StringBuilder.Insert メソッド

定義

指定されたオブジェクトの文字列表記をこのインスタンスの指定された文字位置に挿入します。

オーバーロード

Insert(Int32, SByte)

指定した 8 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, String, Int32)

指定した文字列の 1 つ以上のコピーをこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, UInt64)

64 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, UInt32)

32 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, UInt16)

16 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, String)

文字列をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Char[], Int32, Int32)

Unicode 文字の指定した部分配列の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Single)

単精度浮動小数点数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, ReadOnlySpan<Char>)

文字のシーケンスをこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Double)

倍精度浮動小数点数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Int64)

64 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Int32)

指定した 32 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Int16)

指定した 16 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Decimal)

10 進数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Char[])

指定した Unicode 文字の配列の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Char)

指定した Unicode 文字の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Byte)

指定した 8 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Boolean)

Boolean 値の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insert(Int32, Object)

オブジェクトの文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

Insertメソッドの例を次に示します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
ref class Sample
{
private:

   //                           index: 012345
   static String^ initialValue = "--[]--";
   static StringBuilder^ sb;

public:
   static void Main()
   {
      String^ xyz = "xyz";
      array<Char>^abc = {'a','b','c'};
      Char star = '*';
      Object^ obj = 0;
      bool xBool = true;
      Byte xByte = 1;
      short xInt16 = 2;
      int xInt32 = 3;
      long xInt64 = 4;
      Decimal xDecimal = 5;
      float xSingle = 6.6F;
      double xDouble = 7.7;
      
      // The following types are not CLS-compliant.
      UInt16 xUInt16 = 8;
      UInt32 xUInt32 = 9;
      UInt64 xUInt64 = 10;
      SByte xSByte = -11;
      
      //
      Console::WriteLine( "StringBuilder.Insert method" );
      sb = gcnew StringBuilder( initialValue );
      sb->Insert( 3, xyz, 2 );
      Show( 1, sb );
      sb->Insert( 3, xyz );
      Show( 2, sb );
      sb->Insert( 3, star );
      Show( 3, sb );
      sb->Insert( 3, abc );
      Show( 4, sb );
      sb->Insert( 3, abc, 1, 2 );
      Show( 5, sb );
      sb->Insert( 3, xBool ); // True
      Show( 6, sb );
      sb->Insert( 3, obj ); // 0
      Show( 7, sb );
      sb->Insert( 3, xByte ); // 1
      Show( 8, sb );
      sb->Insert( 3, xInt16 ); // 2
      Show( 9, sb );
      sb->Insert( 3, xInt32 ); // 3
      Show( 10, sb );
      sb->Insert( 3, xInt64 ); // 4
      Show( 11, sb );
      sb->Insert( 3, xDecimal ); // 5
      Show( 12, sb );
      sb->Insert( 3, xSingle ); // 6.6
      Show( 13, sb );
      sb->Insert( 3, xDouble ); // 7.7
      Show( 14, sb );
      
      // The following Insert methods are not CLS-compliant.
      sb->Insert( 3, xUInt16 ); // 8
      Show( 15, sb );
      sb->Insert( 3, xUInt32 ); // 9
      Show( 16, sb );
      sb->Insert( 3, xUInt64 ); // 10
      Show( 17, sb );
      sb->Insert( 3, xSByte ); // -11
      Show( 18, sb );
      
      //
   }

   static void Show( int overloadNumber, StringBuilder^ sbs )
   {
      Console::WriteLine( "{0,2:G} = {1}", overloadNumber, sbs );
      sb = gcnew StringBuilder( initialValue );
   }

};

int main()
{
   Sample::Main();
}

/*
This example produces the following results:

StringBuilder.Insert method
 1 = --[xyzxyz]--
 2 = --[xyz]--
 3 = --[*]--
 4 = --[abc]--
 5 = --[bc]--
 6 = --[True]--
 7 = --[0]--
 8 = --[1]--
 9 = --[2]--
10 = --[3]--
11 = --[4]--
12 = --[5]--
13 = --[6.6]--
14 = --[7.7]--
15 = --[8]--
16 = --[9]--
17 = --[10]--
18 = --[-11]--

*/
using System;
using System.Text;

class Sample
{
//                         index: 012345
    static string initialValue = "--[]--";
    static StringBuilder sb;

    public static void Main()
    {
    string      xyz       = "xyz";
    char[]      abc       = {'a', 'b', 'c'};
    char        star      = '*';
    Object 	obj       = 0;

    bool        xBool     = true;
    byte        xByte     = 1;
    short       xInt16    = 2;
    int         xInt32    = 3;
    long        xInt64    = 4;
    Decimal     xDecimal  = 5;
    float       xSingle   = 6.6F;
    double      xDouble   = 7.7;

