System.Text.Json 名前空間

JavaScript Object Notation (JSON) を処理するための、高パフォーマンスで、割り当てが少なく、標準に準拠した機能が用意されています。これには、JSON テキストへのオブジェクトのシリアル化と JSON テキストのオブジェクトへの逆シリアル化が含まれ、UTF-8 のサポートが組み込まれています。 また、UTF-8 としてエンコードされた JSON テキストの読み取りと書き込みを行う型、および構造化されたデータのビュー内の JSON 要素にランダムにアクセスするためにインメモリ ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) を作成するための型も用意されています。

クラス

JsonDocument

データ値を自動的にインスタンス化せずに JSON 値の構造的な内容を調べるためのメカニズムを提供します。

JsonException

無効な JSON テキストが見つかったとき、定義された最大深度が渡されたとき、あるいはオブジェクトのプロパティの型と JSON テキストの間に互換性がないときにスローされるカスタムの例外オブジェクトを定義します。

JsonNamingPolicy

文字列ベースの名前を、キャメルケース形式などの別の形式に変換するために使用される、名前付けポリシーを決定します。

JsonSerializer

オブジェクトまたは値型を JSON にシリアル化したり、JSON をオブジェクトまたは値型に逆シリアル化したりする機能を提供します。

JsonSerializerOptions

JsonSerializer で使用されるオプションを提供します。

Utf8JsonWriter

UTF-8 でエンコードされた JSON テキストの前方参照、非キャッシュの書き込みのために、高パフォーマンスの API を提供します。

構造体

JsonDocumentOptions

JSON を解析して JsonDocument を作成するときにカスタム動作を定義する機能をユーザーに提供します。

JsonElement

JsonDocument 内の特定の JSON 値を表します。

JsonElement.ArrayEnumerator

JSON 配列のコンテンツの列挙子を表します。

JsonElement.ObjectEnumerator

JSON オブジェクトのプロパティの列挙子を表します。

JsonEncodedText

UTF-8 または UTF-16 でエンコードされたテキストを JSON に最適なフォームに変換するメソッドを提供します。

JsonProperty

JSON オブジェクトの単一のプロパティを表します。

JsonReaderOptions

JSON の読み取り時にカスタム動作を定義する機能をユーザーに提供します。

JsonReaderState

関連するすべての状態情報を保持および保存する不透明な型を定義します。これは、不完全なデータを処理した後で読み取りを続行する場合に、Utf8JsonReader に指定する必要があります。

JsonWriterOptions

Utf8JsonWriter を使用して JSON を書き込む際のカスタム動作をユーザーが定義することができます。

Utf8JsonReader

UTF-8 でエンコードされた JSON テキストに対する前方参照、読み取り専用のアクセスのための高パフォーマンスの API です。

列挙型

JsonCommentHandling

Utf8JsonReader 構造体によるコメントの処理方法を定義します。

JsonSerializerDefaults

JsonSerializerOptions インスタンスを構築するために使用できるシナリオベースの既定のシリアル化オプションを指定します。

JsonTokenType

JSON テキストを構成するさまざまな JSON トークンを定義します。

JsonValueKind

JSON 値のデータ型を指定します。

注釈

また、名前空間には、 System.Text.Json.Serialization 高度なシナリオのための属性と api、およびシリアル化と逆シリアル化に固有のカスタマイズが含まれています。

詳細については、「 概要」のSystem.Text.Jsを参照してください。