換します。The Encoding class is primarily intended to convert between different encodings and Unicode. 多くの場合、Unicode の派生クラスの 1 つは、アプリに対して適切な選択です。Often one of the derived Unicode classes is the correct choice for your app.

使用して、GetEncodingその他のエンコーディングを取得するメソッドを呼び出すと、GetEncodingsすべてのエンコーディングの一覧を取得するメソッド。Use the GetEncoding method to obtain other encodings, and call the GetEncodings method to get a list of all encodings.

次の表には、.NET Framework と .NET Core でサポートされているエンコーディングが一覧表示します。The following table lists the encodings supported by .NET Framework and .NET Core. 各エンコーディングのコード ページ番号とエンコーディングの値を一覧表示EncodingInfo.NameEncodingInfo.DisplayNameプロパティ。It lists each encoding's code page number and the values of the encoding's EncodingInfo.Name and EncodingInfo.DisplayName properties. あるチェック マーク、 .NET Framework サポート.NET Core のサポート列は、コード ページは、基になるプラットフォームに関係なく、その .NET 実装によってネイティブでサポートすることを示します。A check mark in the .NET Framework support and .NET Core support columns indicates that the code page is natively supported by that .NET implementation, regardless of the underlying platform. .NET Framework での表に示すその他のエンコーディングの可用性は、オペレーティング システムによって異なります。For .NET Framework, the availability of other encodings listed in the table depends on the operating system. .NET core では、別のエンコーディングが使用可能なを使用して、System.Text.CodePagesEncodingProviderクラスまたはからの派生によって、System.Text.EncodingProviderクラス。For .NET Core, other encodings are available by using the System.Text.CodePagesEncodingProvider class or by deriving from the System.Text.EncodingProvider class.

注意

コード ページの持つEncodingInfo.Nameプロパティは、国際標準に対応必ずしもその標準に完全に準拠していません。Code pages whose EncodingInfo.Name property corresponds to an international standard do not necessarily comply in full with that standard.

