Utf8JsonReader.TrySkip メソッド

定義

現在の JSON トークンの子のスキップを試行します。Tries to skip the children of the current JSON token.

public:
 bool TrySkip();
public bool TrySkip ();
member this.TrySkip : unit -> bool
Public Function TrySkip () As Boolean

戻り値

子を正常にスキップできるだけの十分なデータがあった場合は true。それ以外の場合は falsetrue if there was enough data for the children to be skipped successfully; otherwise, false.

例外

JSON RFC に基づき、スキップ中、無効な JSON トークンが検出されました。An invalid JSON token was encountered while skipping, according to the JSON RFC.

または-or -

現在の深度が、最大深度によって設定された再帰の限度を超えています。The current depth exceeds the recursive limit set by the maximum depth.

注釈

リーダーが、現在のトークンの子を完全にスキップするのに十分なデータを持っていなかった場合は、メソッドが呼び出される前の状態にリセットされます。If the reader did not have enough data to completely skip the children of the current token, it will be reset to the state it was in before the method was called.

TokenTypeJsonTokenType.PropertyName場合、リーダーは最初にプロパティ値に移動します。When TokenType is JsonTokenType.PropertyName, the reader first moves to the property value.

TokenType (もともと、または前進後) が JsonTokenType.StartObject または JsonTokenType.StartArrayの場合、リーダーは一致する JsonTokenType.EndObject または JsonTokenType.EndArrayに進みます。When TokenType (originally, or after advancing) is JsonTokenType.StartObject or JsonTokenType.StartArray, the reader advances to the matching JsonTokenType.EndObject or JsonTokenType.EndArray.

他のすべてのトークン型については、リーダーは移動しません。For all other token types, the reader does not move. 次に Read()を呼び出した後、リーダーは次の値 (配列の場合)、次のプロパティ名 (オブジェクトの場合)、または終了配列/オブジェクトトークンになります。After the next call to Read(), the reader will be at the next value (when in an array), the next property name (when in an object), or the end array/object token.

適用対象