// The following types are not CLS-compliant.
    ushort      xUInt16   = 8;
    uint        xUInt32   = 9;
    ulong       xUInt64   = 10;
    sbyte       xSByte    = -11;
//
    Console.WriteLine("StringBuilder.Insert method");
    sb = new StringBuilder(initialValue);

    sb.Insert(3, xyz, 2);
    Show(1, sb);

    sb.Insert(3, xyz);
    Show(2, sb);

    sb.Insert(3, star);
    Show(3, sb);

    sb.Insert(3, abc);
    Show(4, sb);

    sb.Insert(3, abc, 1, 2);
    Show(5, sb);

    sb.Insert(3, xBool);     // True
    Show(6, sb);

    sb.Insert(3, obj);       // 0
    Show(7, sb);

    sb.Insert(3, xByte);     // 1
    Show(8, sb);

    sb.Insert(3, xInt16);    // 2
    Show(9, sb);

    sb.Insert(3, xInt32);    // 3
    Show(10, sb);

    sb.Insert(3, xInt64);    // 4
    Show(11, sb);

    sb.Insert(3, xDecimal);  // 5
    Show(12, sb);

    sb.Insert(3, xSingle);   // 6.6
    Show(13, sb);

    sb.Insert(3, xDouble);   // 7.7
    Show(14, sb);

// The following Insert methods are not CLS-compliant.
    sb.Insert(3, xUInt16);   // 8
    Show(15, sb);

    sb.Insert(3, xUInt32);   // 9
    Show(16, sb);

    sb.Insert(3, xUInt64);   // 10
    Show(17, sb);

    sb.Insert(3, xSByte);    // -11
    Show(18, sb);
//
    }

    public static void Show(int overloadNumber, StringBuilder sbs)
    {
    Console.WriteLine("{0,2:G} = {1}", overloadNumber, sbs.ToString());
    sb = new StringBuilder(initialValue);
    }
}
/*
This example produces the following results:

StringBuilder.Insert method
 1 = --[xyzxyz]--
 2 = --[xyz]--
 3 = --[*]--
 4 = --[abc]--
 5 = --[bc]--
 6 = --[True]--
 7 = --[0]--
 8 = --[1]--
 9 = --[2]--
10 = --[3]--
11 = --[4]--
12 = --[5]--
13 = --[6.6]--
14 = --[7.7]--
15 = --[8]--
16 = --[9]--
17 = --[10]--
18 = --[-11]--

*/
Imports System.Text

Class Sample
   '                                 index: 012345
   Private Shared initialValue As String = "--[]--"
   Private Shared sb As StringBuilder
   
   Public Shared Sub Main()
      Dim xyz As String = "xyz"
      Dim abc As Char() =  {"a"c, "b"c, "c"c}
      Dim star As Char = "*"c
      Dim obj As [Object] = 0
      
      Dim xBool As Boolean = True
      Dim xByte As Byte = 1
      Dim xInt16 As Short = 2
      Dim xInt32 As Integer = 3
      Dim xInt64 As Long = 4
      Dim xDecimal As [Decimal] = 5
      Dim xSingle As Single = 6.6F
      Dim xDouble As Double = 7.7
      
      ' The following types are not CLS-compliant.
      ' Dim xUInt16 As System.UInt16 = 8 
      ' Dim xUInt32 As System.UInt32 = 9
      ' Dim xUInt64 As System.UInt64 = 10 
      ' Dim xSByte As System.SByte = - 11
      '
      Console.WriteLine("StringBuilder.Insert method")
      sb = New StringBuilder(initialValue)
      
      sb.Insert(3, xyz, 2)
      Show(1, sb)
      
      sb.Insert(3, xyz)
      Show(2, sb)
      
      sb.Insert(3, star)
      Show(3, sb)
      
      sb.Insert(3, abc)
      Show(4, sb)
      
      sb.Insert(3, abc, 1, 2)
      Show(5, sb)
      
      sb.Insert(3, xBool)     ' True
      Show(6, sb)
      
      sb.Insert(3, obj)       ' 0
      Show(7, sb)
      
      sb.Insert(3, xByte)     ' 1
      Show(8, sb)
      
      sb.Insert(3, xInt16)    ' 2
      Show(9, sb)
      
      sb.Insert(3, xInt32)    ' 3
      Show(10, sb)
      
      sb.Insert(3, xInt64)    ' 4
      Show(11, sb)
      
      sb.Insert(3, xDecimal)  ' 5
      Show(12, sb)
      
      sb.Insert(3, xSingle)   ' 6.6
      Show(13, sb)
      
      sb.Insert(3, xDouble)   ' 7.7
      Show(14, sb)
      