コード ページCode page nameName 表示名Display name .NET framework のサポート.NET Framework support .NET Core サポート.NET Core support
3737 IBM037IBM037 IBM EBCDIC (米国およびカナダ)IBM EBCDIC (US-Canada)
437437 IBM437IBM437 OEM United StatesOEM United States
500500 IBM500IBM500 IBM EBCDIC (インターナショナル)IBM EBCDIC (International)
708708 ASMO-708ASMO-708 アラビア語 (ASMO 708)Arabic (ASMO 708)
720720 DOS-720DOS-720 アラビア語 (DOS)Arabic (DOS)
737737 ibm737ibm737 Řečtina (DOS)Greek (DOS)
775775 ibm775ibm775 バルト言語 (DOS)Baltic (DOS)
850850 ibm850ibm850 西ヨーロッパ言語 (DOS)Western European (DOS)
852852 ibm852ibm852 中央ヨーロッパ言語 (DOS)Central European (DOS)
855855 IBM855IBM855 OEM キリル語OEM Cyrillic
857857 ibm857ibm857 トルコ語 (DOS)Turkish (DOS)
858858 IBM00858IBM00858 OEM 多言語ラテン IOEM Multilingual Latin I
860860 IBM860IBM860 ポルトガル語 (DOS)Portuguese (DOS)
861861 ibm861ibm861 アイスランド語 (DOS)Icelandic (DOS)
862862 DOS-862DOS-862 ヘブライ語 (DOS)Hebrew (DOS)
863863 IBM863IBM863 カナダ系フランス語 (DOS)French Canadian (DOS)
864864 IBM864IBM864 アラビア語 (864)Arabic (864)
865865 IBM865IBM865 北欧 (DOS)Nordic (DOS)
866866 cp866cp866 キリル語 (DOS)Cyrillic (DOS)
869869 ibm869ibm869 ギリシャ語, Modern (DOS)Greek, Modern (DOS)
870870 IBM870IBM870 IBM EBCDIC (多言語ラテン 2)IBM EBCDIC (Multilingual Latin-2)
874874 windows-874windows-874 タイ語 (Windows)Thai (Windows)
875875 cp875cp875 IBM EBCDIC (ギリシャ語 Modern)IBM EBCDIC (Greek Modern)
932932 shift_jisshift_jis 日本語 (SHIFT-JIS)Japanese (Shift-JIS)
936936 gb2312gb2312 簡体字中国語 (GB2312)Chinese Simplified (GB2312)
949949 ks_c_5601-1987ks_c_5601-1987 韓国語Korean
950950 big5big5 繁体字中国語 (Big5)Chinese Traditional (Big5)
10261026 IBM1026IBM1026 IBM EBCDIC (トルコ語ラテン-5)IBM EBCDIC (Turkish Latin-5)
10471047 IBM01047IBM01047 IBM Latin 1IBM Latin-1
11401140 IBM01140IBM01140 IBM EBCDIC (米国-カナダ-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (US-Canada-Euro)
11411141 IBM01141IBM01141 IBM EBCDIC (ドイツ-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (Germany-Euro)
11421142 IBM01142IBM01142 IBM EBCDIC (デンマーク-ノルウェー-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (Denmark-Norway-Euro)
11431143 IBM01143IBM01143 IBM EBCDIC (フィンランド-スウェーデン-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (Finland-Sweden-Euro)
11441144 IBM01144IBM01144 IBM EBCDIC (イタリア-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (Italy-Euro)
11451145 IBM01145IBM01145 IBM EBCDIC (Španělsko-Euro)IBM EBCDIC (Spain-Euro)
11461146 IBM01146IBM01146 IBM EBCDIC (UK-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (UK-Euro)
11471147 IBM01147IBM01147 IBM EBCDIC (フランス-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (France-Euro)
11481148 IBM01148IBM01148 IBM EBCDIC (インターナショナル-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (International-Euro)
11491149 IBM01149IBM01149 IBM EBCDIC (アイスランド語-ヨーロッパ)IBM EBCDIC (Icelandic-Euro)
12001200 utf-16utf-16 UnicodeUnicode
12011201 unicodeFFFEunicodeFFFE Unicode (Big endian)Unicode (Big endian)
12501250 windows-1250windows-1250 中央ヨーロッパ言語 (Windows)Central European (Windows)
12511251 windows-1251windows-1251 キリル語 (Windows)Cyrillic (Windows)
12521252 utf-8Windows-1252 西ヨーロッパ言語 (Windows)Western European (Windows)
12531253 windows-1253windows-1253 ギリシャ語 (Windows)Greek (Windows)
12541254 windows-1254windows-1254 トルコ語 (Windows)Turkish (Windows)
12551255 windows-1255windows-1255 ヘブライ語 (Windows)Hebrew (Windows)
12561256 windows-1256windows-1256 アラビア語 (Windows)Arabic (Windows)
12571257 windows-1257windows-1257 バルト語 (Windows)Baltic (Windows)
12581258 windows-1258windows-1258 ベトナム語 (Windows)Vietnamese (Windows)
13611361 JohabJohab 韓国語 (Johab)Korean (Johab)
1000010000 macintoshmacintosh 西ヨーロッパ言語 (Mac)Western European (Mac)
1000110001 x-mac-日本語x-mac-japanese 日本語 (Mac)Japanese (Mac)
1000210002 x-mac-chinesetradx-mac-chinesetrad 繁体字中国語 (Mac)Chinese Traditional (Mac)
1000310003 x-mac-koreanx-mac-korean 韓国語 (Mac)Korean (Mac)
1000410004 x-mac-arabicx-mac-arabic アラビア語 (Mac)Arabic (Mac)
1000510005 x-mac-hebrewx-mac-hebrew ヘブライ語 (Mac)Hebrew (Mac)
1000610006 x-mac-greekx-mac-greek Řečtina (Mac)Greek (Mac)
1000710007 x-mac-キリル語x-mac-cyrillic キリル語 (Mac)Cyrillic (Mac)
1000810008 x-mac-chinesesimpx-mac-chinesesimp 簡体字中国語 (Mac)Chinese Simplified (Mac)
1001010010 x-mac-ルーマニア語x-mac-romanian ルーマニア語 (Mac)Romanian (Mac)
1001710017 x-mac-ukrainianx-mac-ukrainian ウクライナ語 (Mac)Ukrainian (Mac)
1002110021 x-mac-thaix-mac-thai タイ語 (Mac)Thai (Mac)
1002910029 x-mac-cex-mac-ce 中央ヨーロッパ言語 (Mac)Central European (Mac)
1007910079 x-mac-アイスランド語x-mac-icelandic アイスランド語 (Mac)Icelandic (Mac)
1008110081 x-mac-turkishx-mac-turkish トルコ語 (Mac)Turkish (Mac)
1008210082 クロアチア語 mac xx-mac-croatian クロアチア語 (Mac)Croatian (Mac)
1200012000 utf-32utf-32 Unicode (utf-32)Unicode (UTF-32)
1200112001 utf-32beutf-32BE Unicode (utf-32 ビッグ エンディアン)Unicode (UTF-32 Big endian)
2000020000 x-中国語-CNx-Chinese-CNS 繁体字中国語 (CN)Chinese Traditional (CNS)
2000120001 x-cp20001x-cp20001 TcaTCA Taiwan
2000220002 x-中国語-Etenx-Chinese-Eten 繁体字中国語 (Eten)Chinese Traditional (Eten)
2000320003 x-cp20003x-cp20003 Ibm5550IBM5550 Taiwan
2000420004 x-cp20004x-cp20004 文字放送 (台湾)TeleText Taiwan
2000520005 x-cp20005x-cp20005 Wang 台湾Wang Taiwan
2010520105 x-IA5x-IA5 西ヨーロッパ言語 (IA5)Western European (IA5)
2010620106 x-IA5-ドイツ語x-IA5-German ドイツ語 (IA5)German (IA5)
2010720107 x-IA5-スウェーデン語x-IA5-Swedish スウェーデン語 (IA5)Swedish (IA5)
2010820108 ノルウェー語 IA5 xx-IA5-Norwegian ノルウェー語 (IA5)Norwegian (IA5)
2012720127 us-asciius-ascii US-ASCIIUS-ASCII
2026120261 x-cp20261x-cp20261 T.61T.61
2026920269 x-cp20269x-cp20269 ISO-6937ISO-6937
2027320273 IBM273IBM273 IBM EBCDIC (ドイツ)IBM EBCDIC (Germany)
2027720277 IBM277IBM277 IBM EBCDIC (デンマーク-ノルウェー)IBM EBCDIC (Denmark-Norway)
2027820278 IBM278IBM278 IBM EBCDIC (フィンランド-スウェーデン語)IBM EBCDIC (Finland-Sweden)
2028020280 IBM280IBM280 IBM EBCDIC (イタリア)IBM EBCDIC (Italy)
2028420284 IBM284IBM284 IBM EBCDIC (Španělsko)IBM EBCDIC (Spain)
2028520285 IBM285IBM285 IBM EBCDIC (UK)IBM EBCDIC (UK)
2029020290 IBM290IBM290 IBM EBCDIC (日本語のカタカナ)IBM EBCDIC (Japanese katakana)
2029720297 IBM297IBM297 IBM EBCDIC (フランス)IBM EBCDIC (France)
2042020420 IBM420IBM420 IBM EBCDIC (アラビア語)IBM EBCDIC (Arabic)
2042320423 IBM423IBM423 IBM EBCDIC (ギリシャ語)IBM EBCDIC (Greek)
2042420424 IBM424IBM424 IBM EBCDIC (ヘブライ語)IBM EBCDIC (Hebrew)
2083320833 x-EBCDIC-KoreanExtendedx-EBCDIC-KoreanExtended IBM EBCDIC (韓国語拡張)IBM EBCDIC (Korean Extended)
2083820838 IBM タイ語IBM-Thai IBM EBCDIC (タイ語)IBM EBCDIC (Thai)
2086620866 koi8-rkoi8-r キリル語 (KOI8 R)Cyrillic (KOI8-R)
2087120871 IBM871IBM871 IBM EBCDIC (アイスランド語)IBM EBCDIC (Icelandic)
2088020880 IBM880IBM880 IBM EBCDIC (キリル文字のロシア語)IBM EBCDIC (Cyrillic Russian)
2090520905 IBM905IBM905 IBM EBCDIC (トルコ語)IBM EBCDIC (Turkish)
2092420924 IBM00924IBM00924 IBM Latin 1IBM Latin-1
2093220932 EUC-JPEUC-JP 日本語 (JIS 0208 1990 と 0212 1990)Japanese (JIS 0208-1990 and 0212-1990)
2093620936 x-cp20936x-cp20936 簡体字中国語 (GB2312 80)Chinese Simplified (GB2312-80)
2094920949 x-cp20949x-cp20949 韓国語 WansungKorean Wansung
2102521025 cp1025cp1025 IBM EBCDIC (キリル言語セルビア-ブルガリア)IBM EBCDIC (Cyrillic Serbian-Bulgarian)
2186621866 koi8-ukoi8-u キリル語 (KOI8 U)Cyrillic (KOI8-U)
2859128591 iso 8859-1iso-8859-1 西ヨーロッパ言語 (ISO)Western European (ISO)
2859228592 iso 8859-2iso-8859-2 中央ヨーロッパ言語 (ISO)Central European (ISO)
2859328593 iso 8859-3iso-8859-3 ラテン 3 (ISO)Latin 3 (ISO)
2859428594 iso 8859-4iso-8859-4 バルト語 (ISO)Baltic (ISO)
2859528595 iso 8859-5iso-8859-5 キリル語 (ISO)Cyrillic (ISO)
2859628596 iso 8859-6iso-8859-6 アラビア語 (ISO)Arabic (ISO)
2859728597 iso 8859-7iso-8859-7 ギリシャ語 (ISO)Greek (ISO)
2859828598 iso 8859-8iso-8859-8 ヘブライ語 (Iso-visual)Hebrew (ISO-Visual)
2859928599 iso-8859-9iso-8859-9 トルコ語 (ISO)Turkish (ISO)
2860328603 iso 8859-13iso-8859-13 エストニア語 (ISO)Estonian (ISO)
2860528605 iso-8859-15iso-8859-15 ラテン 9 (ISO)Latin 9 (ISO)
2900129001 x Europax-Europa EuropaEuropa
3859838598 iso 8859-8 iiso-8859-8-i ヘブライ語 (Iso-logical)Hebrew (ISO-Logical)
5022050220 iso-2022-jpiso-2022-jp 日本語 (JIS)Japanese (JIS)
5022150221 csISO2022JPcsISO2022JP 日本語 (Jis 1 バイト カタカナ)Japanese (JIS-Allow 1 byte Kana)
5022250222 iso-2022-jpiso-2022-jp 日本語 (Jis 1 バイト カタカナ -、/SI)Japanese (JIS-Allow 1 byte Kana - SO/SI)
5022550225 iso-2022-韓国iso-2022-kr 韓国語 (ISO)Korean (ISO)
5022750227 x-cp50227x-cp50227 簡体字中国語 (iso-2022)Chinese Simplified (ISO-2022)
5193251932 -euc-jpeuc-jp 日本語 (EUC)Japanese (EUC)
5193651936 EUC CNEUC-CN 簡体字中国語 (EUC)Chinese Simplified (EUC)
5194951949 -euc-kreuc-kr 韓国語 (EUC)Korean (EUC)
5293652936 hz-gb-2312hz-gb-2312 簡体字中国語 (HZ)Chinese Simplified (HZ)
5493654936 GB18030GB18030 簡体字中国語 (GB18030)Chinese Simplified (GB18030)
5700257002 x-iscii-dex-iscii-de ISCII デバナガリ文字ISCII Devanagari
5700357003 iscii する xx-iscii-be ISCII ベンガル語ISCII Bengali
5700457004 x-iscii-tax-iscii-ta ISCII タミール語ISCII Tamil
5700557005 x-iscii-tex-iscii-te ISCII テルグ語ISCII Telugu
5700657006 x-iscii-としてx-iscii-as ISCII アッサム語ISCII Assamese
5700757007 x iscii またはx-iscii-or ISCII オリヤー語ISCII Oriya
5700857008 x-iscii-kax-iscii-ka ISCII カンナダ語ISCII Kannada
5700957009 x-iscii-max-iscii-ma ISCII マラヤーラム語ISCII Malayalam
5701057010 x-iscii-gux-iscii-gu ISCII グジャラート語ISCII Gujarati
5701157011 x-iscii-pax-iscii-pa ISCII パンジャーブ語ISCII Punjabi
6500065000 utf-7utf-7 Unicode (utf-7)Unicode (UTF-7)
6500165001 utf-8utf-8 Unicode (UTF-8)Unicode (UTF-8)