      ' The following Insert methods are not CLS-compliant.
      ' sb.Insert(3, xUInt16) ' 8
      ' sb.Insert(3, xUInt32) ' 9
      ' sb.Insert(3, xUInt64) ' 10
      ' sb.Insert(3, xSByte)  ' -11

   End Sub
   
   Public Shared Sub Show(overloadNumber As Integer, sbs As StringBuilder)
      Console.WriteLine("{0,2:G} = {1}", overloadNumber, sbs.ToString())
      sb = New StringBuilder(initialValue)
   End Sub
End Class
'
'This example produces the following results:
'
'StringBuilder.Insert method
' 1 = --[xyzxyz]--
' 2 = --[xyz]--
' 3 = --[*]--
' 4 = --[abc]--
' 5 = --[bc]--
' 6 = --[True]--
' 7 = --[0]--
' 8 = --[1]--
' 9 = --[2]--
'10 = --[3]--
'11 = --[4]--
'12 = --[5]--
'13 = --[6.6]--
'14 = --[7.7]--
'

Insert(Int32, SByte)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

指定した 8 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::SByte value);
[System.CLSCompliant(false)]
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, sbyte value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.Insert : int * sbyte -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As SByte) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
SByte

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

属性

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

SByte.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 容量は必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, String, Int32)

指定した文字列の 1 つ以上のコピーをこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::String ^ value, int count);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, string value, int count);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, string? value, int count);
member this.Insert : int * string * int -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As String, count As Integer) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
String

挿入する文字列。

count
Int32

value を挿入する回数。

戻り値

StringBuilder

挿入が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの現在の長さを超えています。

  • または -

count が 0 未満です。

この StringBuilder オブジェクトの現在の長さに value の長さを count 倍した値を加算した結果が、MaxCapacity を超えています。

注釈

新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

StringBuilder valuenull で、がでは value なく null 長さが0であるか、また count はが0の場合、このオブジェクトは変更されません。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

64 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::UInt64 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, ulong value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.Insert : int * uint64 -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As ULong) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
UInt64

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

属性

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

UInt64.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

32 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::UInt32 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, uint value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.Insert : int * uint32 -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As UInteger) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
UInt32

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

属性

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

UInt32.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, UInt16)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

16 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::UInt16 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, ushort value);
[<System.CLSCompliant(false)>]
member this.Insert : int * uint16 -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As UShort) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
UInt16

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

属性

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

UInt16.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, String)

文字列をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::String ^ value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, string value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, string? value);
member this.Insert : int * string -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As String) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
String

挿入する文字列。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの現在の長さを超えています。

  • または -

この StringBuilder オブジェクトの現在の長さに value の長さを加算した結果が、MaxCapacity を超えています。

注釈

新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 容量は必要に応じて調整されます。

StringBuilderがの場合 value null 、またはがではなく value null 長さが0の場合、このインスタンスは変更されません。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Char[], Int32, Int32)

Unicode 文字の指定した部分配列の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, cli::array <char> ^ value, int startIndex, int charCount);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, char[] value, int startIndex, int charCount);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, char[]? value, int startIndex, int charCount);
member this.Insert : int * char[] * int * int -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Char(), startIndex As Integer, charCount As Integer) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Char[]

文字配列。

startIndex
Int32

value 内の開始インデックス。

charCount
Int32

挿入する文字数。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

valuenull で、startIndexcharCount が 0 ではありません。

indexstartIndex、または charCount が 0 未満です。

  • または -

index はこのインスタンスの長さを超えています。

  • または -

startIndexcharCount を加算した値が value 内の位置にありません。

  • または -

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

適用対象

Insert(Int32, Single)

単精度浮動小数点数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, float value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, float value);
member this.Insert : int * single -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Single) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Single

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Single.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, ReadOnlySpan<Char>)

文字のシーケンスをこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, ReadOnlySpan<char> value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, ReadOnlySpan<char> value);
member this.Insert : int * ReadOnlySpan<char> -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As ReadOnlySpan(Of Char)) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
ReadOnlySpan<Char>

挿入する文字スパン。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

注釈

既存の文字をシフトして、内の文字シーケンスを挿入するための領域を確保し value ます。 容量は必要に応じて調整されます。

適用対象

Insert(Int32, Double)

倍精度浮動小数点数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, double value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, double value);
member this.Insert : int * double -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Double) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Double

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Double.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、挿入によってオブジェクトの合計長が を超える場合、このメソッドの呼び出しで が ArgumentOutOfRangeException value 発生しました MaxCapacity 。 メソッドは、.NET Framework 4 から をスローします OutOfMemoryException

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Int64)

64 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, long value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, long value);
member this.Insert : int * int64 -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Long) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Int64

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Int64.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Int32)

指定した 32 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, int value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, int value);
member this.Insert : int * int -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Integer) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Int32

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Int32.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、挿入によってオブジェクトの合計長が を超える場合、このメソッドの呼び出しで が ArgumentOutOfRangeException value 発生しました MaxCapacity 。 メソッドは、.NET Framework 4 から をスローします OutOfMemoryException

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Int16)

指定した 16 ビット符号付き整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, short value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, short value);
member this.Insert : int * int16 -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Short) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Int16

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Int16.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、挿入によってオブジェクトの合計長が を超える場合、このメソッドの呼び出しで が ArgumentOutOfRangeException value 発生しました MaxCapacity 。 メソッドは、.NET Framework 4 から をスローします OutOfMemoryException

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Decimal)

10 進数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::Decimal value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, decimal value);
member this.Insert : int * decimal -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Decimal) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Decimal

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Decimal.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、挿入によってオブジェクトの合計長が を超える場合、このメソッドの呼び出しで が ArgumentOutOfRangeException value 発生しました MaxCapacity 。 メソッドは、.NET Framework 4 から をスローします OutOfMemoryException

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Char[])

指定した Unicode 文字の配列の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, cli::array <char> ^ value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, char[] value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, char[]? value);
member this.Insert : int * char[] -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Char()) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Char[]

挿入する文字配列。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

  • または -

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

valuenull 場合、 StringBuilder は変更されません。

適用対象

Insert(Int32, Char)

指定した Unicode 文字の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, char value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, char value);
member this.Insert : int * char -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Char) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Char

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

  • または -

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Char.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Byte)

指定した 8 ビット符号なし整数の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::Byte value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, byte value);
member this.Insert : int * byte -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Byte) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Byte

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Byte.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、挿入によってオブジェクトの合計長が を超える場合、このメソッドの呼び出しで が ArgumentOutOfRangeException value 発生しました MaxCapacity 。 メソッドは、.NET Framework 4 から をスローします OutOfMemoryException

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Boolean)

Boolean 値の文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, bool value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, bool value);
member this.Insert : int * bool -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Boolean) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Boolean

挿入する値。

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Boolean.ToString は、 の文字列形式を取得するために使用されます value 。 既存の文字がシフトされ、新しいテキスト用の部屋が作り出されます。 容量は必要に応じて調整されます。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、挿入によってオブジェクトの合計長が を超える場合、このメソッドの呼び出しで が ArgumentOutOfRangeException value 発生しました MaxCapacity 。 メソッドは、.NET Framework 4 から をスローします OutOfMemoryException

こちらもご覧ください

適用対象

Insert(Int32, Object)

オブジェクトの文字列形式をこのインスタンスの指定した文字位置に挿入します。

public:
 System::Text::StringBuilder ^ Insert(int index, System::Object ^ value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, object value);
public System.Text.StringBuilder Insert (int index, object? value);
member this.Insert : int * obj -> System.Text.StringBuilder
Public Function Insert (index As Integer, value As Object) As StringBuilder

パラメーター

index
Int32

このインスタンスにおける挿入の開始位置。

value
Object

挿入するオブジェクト、または null

戻り値

StringBuilder

挿入操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外

index が、0 未満か、またはこのインスタンスの長さを超えています。

このインスタンスの値を増やすと MaxCapacity を超えます。

注釈

Object.ToString は、の文字列表現を取得するために使用され value ます。 新しいテキスト用の領域を確保するために、既存の文字がシフトされます。 このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

がの場合 value null 、このインスタンスの値は変更されません。

注意 (呼び出し元)

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前のバージョンでは、 ArgumentOutOfRangeException 挿入に value よってオブジェクトの合計長が超過する場合、このメソッドの呼び出しによってがスローされました MaxCapacity 。 .NET Framework 4 以降では、メソッドはをスロー OutOfMemoryException します。

こちらもご覧ください

適用対象