次の例では、GetEncoding(Int32)GetEncoding(String)ギリシャ語 (Windows) を取得するメソッドのコード ページ エンコーディングします。The following example calls the GetEncoding(Int32) and GetEncoding(String) methods to get the Greek (Windows) code page encoding. 比較、Encodingそれらが等しいか、およびマップが、Unicode コード ポイントと各文字に対応するコード ページ値をギリシャ語のアルファベットで表示し、メソッド呼び出しによって返されるオブジェクト。It compares the Encoding objects returned by the method calls to show that they are equal, and then maps displays the Unicode code point and the corresponding code page value for each character in the Greek alphabet.

using System;
using System.Text;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Encoding enc = Encoding.GetEncoding(1253);
      Encoding altEnc = Encoding.GetEncoding("windows-1253");
      Console.WriteLine("{0} = Code Page {1}: {2}", enc.EncodingName,
                        altEnc.CodePage, enc.Equals(altEnc));
      string greekAlphabet = "Α α Β β Γ γ Δ δ Ε ε Ζ ζ Η η " +
                             "Θ θ Ι ι Κ κ Λ λ Μ μ Ν ν Ξ ξ " +
                             "Ο ο Π π Ρ ρ Σ σ ς Τ τ Υ υ " +
                             "Φ φ Χ χ Ψ ψ Ω ω";
      Console.OutputEncoding = Encoding.UTF8;
      byte[] bytes = enc.GetBytes(greekAlphabet);
      Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", "Character",
                        "Unicode Code Point", "Code Page 1253");
      for (int ctr = 0; ctr < bytes.Length; ctr++) {
         if (greekAlphabet[ctr].Equals(' '))
            continue;

         Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", greekAlphabet[ctr],
                           GetCodePoint(greekAlphabet[ctr]), bytes[ctr]);
      }
   }

   private static string GetCodePoint(char ch)
   {
      string retVal = "u+";
      byte[] bytes = Encoding.Unicode.GetBytes(ch.ToString());
      for (int ctr = bytes.Length - 1; ctr >= 0; ctr--)
         retVal += bytes[ctr].ToString("X2");

      return retVal;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Character      Unicode Code Point       Code Page 1253
//       Α                          u+0391                   C1
//       α                          u+03B1                   E1
//       Β                          u+0392                   C2
//       β                          u+03B2                   E2
//       Γ                          u+0393                   C3
//       γ                          u+03B3                   E3
//       Δ                          u+0394                   C4
//       δ                          u+03B4                   E4
//       Ε                          u+0395                   C5
//       ε                          u+03B5                   E5
//       Ζ                          u+0396                   C6
//       ζ                          u+03B6                   E6
//       Η                          u+0397                   C7
//       η                          u+03B7                   E7
//       Θ                          u+0398                   C8
//       θ                          u+03B8                   E8
//       Ι                          u+0399                   C9
//       ι                          u+03B9                   E9
//       Κ                          u+039A                   CA
//       κ                          u+03BA                   EA
//       Λ                          u+039B                   CB
//       λ                          u+03BB                   EB
//       Μ                          u+039C                   CC
//       μ                          u+03BC                   EC
//       Ν                          u+039D                   CD
//       ν                          u+03BD                   ED
//       Ξ                          u+039E                   CE
//       ξ                          u+03BE                   EE
//       Ο                          u+039F                   CF
//       ο                          u+03BF                   EF
//       Π                          u+03A0                   D0
//       π                          u+03C0                   F0
//       Ρ                          u+03A1                   D1
//       ρ                          u+03C1                   F1
//       Σ                          u+03A3                   D3
//       σ                          u+03C3                   F3
//       ς                          u+03C2                   F2
//       Τ                          u+03A4                   D4
//       τ                          u+03C4                   F4
//       Υ                          u+03A5                   D5
//       υ                          u+03C5                   F5
//       Φ                          u+03A6                   D6
//       φ                          u+03C6                   F6
//       Χ                          u+03A7                   D7
//       χ                          u+03C7                   F7
//       Ψ                          u+03A8                   D8
//       ψ                          u+03C8                   F8
//       Ω                          u+03A9                   D9
//       ω                          u+03C9                   F9
Imports System.Text

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim enc As Encoding = Encoding.GetEncoding(1253)
      Dim altEnc As Encoding = Encoding.GetEncoding("windows-1253")
      Console.WriteLine("{0} = Code Page {1}: {2}", enc.EncodingName,
                        altEnc.CodePage, enc.Equals(altEnc))
      Dim greekAlphabet As String = "Α α Β β Γ γ Δ δ Ε ε Ζ ζ Η η " +
                                    "Θ θ Ι ι Κ κ Λ λ Μ μ Ν ν Ξ ξ " +
                                    "Ο ο Π π Ρ ρ Σ σ ς Τ τ Υ υ " +
                                    "Φ φ Χ χ Ψ ψ Ω ω"
      Console.OutputEncoding = Encoding.UTF8
      Dim bytes() As Byte = enc.GetBytes(greekAlphabet)
      Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", "Character",
                        "Unicode Code Point", "Code Page 1253")
      For ctr As Integer = 0 To bytes.Length - 1
         If greekAlphabet(ctr).Equals(" "c) Then Continue For

         Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", greekAlphabet(ctr),
                           GetCodePoint(greekAlphabet(ctr)), bytes(ctr))
      Next

   End Sub
   
   Private Function GetCodePoint(ch As String) As String
      Dim retVal As String = "u+"
      Dim bytes() As Byte = Encoding.Unicode.GetBytes(ch)
      For ctr As Integer = bytes.Length - 1 To 0 Step -1
         retVal += bytes(ctr).ToString("X2")
      Next
      Return retVal
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'    Character      Unicode Code Point       Code Page 1253
'    Α                          u+0391                   C1
'    α                          u+03B1                   E1
'    Β                          u+0392                   C2
'    β                          u+03B2                   E2
'    Γ                          u+0393                   C3
'    γ                          u+03B3                   E3
'    Δ                          u+0394                   C4
'    δ                          u+03B4                   E4
'    Ε                          u+0395                   C5
'    ε                          u+03B5                   E5
'    Ζ                          u+0396                   C6
'    ζ                          u+03B6                   E6
'    Η                          u+0397                   C7
'    η                          u+03B7                   E7
'    Θ                          u+0398                   C8
'    θ                          u+03B8                   E8
'    Ι                          u+0399                   C9
'    ι                          u+03B9                   E9
'    Κ                          u+039A                   CA
'    κ                          u+03BA                   EA
'    Λ                          u+039B                   CB
'    λ                          u+03BB                   EB
'    Μ                          u+039C                   CC
'    μ                          u+03BC                   EC
'    Ν                          u+039D                   CD
'    ν                          u+03BD                   ED
'    Ξ                          u+039E                   CE
'    ξ                          u+03BE                   EE
'    Ο                          u+039F                   CF
'    ο                          u+03BF                   EF
'    Π                          u+03A0                   D0
'    π                          u+03C0                   F0
'    Ρ                          u+03A1                   D1
'    ρ                          u+03C1                   F1
'    Σ                          u+03A3                   D3
'    σ                          u+03C3                   F3
'    ς                          u+03C2                   F2
'    Τ                          u+03A4                   D4
'    τ                          u+03C4                   F4
'    Υ                          u+03A5                   D5
'    υ                          u+03C5                   F5
'    Φ                          u+03A6                   D6
'    φ                          u+03C6                   F6
'    Χ                          u+03A7                   D7
'    χ                          u+03C7                   F7
'    Ψ                          u+03A8                   D8
'    ψ                          u+03C8                   F8
'    Ω                          u+03A9                   D9
'    ω                          u+03C9                   F9

変換されるデータがストリームから読み取られたデータ) などの連続したブロック内でのみ使用可能な場合、またはデータの量が非常に大きいので、小さなブロックに分割する必要がある、使用する必要があります、DecoderまたはEncoderによって提供される、 GetDecoderメソッドまたはGetEncoderメソッドでは、派生クラスのそれぞれに、します。If the data to be converted is available only in sequential blocks (such as data read from a stream) or if the amount of data is so large that it needs to be divided into smaller blocks, you should use the Decoder or the Encoder provided by the GetDecoder method or the GetEncoder method, respectively, of a derived class.

Utf-16、utf-32 エンコーダーは、ビッグ エンディアン バイト順を使用できます (最上位バイト最初) またはリトル エンディアン バイト順 (最下位バイト最初)。The UTF-16 and the UTF-32 encoders can use the big endian byte order (most significant byte first) or the little endian byte order (least significant byte first). たとえば、としてシリアル化されます (u+0041) Latin Capital Letter は (16 進数) で次に示します。For example, the Latin Capital Letter A (U+0041) is serialized as follows (in hexadecimal):

  • Utf-16 ビッグ エンディアン バイト順: 00 41UTF-16 big endian byte order: 00 41

  • Utf-16 リトル エンディアン バイト順: 41 00UTF-16 little endian byte order: 41 00

  • Utf-32 ビッグ エンディアン バイト順: 00 00 00 41UTF-32 big endian byte order: 00 00 00 41

  • Utf-32 リトル エンディアン バイト順: 41 00 00 00UTF-32 little endian byte order: 41 00 00 00

ネイティブのバイト順を使用して Unicode 文字を格納する方が効率的になります。It is generally more efficient to store Unicode characters using the native byte order. たとえば、intel ベースのコンピューターなど、リトル エンディアンのプラットフォームでリトル エンディアン バイト順を使用することをお勧めします。For example, it is better to use the little endian byte order on little endian platforms, such as Intel computers.

GetPreambleメソッドはバイト オーダー マーク (BOM) を含むバイト配列を取得します。The GetPreamble method retrieves an array of bytes that includes the byte order mark (BOM). このバイト配列は、エンコードされたストリームをプレフィックスとして、デコーダーが使用されるエンコード形式を識別するのに役立ちます。If this byte array is prefixed to an encoded stream, it helps the decoder to identify the encoding format used.

バイト オーダーとバイト順マークの詳細については、Unicode 標準を参照してください、 Unicode ホーム ページします。For more information on byte order and the byte order mark, see The Unicode Standard at the Unicode home page.

エンコーディング クラスは、エラーを許可することに注意してください。Note that the encoding classes allow errors to:

  • なしに変更を"?"文字。Silently change to a "?" character.

  • "Best fit"の文字を使用します。Use a "best fit" character.

  • 使用して、アプリケーション固有の動作を変更、EncoderFallbackDecoderFallbackUnicode U + FFFD 置換文字を持つクラス。Change to an application-specific behavior through use of the EncoderFallback and DecoderFallback classes with the U+FFFD Unicode replacement character.

データ ストリームのエラー発生時、例外をスローする必要があります。You should throw an exception on any data stream error. アプリが該当する場合は、"throwonerror"フラグを使用またはを使用して、EncoderExceptionFallbackDecoderExceptionFallbackクラス。An app either uses a "throwonerror" flag when applicable or uses the EncoderExceptionFallback and DecoderExceptionFallback classes. データの損失や混乱を引き起こす可能性が単純な文字の置き換えよりも低いために、最適フォールバックはあまりお勧めします。Best fit fallback is often not recommended because it can cause data loss or confusion and is slower than simple character replacements. ANSI エンコーディングでは、既定値は、最適動作します。For ANSI encodings, the best fit behavior is the default.

コンストラクター

Encoding() Encoding() Encoding() Encoding()

Encoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Encoding class.

Encoding(Int32) Encoding(Int32) Encoding(Int32) Encoding(Int32)

指定したコード ページに対応する Encoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Encoding class that corresponds to the specified code page.

Encoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback) Encoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback) Encoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback) Encoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback)

指定したコード ページに対応する Encoding クラスの新しいインスタンスを、指定したエンコーダーとデコーダーのフォールバック方法を使用して初期化します。 Initializes a new instance of the Encoding class that corresponds to the specified code page with the specified encoder and decoder fallback strategies.

プロパティ

ASCII ASCII ASCII ASCII

ASCII (7 ビット) 文字セットのエンコーディングを取得します。 Gets an encoding for the ASCII (7-bit) character set.

BigEndianUnicode BigEndianUnicode BigEndianUnicode BigEndianUnicode

ビッグ エンディアンのバイト順を使用する UTF-16 形式のエンコーディングを取得します。 Gets an encoding for the UTF-16 format that uses the big endian byte order.

BodyName BodyName BodyName BodyName

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール エージェントの Body タグと共に使用できる現在のエンコーディングの名前を取得します。 When overridden in a derived class, gets a name for the current encoding that can be used with mail agent body tags.

CodePage CodePage CodePage CodePage

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の Encoding のコード ページ ID を取得します。 When overridden in a derived class, gets the code page identifier of the current Encoding.

DecoderFallback DecoderFallback DecoderFallback DecoderFallback

現在の DecoderFallback オブジェクトの Encoding オブジェクトを取得または設定します。 Gets or sets the DecoderFallback object for the current Encoding object.

Default Default Default Default

この .NET 実装の既定のエンコードを取得します。 Gets the default encoding for this .NET implementation.

EncoderFallback EncoderFallback EncoderFallback EncoderFallback

現在の EncoderFallback オブジェクトの Encoding オブジェクトを取得または設定します。 Gets or sets the EncoderFallback object for the current Encoding object.

EncodingName EncodingName EncodingName EncodingName

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングについての記述を、ユーザーが判読できる形式で取得します。 When overridden in a derived class, gets the human-readable description of the current encoding.

HeaderName HeaderName HeaderName HeaderName

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール エージェント ヘッダー タグと共に使用できる現在のエンコーディングの名前を取得します。 When overridden in a derived class, gets a name for the current encoding that can be used with mail agent header tags.

IsBrowserDisplay IsBrowserDisplay IsBrowserDisplay IsBrowserDisplay

派生クラスでオーバーライドされた場合、ブラウザー クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを表示できるかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding can be used by browser clients for displaying content.

IsBrowserSave IsBrowserSave IsBrowserSave IsBrowserSave

派生クラスでオーバーライドされた場合、ブラウザー クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを保存できるかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding can be used by browser clients for saving content.

IsMailNewsDisplay IsMailNewsDisplay IsMailNewsDisplay IsMailNewsDisplay

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール クライアントおよびニュース クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを表示できるかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding can be used by mail and news clients for displaying content.

IsMailNewsSave IsMailNewsSave IsMailNewsSave IsMailNewsSave

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール クライアントおよびニュース クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを保存できるかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding can be used by mail and news clients for saving content.

IsReadOnly IsReadOnly IsReadOnly IsReadOnly

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding is read-only.

IsSingleByte IsSingleByte IsSingleByte IsSingleByte

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが 1 バイトのコード ポイントを使用するかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding uses single-byte code points.

Preamble Preamble Preamble Preamble
Unicode Unicode Unicode Unicode

リトル エンディアン バイト順を使用する UTF-16 形式のエンコーディングを取得します。 Gets an encoding for the UTF-16 format using the little endian byte order.

UTF32 UTF32 UTF32 UTF32

リトル エンディアン バイト順を使用する UTF-32 形式のエンコーディングを取得します。 Gets an encoding for the UTF-32 format using the little endian byte order.

UTF7 UTF7 UTF7 UTF7

UTF-7 形式のエンコーディングを取得します。 Gets an encoding for the UTF-7 format.

UTF8 UTF8 UTF8 UTF8

UTF-8 形式のエンコーディングを取得します。 Gets an encoding for the UTF-8 format.

WebName WebName WebName WebName

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングの IANA (Internet Assigned Numbers Authority) に登録されている名前を取得します。 When overridden in a derived class, gets the name registered with the Internet Assigned Numbers Authority (IANA) for the current encoding.

WindowsCodePage WindowsCodePage WindowsCodePage WindowsCodePage

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングに最も厳密に対応する Windows オペレーティング システムのコード ページを取得します。 When overridden in a derived class, gets the Windows operating system code page that most closely corresponds to the current encoding.

方法

Clone() Clone() Clone() Clone()

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の Encoding オブジェクトの簡易コピーを作成します。 When overridden in a derived class, creates a shallow copy of the current Encoding object.

Convert(Encoding, Encoding, Byte[]) Convert(Encoding, Encoding, Byte[]) Convert(Encoding, Encoding, Byte[]) Convert(Encoding, Encoding, Byte[])

バイト配列全体を、あるエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。 Converts an entire byte array from one encoding to another.

Convert(Encoding, Encoding, Byte[], Int32, Int32) Convert(Encoding, Encoding, Byte[], Int32, Int32) Convert(Encoding, Encoding, Byte[], Int32, Int32) Convert(Encoding, Encoding, Byte[], Int32, Int32)

バイト配列内のバイトの範囲を、あるエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。 Converts a range of bytes in a byte array from one encoding to another.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定した Object が、現在のインスタンスと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified Object is equal to the current instance.

GetByteCount(Char*, Int32) GetByteCount(Char*, Int32) GetByteCount(Char*, Int32) GetByteCount(Char*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターから始まる文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of bytes produced by encoding a set of characters starting at the specified character pointer.

GetByteCount(Char[]) GetByteCount(Char[]) GetByteCount(Char[]) GetByteCount(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of bytes produced by encoding all the characters in the specified character array.

GetByteCount(Char[], Int32, Int32) GetByteCount(Char[], Int32, Int32) GetByteCount(Char[], Int32, Int32) GetByteCount(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of bytes produced by encoding a set of characters from the specified character array.

GetByteCount(ReadOnlySpan<Char>) GetByteCount(ReadOnlySpan<Char>) GetByteCount(ReadOnlySpan<Char>) GetByteCount(ReadOnlySpan<Char>)
GetByteCount(String) GetByteCount(String) GetByteCount(String) GetByteCount(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれる文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of bytes produced by encoding the characters in the specified string.

GetByteCount(String, Int32, Int32) GetByteCount(String, Int32, Int32) GetByteCount(String, Int32, Int32) GetByteCount(String, Int32, Int32)
GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターで始まる文字のセットを、指定したバイト ポインターを開始位置として格納されるバイト シーケンスにエンコードします。 When overridden in a derived class, encodes a set of characters starting at the specified character pointer into a sequence of bytes that are stored starting at the specified byte pointer.

GetBytes(Char[]) GetBytes(Char[]) GetBytes(Char[]) GetBytes(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。 When overridden in a derived class, encodes all the characters in the specified character array into a sequence of bytes.

GetBytes(Char[], Int32, Int32) GetBytes(Char[], Int32, Int32) GetBytes(Char[], Int32, Int32) GetBytes(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをバイト シーケンスにエンコードします。 When overridden in a derived class, encodes a set of characters from the specified character array into a sequence of bytes.

GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32) GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32) GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32) GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。 When overridden in a derived class, encodes a set of characters from the specified character array into the specified byte array.

GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>) GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>) GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>) GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>)
GetBytes(String) GetBytes(String) GetBytes(String) GetBytes(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれるすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。 When overridden in a derived class, encodes all the characters in the specified string into a sequence of bytes.

GetBytes(String, Int32, Int32) GetBytes(String, Int32, Int32) GetBytes(String, Int32, Int32) GetBytes(String, Int32, Int32)
GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32) GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32) GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32) GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれる文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。 When overridden in a derived class, encodes a set of characters from the specified string into the specified byte array.

GetCharCount(Byte*, Int32) GetCharCount(Byte*, Int32) GetCharCount(Byte*, Int32) GetCharCount(Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト ポインターから始まるバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of characters produced by decoding a sequence of bytes starting at the specified byte pointer.

GetCharCount(Byte[]) GetCharCount(Byte[]) GetCharCount(Byte[]) GetCharCount(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトをデコードすることによって生成される文字数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of characters produced by decoding all the bytes in the specified byte array.

GetCharCount(Byte[], Int32, Int32) GetCharCount(Byte[], Int32, Int32) GetCharCount(Byte[], Int32, Int32) GetCharCount(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the number of characters produced by decoding a sequence of bytes from the specified byte array.

GetCharCount(ReadOnlySpan<Byte>) GetCharCount(ReadOnlySpan<Byte>) GetCharCount(ReadOnlySpan<Byte>) GetCharCount(ReadOnlySpan<Byte>)
GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32) GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32) GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32) GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト ポインターで始まるバイト シーケンスを、指定した文字ポインターを開始位置として格納される文字のセットにデコードします。 When overridden in a derived class, decodes a sequence of bytes starting at the specified byte pointer into a set of characters that are stored starting at the specified character pointer.

GetChars(Byte[]) GetChars(Byte[]) GetChars(Byte[]) GetChars(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトを文字のセットにデコードします。 When overridden in a derived class, decodes all the bytes in the specified byte array into a set of characters.

GetChars(Byte[], Int32, Int32) GetChars(Byte[], Int32, Int32) GetChars(Byte[], Int32, Int32) GetChars(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを文字のセットにデコードします。 When overridden in a derived class, decodes a sequence of bytes from the specified byte array into a set of characters.

GetChars(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32) GetChars(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32) GetChars(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32) GetChars(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを、指定した文字配列にデコードします。 When overridden in a derived class, decodes a sequence of bytes from the specified byte array into the specified character array.

GetChars(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Char>) GetChars(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Char>) GetChars(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Char>) GetChars(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Char>)
GetDecoder() GetDecoder() GetDecoder() GetDecoder()

派生クラスでオーバーライドされた場合、エンコード済みバイト シーケンスを文字シーケンスに変換するデコーダーを取得します。 When overridden in a derived class, obtains a decoder that converts an encoded sequence of bytes into a sequence of characters.

GetEncoder() GetEncoder() GetEncoder() GetEncoder()

派生クラスでオーバーライドされた場合、Unicode 文字のシーケンスをエンコード済みバイト シーケンスに変換するエンコーダーを取得します。 When overridden in a derived class, obtains an encoder that converts a sequence of Unicode characters into an encoded sequence of bytes.

GetEncoding(Int32) GetEncoding(Int32) GetEncoding(Int32) GetEncoding(Int32)

指定したコード ページ ID に関連付けられたエンコーディングを返します。 Returns the encoding associated with the specified code page identifier.

GetEncoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback) GetEncoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback) GetEncoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback) GetEncoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback)

指定したコード ページ ID に関連付けられたエンコーディングを返します。 Returns the encoding associated with the specified code page identifier. パラメーターには、エンコードできない文字とデコードできないバイト シーケンスのためのエラー ハンドラーを指定します。 Parameters specify an error handler for characters that cannot be encoded and byte sequences that cannot be decoded.

GetEncoding(String) GetEncoding(String) GetEncoding(String) GetEncoding(String)

指定したコード ページ名に関連付けられたエンコーディングを返します。 Returns the encoding associated with the specified code page name.

GetEncoding(String, EncoderFallback, DecoderFallback) GetEncoding(String, EncoderFallback, DecoderFallback) GetEncoding(String, EncoderFallback, DecoderFallback) GetEncoding(String, EncoderFallback, DecoderFallback)

指定したコード ページ名に関連付けられたエンコーディングを返します。 Returns the encoding associated with the specified code page name. パラメーターには、エンコードできない文字とデコードできないバイト シーケンスのためのエラー ハンドラーを指定します。 Parameters specify an error handler for characters that cannot be encoded and byte sequences that cannot be decoded.

GetEncodings() GetEncodings() GetEncodings() GetEncodings()

すべてのエンコーディングを格納した配列を返します。 Returns an array that contains all encodings.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

現在のインスタンスのハッシュ コードを返します。 Returns the hash code for the current instance.

GetMaxByteCount(Int32) GetMaxByteCount(Int32) GetMaxByteCount(Int32) GetMaxByteCount(Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字数をエンコードすることによって生成される最大バイト数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the maximum number of bytes produced by encoding the specified number of characters.

GetMaxCharCount(Int32) GetMaxCharCount(Int32) GetMaxCharCount(Int32) GetMaxCharCount(Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト数をデコードすることによって生成される最大文字数を計算します。 When overridden in a derived class, calculates the maximum number of characters produced by decoding the specified number of bytes.

GetPreamble() GetPreamble() GetPreamble() GetPreamble()

派生クラスでオーバーライドされた場合、使用するエンコーディングを指定するバイト シーケンスを返します。 When overridden in a derived class, returns a sequence of bytes that specifies the encoding used.

GetString(Byte*, Int32) GetString(Byte*, Int32) GetString(Byte*, Int32) GetString(Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したアドレスで始まる指定したバイト数を文字列にデコードします。 When overridden in a derived class, decodes a specified number of bytes starting at a specified address into a string.

GetString(Byte[]) GetString(Byte[]) GetString(Byte[]) GetString(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトを文字列にデコードします。 When overridden in a derived class, decodes all the bytes in the specified byte array into a string.

GetString(Byte[], Int32, Int32) GetString(Byte[], Int32, Int32) GetString(Byte[], Int32, Int32) GetString(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを文字列にデコードします。 When overridden in a derived class, decodes a sequence of bytes from the specified byte array into a string.

GetString(ReadOnlySpan<Byte>) GetString(ReadOnlySpan<Byte>) GetString(ReadOnlySpan<Byte>) GetString(ReadOnlySpan<Byte>)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
IsAlwaysNormalized() IsAlwaysNormalized() IsAlwaysNormalized() IsAlwaysNormalized()

現在のエンコーディングが、既定の正規形を使用して常に正規化されるかどうかを示す値。 Gets a value indicating whether the current encoding is always normalized, using the default normalization form.

IsAlwaysNormalized(NormalizationForm) IsAlwaysNormalized(NormalizationForm) IsAlwaysNormalized(NormalizationForm) IsAlwaysNormalized(NormalizationForm)

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが、指定した正規形を使用して常に正規化されるかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current encoding is always normalized, using the specified normalization form.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
RegisterProvider(EncodingProvider) RegisterProvider(EncodingProvider) RegisterProvider(EncodingProvider) RegisterProvider(EncodingProvider)

エンコーディング プロバイダーを登録します。 Registers an encoding provider.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください