Task.Run メソッド

定義

ThreadPool 上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業のタスクまたは Task<TResult> のハンドルを戻します。

オーバーロード

Run(Action)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task オブジェクトを戻します。

Run(Func<Task>)

スレッド プール上で実行する作業を指定してキューに配置し、function によって返されるタスクのプロキシを返します。

Run(Action, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task オブジェクトを戻します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

Run(Func<Task>, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する作業を指定してキューに配置し、function によって返されるタスクのプロキシを返します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

Run<TResult>(Func<TResult>, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task(TResult) オブジェクトを戻します。

Run<TResult>(Func<Task<TResult>>, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、function によって返される Task(TResult) のプロキシを返します。

Run<TResult>(Func<TResult>)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task<TResult> オブジェクトを戻します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

Run<TResult>(Func<Task<TResult>>)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、function によって返される Task(TResult) のプロキシを返します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

注釈

メソッドには、 Run 既定値を使用してタスクを簡単に開始できるようにする一連のオーバーロードが用意されています。 オーバーロードに代わる軽量の方法です StartNew

Run(Action)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task オブジェクトを戻します。

public:
 static System::Threading::Tasks::Task ^ Run(Action ^ action);
public static System.Threading.Tasks.Task Run (Action action);
static member Run : Action -> System.Threading.Tasks.Task
Public Shared Function Run (action As Action) As Task

パラメーター

action
Action

非同期的に実行する処理。

戻り値

Task

ThreadPool で実行するためにキューに配置された作業を表すタスク。

例外

action パラメーターは null でした。

次の例では、 ShowThreadInfo 現在のスレッドのを表示するメソッドを定義して Thread.ManagedThreadId います。 これはアプリケーションスレッドから直接呼び出され、 Action メソッドに渡されたデリゲートから呼び出され Run(Action) ます。

using System;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      ShowThreadInfo("Application");

      var t = Task.Run(() => ShowThreadInfo("Task") );
      t.Wait();
   }

   static void ShowThreadInfo(String s)
   {
      Console.WriteLine("{0} thread ID: {1}",
                        s, Thread.CurrentThread.ManagedThreadId);
   }
}
// The example displays the following output:
//       Application thread ID: 1
//       Task thread ID: 3
Imports System.Threading
Imports System.Threading.Tasks

Module Example
   Public Sub Main()
      ShowThreadInfo("Application")

      Dim t As Task = Task.Run(Sub() ShowThreadInfo("Task") )
      t.Wait()
   End Sub
   
   Private Sub ShowThreadInfo(s As String)
      Console.WriteLine("{0} Thread ID: {1}",
                        s, Thread.CurrentThread.ManagedThreadId)
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'    Application thread ID: 1
'    Task thread ID: 3

次の例は前の例と似ていますが、ラムダ式を使用して、タスクが実行するコードを定義している点が異なります。

using System;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Console.WriteLine("Application thread ID: {0}",
                        Thread.CurrentThread.ManagedThreadId);
      var t = Task.Run(() => {  Console.WriteLine("Task thread ID: {0}",
                                   Thread.CurrentThread.ManagedThreadId);
                             } );
      t.Wait();
   }
}
// The example displays the following output:
//       Application thread ID: 1
//       Task thread ID: 3
Imports System.Threading
Imports System.Threading.Tasks

Module Example
   Public Sub Main()
      Console.WriteLine("Application thread ID: {0}",
                        Thread.CurrentThread.ManagedThreadId)
      Dim t As Task = Task.Run(Sub()
                                  Console.WriteLine("Task thread ID: {0}",
                                                    Thread.CurrentThread.ManagedThreadId)
                               End Sub)
      t.Wait()
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'    Application thread ID: 1
'    Task thread ID: 3

この例は、非同期タスクがメインアプリケーションスレッドとは異なるスレッドで実行されることを示しています。

メソッドの呼び出しに Wait よって、タスクが完了し、アプリケーションが終了する前にその出力が表示されます。 それ以外の場合は、 Main タスクが終了する前にメソッドが完了する可能性があります。

次の例は、メソッドを示してい Run(Action) ます。 ディレクトリ名の配列を定義し、各ディレクトリ内のファイル名を取得するための別のタスクを開始します。 すべてのタスクは、ファイル名を1つのオブジェクトに書き込み ConcurrentBag<T> ます。 次に、メソッドを呼び出して、 WaitAll(Task[]) すべてのタスクが完了したことを確認した後、オブジェクトに書き込まれたファイル名の総数を表示し ConcurrentBag<T> ます。

using System;
using System.Collections.Concurrent;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var list = new ConcurrentBag<string>();
      string[] dirNames = { ".", ".." };
      List<Task> tasks = new List<Task>();
      foreach (var dirName in dirNames) {
         Task t = Task.Run( () => { foreach(var path in Directory.GetFiles(dirName)) 
                                       list.Add(path); }  );
         tasks.Add(t);
      }
      Task.WaitAll(tasks.ToArray());
      foreach (Task t in tasks)
         Console.WriteLine("Task {0} Status: {1}", t.Id, t.Status);
         
      Console.WriteLine("Number of files read: {0}", list.Count);
   }
}
// The example displays output like the following:
//       Task 1 Status: RanToCompletion
//       Task 2 Status: RanToCompletion
//       Number of files read: 23
Imports System.Collections.Concurrent
Imports System.Collections.Generic
Imports System.IO
Imports System.Threading.Tasks

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim list As New ConcurrentBag(Of String)()
      Dim dirNames() As String = { ".", ".." }
      Dim tasks As New List(Of Task)()
      For Each dirName In dirNames 
         Dim t As Task = Task.Run( Sub()
                                      For Each path In Directory.GetFiles(dirName) 
                                         list.Add(path)
                                      Next
                                   End Sub  )
         tasks.Add(t)
      Next
      Task.WaitAll(tasks.ToArray())
      For Each t In tasks
         Console.WriteLine("Task {0} Status: {1}", t.Id, t.Status)
      Next   
      Console.WriteLine("Number of files read: {0}", list.Count)
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'       Task 1 Status: RanToCompletion
'       Task 2 Status: RanToCompletion
'       Number of files read: 23

注釈

Runメソッドを使用すると、1回のメソッド呼び出しでタスクを作成および実行できます。これは、メソッドの代わりに、より簡単な方法です StartNew 。 次の既定値を使用してタスクを作成します。

タスク操作によってスローされる例外の処理の詳細については、「 例外処理」を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

Run(Func<Task>)

スレッド プール上で実行する作業を指定してキューに配置し、function によって返されるタスクのプロキシを返します。

public:
 static System::Threading::Tasks::Task ^ Run(Func<System::Threading::Tasks::Task ^> ^ function);
public static System.Threading.Tasks.Task Run (Func<System.Threading.Tasks.Task> function);
public static System.Threading.Tasks.Task Run (Func<System.Threading.Tasks.Task?> function);
static member Run : Func<System.Threading.Tasks.Task> -> System.Threading.Tasks.Task
Public Shared Function Run (function As Func(Of Task)) As Task

パラメーター

function
Func<Task>

非同期的に実行する処理。

戻り値

Task

function によって返されるタスクのプロキシを表すタスク。

例外

function パラメーターは null でした。

注釈

タスク操作によってスローされる例外の処理の詳細については、「 例外処理」を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

Run(Action, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task オブジェクトを戻します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

public:
 static System::Threading::Tasks::Task ^ Run(Action ^ action, System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public static System.Threading.Tasks.Task Run (Action action, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
static member Run : Action * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task
Public Shared Function Run (action As Action, cancellationToken As CancellationToken) As Task

パラメーター

action
Action

非同期的に実行する処理。

cancellationToken
CancellationToken

まだ開始されていない場合、処理を取り消すために使用できるキャンセル トークン。 Run(Action, CancellationToken) により cancellationTokenaction に渡されません。

戻り値

Task

スレッド プールで実行するためにキューに配置された作業を表すタスク。

例外

action パラメーターは null でした。

タスクが取り消されました。

cancellationToken に関連付けられた CancellationTokenSource が破棄されました。

次の例では、 Run(Action, CancellationToken) メソッドを呼び出して、C:\Windows\System32 ディレクトリ内のファイルを反復処理するタスクを作成します。 ラムダ式は、 メソッドを Parallel.ForEach 呼び出して、各ファイルに関する情報を オブジェクトに追加 List<T> します。 ループによって呼び出されるデタッチされた入れ子になった各タスクは、キャンセル トークンの状態を確認し、取り消しが要求された場合は Parallel.ForEach メソッドを呼び出 CancellationToken.ThrowIfCancellationRequested します。 メソッド CancellationToken.ThrowIfCancellationRequested は、呼び出 OperationCanceledException し元のスレッドが メソッドを呼び出す際にブロック catch で処理される例外をスロー Task.Wait します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static async Task Main()
   {
      var tokenSource = new CancellationTokenSource();
      var token = tokenSource.Token;
      var files = new List<Tuple<string, string, long, DateTime>>();

      var t = Task.Run( () => { string dir = "C:\\Windows\\System32\\";
                                object obj = new Object();
                                if (Directory.Exists(dir)) {
                                   Parallel.ForEach(Directory.GetFiles(dir),
                                   f => {
                                           if (token.IsCancellationRequested)
                                              token.ThrowIfCancellationRequested();
                                           var fi = new FileInfo(f);
                                           lock(obj) {
                                              files.Add(Tuple.Create(fi.Name, fi.DirectoryName, fi.Length, fi.LastWriteTimeUtc));          
                                           }
                                      });
                                 }
                              }
                        , token);
      await Task.Yield();
      tokenSource.Cancel();
      try {
         await t;
         Console.WriteLine("Retrieved information for {0} files.", files.Count);
      }
      catch (AggregateException e) {
         Console.WriteLine("Exception messages:");
         foreach (var ie in e.InnerExceptions)
            Console.WriteLine("   {0}: {1}", ie.GetType().Name, ie.Message);

         Console.WriteLine("\nTask status: {0}", t.Status);       
      }
      finally {
         tokenSource.Dispose();
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       Exception messages:
//          TaskCanceledException: A task was canceled.
//          TaskCanceledException: A task was canceled.
//          ...
//       
//       Task status: Canceled
Imports System.Collections.Generic
Imports System.IO
Imports System.Threading
Imports System.Threading.Tasks

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim tokenSource As New CancellationTokenSource()
      Dim token As CancellationToken = tokenSource.Token
      Dim files As New List(Of Tuple(Of String, String, Long, Date))()

      Dim t As Task = Task.Run( Sub()
                                   Dim dir As String = "C:\Windows\System32\"
                                   Dim obj As New Object()
                                   If Directory.Exists(dir)Then
                                      Parallel.ForEach(Directory.GetFiles(dir), 
                                         Sub(f)
                                            If token.IsCancellationRequested Then
                                               token.ThrowIfCancellationRequested()
                                            End If  
                                            Dim fi As New FileInfo(f)
                                            SyncLock(obj)
                                              files.Add(Tuple.Create(fi.Name, fi.DirectoryName, fi.Length, fi.LastWriteTimeUtc))          
                                            End SyncLock
                                         End Sub)
                                   End If
                                End Sub, token)
      tokenSource.Cancel()
      Try
         t.Wait() 
         Console.WriteLine("Retrieved information for {0} files.", files.Count)
      Catch e As AggregateException
         Console.WriteLine("Exception messages:")
         For Each ie As Exception In e.InnerExceptions
            Console.WriteLine("   {0}:{1}", ie.GetType().Name, ie.Message)
         Next
         Console.WriteLine()
         Console.WriteLine("Task status: {0}", t.Status)       
      Finally
         tokenSource.Dispose()
      End Try
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Exception messages:
'          TaskCanceledException: A task was canceled.
'       
'       Task status: Canceled

注釈

タスクが実行を開始する前にキャンセルが要求された場合、タスクは実行されません。 代わりに、状態に設定され、 Canceled 例外をスローし TaskCanceledException ます。

メソッドは、メソッドの Run(Action, CancellationToken) 代わりに、より簡単な方法です TaskFactory.StartNew(Action, CancellationToken) 。 次の既定値を持つタスクが作成されます。

タスク操作によってスローされる例外の処理については、「例外処理」を 参照してください

こちらもご覧ください

適用対象

Run(Func<Task>, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する作業を指定してキューに配置し、function によって返されるタスクのプロキシを返します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

public:
 static System::Threading::Tasks::Task ^ Run(Func<System::Threading::Tasks::Task ^> ^ function, System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public static System.Threading.Tasks.Task Run (Func<System.Threading.Tasks.Task> function, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
public static System.Threading.Tasks.Task Run (Func<System.Threading.Tasks.Task?> function, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
static member Run : Func<System.Threading.Tasks.Task> * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task
Public Shared Function Run (function As Func(Of Task), cancellationToken As CancellationToken) As Task

パラメーター

function
Func<Task>

非同期的に実行する処理。

cancellationToken
CancellationToken

まだ開始されていない場合、処理を取り消すために使用できるキャンセル トークン。 Run(Func<Task>, CancellationToken) により cancellationTokenaction に渡されません。

戻り値

Task

function によって返されるタスクのプロキシを表すタスク。

例外

function パラメーターは null でした。

タスクが取り消されました。

cancellationToken に関連付けられた CancellationTokenSource が破棄されました。

注釈

タスク操作によってスローされる例外の処理については、「例外処理」を 参照してください

こちらもご覧ください

適用対象

Run<TResult>(Func<TResult>, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task(TResult) オブジェクトを戻します。

public:
generic <typename TResult>
 static System::Threading::Tasks::Task<TResult> ^ Run(Func<TResult> ^ function, System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public static System.Threading.Tasks.Task<TResult> Run<TResult> (Func<TResult> function, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
static member Run : Func<'Result> * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<'Result>
Public Shared Function Run(Of TResult) (function As Func(Of TResult), cancellationToken As CancellationToken) As Task(Of TResult)

型パラメーター

TResult

タスクの結果の型。

パラメーター

function
Func<TResult>

非同期的に実行する処理。

cancellationToken
CancellationToken

まだ開始されていない場合、処理を取り消すために使用できるキャンセル トークン。 Run<TResult>(Func<TResult>, CancellationToken) により cancellationTokenaction に渡されません。

戻り値

Task<TResult>

Task(TResult) は、スレッド プールで実行するためにキューに配置された作業を表します。

例外

function パラメーターが null です。

タスクが取り消されました。

cancellationToken に関連付けられた CancellationTokenSource が破棄されました。

次の例では、カウンターが 200 万にインクリメントされるまでループする 20 のタスクを作成します。 最初の 10 タスクが 200 万に達すると、キャンセル トークンが取り消され、カウンターが 200 万に達していないタスクは取り消されます。 この例は、可能な出力を示しています。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var tasks = new List<Task<int>>();
      var source = new CancellationTokenSource();
      var token = source.Token;
      int completedIterations = 0;

      for (int n = 0; n <= 19; n++)
         tasks.Add(Task.Run( () => { int iterations = 0;
                                     for (int ctr = 1; ctr <= 2000000; ctr++) {
                                         token.ThrowIfCancellationRequested();
                                         iterations++;
                                     }
                                     Interlocked.Increment(ref completedIterations);
                                     if (completedIterations >= 10)
                                        source.Cancel();
                                     return iterations; }, token));

      Console.WriteLine("Waiting for the first 10 tasks to complete...\n");
      try  {
         Task.WaitAll(tasks.ToArray());
      }
      catch (AggregateException) {
         Console.WriteLine("Status of tasks:\n");
         Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14:N0}", "Task Id",
                           "Status", "Iterations");
         foreach (var t in tasks)
            Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14}",
                              t.Id, t.Status,
                              t.Status != TaskStatus.Canceled ? t.Result.ToString("N0") : "n/a");
      }
   }
}
// The example displays output like the following:
//    Waiting for the first 10 tasks to complete...
//    Status of tasks:
//
//       Task Id               Status     Iterations
//             1      RanToCompletion      2,000,000
//             2      RanToCompletion      2,000,000
//             3      RanToCompletion      2,000,000
//             4      RanToCompletion      2,000,000
//             5      RanToCompletion      2,000,000
//             6      RanToCompletion      2,000,000
//             7      RanToCompletion      2,000,000
//             8      RanToCompletion      2,000,000
//             9      RanToCompletion      2,000,000
//            10             Canceled            n/a
//            11             Canceled            n/a
//            12             Canceled            n/a
//            13             Canceled            n/a
//            14             Canceled            n/a
//            15             Canceled            n/a
//            16      RanToCompletion      2,000,000
//            17             Canceled            n/a
//            18             Canceled            n/a
//            19             Canceled            n/a
//            20             Canceled            n/a
Imports System.Collections.Generic
Imports System.Threading
Imports System.Threading.Tasks

Module Example

   Public Sub Main()
      Dim tasks As New List(Of Task(Of Integer))()
      Dim source As New CancellationTokenSource
      Dim token As CancellationToken = source.Token
      Dim completedIterations As Integer = 0
      
      For n As Integer = 0 To 19
         tasks.Add(Task.Run( Function()
                                Dim iterations As Integer= 0
                                For ctr As Long = 1 To 2000000
                                   token.ThrowIfCancellationRequested()
                                   iterations += 1
                                Next
                                Interlocked.Increment(completedIterations)
                                If completedIterations >= 10 Then source.Cancel()
                                Return iterations
                             End Function, token))
      Next

      Console.WriteLine("Waiting for the first 10 tasks to complete... ")
      Try
         Task.WaitAll(tasks.ToArray())
      Catch e As AggregateException
         Console.WriteLine("Status of tasks:")
         Console.WriteLine()
         Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14}", "Task Id",
                           "Status", "Iterations")
         For Each t In tasks
            Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14}",
                              t.Id, t.Status,
                              If(t.Status <> TaskStatus.Canceled,
                                 t.Result.ToString("N0"), "n/a"))
         Next
      End Try
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'    Waiting for the first 10 tasks to complete...
'    Status of tasks:
'
'       Task Id               Status     Iterations
'             1      RanToCompletion      2,000,000
'             2      RanToCompletion      2,000,000
'             3      RanToCompletion      2,000,000
'             4      RanToCompletion      2,000,000
'             5      RanToCompletion      2,000,000
'             6      RanToCompletion      2,000,000
'             7      RanToCompletion      2,000,000
'             8      RanToCompletion      2,000,000
'             9      RanToCompletion      2,000,000
'            10             Canceled            n/a
'            11             Canceled            n/a
'            12             Canceled            n/a
'            13             Canceled            n/a
'            14             Canceled            n/a
'            15             Canceled            n/a
'            16      RanToCompletion      2,000,000
'            17             Canceled            n/a
'            18             Canceled            n/a
'            19             Canceled            n/a
'            20             Canceled            n/a

この例では、 プロパティを使用して例外を調べる代わりに、すべてのタスクを反復処理して、正常に完了したタスクと取り消されたタスク InnerExceptions を特定します。 完了したユーザーの場合は、タスクによって返された値が表示されます。

取り消しは協調的なので、各タスクは取り消しに対応する方法を決定できます。 次の例は 1 つ目と似た例ですが、トークンが取り消された後、タスクは例外をスローするのではなく、完了したイテレーションの数を返す点を除いてです。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Threading;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var tasks = new List<Task<int>>();
      var source = new CancellationTokenSource();
      var token = source.Token;
      int completedIterations = 0;

      for (int n = 0; n <= 19; n++)
         tasks.Add(Task.Run( () => { int iterations = 0;
                                     for (int ctr = 1; ctr <= 2000000; ctr++) {
                                         if (token.IsCancellationRequested)
                                            return iterations;
                                         iterations++;
                                     }
                                     Interlocked.Increment(ref completedIterations);
                                     if (completedIterations >= 10)
                                        source.Cancel();
                                     return iterations; }, token));

      Console.WriteLine("Waiting for the first 10 tasks to complete...\n");
      try  {
         Task.WaitAll(tasks.ToArray());
      }
      catch (AggregateException) {
         Console.WriteLine("Status of tasks:\n");
         Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14:N0}", "Task Id",
                           "Status", "Iterations");
         foreach (var t in tasks)
            Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14}",
                              t.Id, t.Status,
                              t.Status != TaskStatus.Canceled ? t.Result.ToString("N0") : "n/a");
      }
   }
}
// The example displays output like the following:
//    Status of tasks:
//
//       Task Id               Status     Iterations
//             1      RanToCompletion      2,000,000
//             2      RanToCompletion      2,000,000
//             3      RanToCompletion      2,000,000
//             4      RanToCompletion      2,000,000
//             5      RanToCompletion      2,000,000
//             6      RanToCompletion      2,000,000
//             7      RanToCompletion      2,000,000
//             8      RanToCompletion      2,000,000
//             9      RanToCompletion      2,000,000
//            10      RanToCompletion      1,658,326
//            11      RanToCompletion      1,988,506
//            12      RanToCompletion      2,000,000
//            13      RanToCompletion      1,942,246
//            14      RanToCompletion        950,108
//            15      RanToCompletion      1,837,832
//            16      RanToCompletion      1,687,182
//            17      RanToCompletion        194,548
//            18             Canceled    Not Started
//            19             Canceled    Not Started
//            20             Canceled    Not Started
Imports System.Collections.Generic
Imports System.Threading
Imports System.Threading.Tasks

Module Example

   Public Sub Main()
      Dim tasks As New List(Of Task(Of Integer))()
      Dim source As New CancellationTokenSource
      Dim token As CancellationToken = source.Token
      Dim completedIterations As Integer = 0
      
      For n As Integer = 0 To 19
         tasks.Add(Task.Run( Function()
                                Dim iterations As Integer= 0
                                For ctr As Long = 1 To 2000000
                                   If token.IsCancellationRequested Then
                                      Return iterations
                                   End If
                                   iterations += 1
                                Next
                                Interlocked.Increment(completedIterations)
                                If completedIterations >= 10 Then source.Cancel()
                                Return iterations
                             End Function, token))
      Next

      Try
         Task.WaitAll(tasks.ToArray())
      Catch e As AggregateException
         Console.WriteLine("Status of tasks:")
         Console.WriteLine()
         Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14:N0}", "Task Id",
                           "Status", "Iterations")
         For Each t In tasks
            Console.WriteLine("{0,10} {1,20} {2,14}",
                              t.Id, t.Status,
                              If(t.Status <> TaskStatus.Canceled,
                                 t.Result.ToString("N0"), "Not Started"))
         Next
      End Try
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'    Status of tasks:
'
'       Task Id               Status     Iterations
'             1      RanToCompletion      2,000,000
'             2      RanToCompletion      2,000,000
'             3      RanToCompletion      2,000,000
'             4      RanToCompletion      2,000,000
'             5      RanToCompletion      2,000,000
'             6      RanToCompletion      2,000,000
'             7      RanToCompletion      2,000,000
'             8      RanToCompletion      2,000,000
'             9      RanToCompletion      2,000,000
'            10      RanToCompletion      1,658,326
'            11      RanToCompletion      1,988,506
'            12      RanToCompletion      2,000,000
'            13      RanToCompletion      1,942,246
'            14      RanToCompletion        950,108
'            15      RanToCompletion      1,837,832
'            16      RanToCompletion      1,687,182
'            17      RanToCompletion        194,548
'            18             Canceled    Not Started
'            19             Canceled    Not Started
'            20             Canceled    Not Started

取り消し要求時に開始されていないタスクが例外をスローする場合でも、この例では例外を処理 AggregateException する必要があります。

注釈

タスクが実行を開始する前に取り消しが要求された場合、タスクは実行されません。 代わりに、状態に設定 Canceled され、例外がスロー TaskCanceledException されます。

メソッド Run は、 メソッドのより簡単な代替 StartNew 手段です。 次の既定値を持つタスクが作成されます。

タスク操作によってスローされる例外の処理については、「例外処理」を 参照してください

こちらもご覧ください

適用対象

Run<TResult>(Func<Task<TResult>>, CancellationToken)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、function によって返される Task(TResult) のプロキシを返します。

public:
generic <typename TResult>
 static System::Threading::Tasks::Task<TResult> ^ Run(Func<System::Threading::Tasks::Task<TResult> ^> ^ function, System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public static System.Threading.Tasks.Task<TResult> Run<TResult> (Func<System.Threading.Tasks.Task<TResult>> function, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
public static System.Threading.Tasks.Task<TResult> Run<TResult> (Func<System.Threading.Tasks.Task<TResult>?> function, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
static member Run : Func<System.Threading.Tasks.Task<'Result>> * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task<'Result>
Public Shared Function Run(Of TResult) (function As Func(Of Task(Of TResult)), cancellationToken As CancellationToken) As Task(Of TResult)

型パラメーター

TResult

プロキシ タスクによって返される結果の型。

パラメーター

function
Func<Task<TResult>>

非同期的に実行する処理。

cancellationToken
CancellationToken

まだ開始されていない場合、処理を取り消すために使用できるキャンセル トークン。 Run<TResult>(Func<Task<TResult>>, CancellationToken) により cancellationTokenaction に渡されません。

戻り値

Task<TResult>

Task(TResult) によって返される Task(TResult) のプロキシを表す function

例外

function パラメーターは null でした。

タスクが取り消されました。

cancellationToken に関連付けられた CancellationTokenSource が破棄されました。

注釈

タスク操作によってスローされる例外の処理については、「例外処理」を 参照してください

こちらもご覧ください

適用対象

Run<TResult>(Func<TResult>)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、その作業を表す Task<TResult> オブジェクトを戻します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

public:
generic <typename TResult>
 static System::Threading::Tasks::Task<TResult> ^ Run(Func<TResult> ^ function);
public static System.Threading.Tasks.Task<TResult> Run<TResult> (Func<TResult> function);
static member Run : Func<'Result> -> System.Threading.Tasks.Task<'Result>
Public Shared Function Run(Of TResult) (function As Func(Of TResult)) As Task(Of TResult)

型パラメーター

TResult

タスクの戻り値の型。

パラメーター

function
Func<TResult>

非同期的に実行する処理。

戻り値

Task<TResult>

スレッド プールで実行するためキューに配置された処理を表すタスク オブジェクト。

例外

function パラメーターが null です。

次の例では、発行された書籍を表すテキスト ファイル内の単語の概数をカウントします。 各タスクは、ファイルを開き、その内容全体を非同期的に読み取り、正規表現を使用して単語数を計算する処理を担当します。 メソッドが呼び出され、各書籍の単語数をコンソールに表示する前に、すべてのタスクが完了 WaitAll(Task[]) している必要があります。

using System;
using System.IO;
using System.Text.RegularExpressions;
using System.Threading.Tasks;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string pattern = @"\p{P}*\s+";
      string[] titles = { "Sister Carrie", "The Financier" };
      Task<int>[] tasks = new Task<int>[titles.Length];

      for (int ctr = 0; ctr < titles.Length; ctr++) {
         string s = titles[ctr];
         tasks[ctr] = Task.Run( () => {
                                   // Number of words.
                                   int nWords = 0;
                                   // Create filename from title.
                                   string fn = s + ".txt";
                                   if (File.Exists(fn)) {
                                      StreamReader sr = new StreamReader(fn);
                                      string input = sr.ReadToEndAsync().Result;
                                      nWords = Regex.Matches(input, pattern).Count;
                                   }
                                   return nWords;
                                } );
      }
      Task.WaitAll(tasks);

      Console.WriteLine("Word Counts:\n");
      for (int ctr = 0; ctr < titles.Length; ctr++)
         Console.WriteLine("{0}: {1,10:N0} words", titles[ctr], tasks[ctr].Result);
   }
}
// The example displays the following output:
//       Sister Carrie:    159,374 words
//       The Financier:    196,362 words
Imports System.IO
Imports System.Text.RegularExpressions
Imports System.Threading.Tasks

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim pattern As String = "\p{P}*\s+"
      Dim titles() As String = { "Sister Carrie",
                                 "The Financier" }
      Dim tasks(titles.Length - 1) As Task(Of Integer)

      For ctr As Integer = 0 To titles.Length - 1
         Dim s As String = titles(ctr)
         tasks(ctr) = Task.Run( Function()
                                   ' Number of words.
                                   Dim nWords As Integer = 0
                                   ' Create filename from title.
                                   Dim fn As String = s + ".txt"
                                   If File.Exists(fn) Then
                                      Dim sr As New StreamReader(fn)
                                      Dim input As String = sr.ReadToEndAsync().Result
                                      nWords = Regex.Matches(input, pattern).Count
                                   End If
                                   Return nWords
                                End Function)
      Next
      Task.WaitAll(tasks)

      Console.WriteLine("Word Counts:")
      Console.WriteLine()
      For ctr As Integer = 0 To titles.Length - 1
         Console.WriteLine("{0}: {1,10:N0} words", titles(ctr), tasks(ctr).Result)
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Sister Carrie:    159,374 words
'       The Financier:    196,362 words

正規表現は、0 文字、1 文字、または複数の区切り文字の後に 1 つ以上の空白文字 \p{P}*\s+ が続く文字と一致します。 一致の総数が、おおよその単語数と等しいと見なされます。

注釈

メソッド Run は、 メソッドのより簡単な代替 TaskFactory.StartNew(Action) 手段です。 次の既定値を持つタスクが作成されます。

タスク操作によってスローされる例外の処理については、「例外処理」を 参照してください

こちらもご覧ください

適用対象

Run<TResult>(Func<Task<TResult>>)

スレッド プール上で実行する指定された作業をキューに配置し、function によって返される Task(TResult) のプロキシを返します。 まだ開始されていない場合、キャンセル トークンで処理をキャンセルできます。

public:
generic <typename TResult>
 static System::Threading::Tasks::Task<TResult> ^ Run(Func<System::Threading::Tasks::Task<TResult> ^> ^ function);
public static System.Threading.Tasks.Task<TResult> Run<TResult> (Func<System.Threading.Tasks.Task<TResult>> function);
public static System.Threading.Tasks.Task<TResult> Run<TResult> (Func<System.Threading.Tasks.Task<TResult>?> function);
static member Run : Func<System.Threading.Tasks.Task<'Result>> -> System.Threading.Tasks.Task<'Result>
Public Shared Function Run(Of TResult) (function As Func(Of Task(Of TResult))) As Task(Of TResult)

型パラメーター

TResult

プロキシ タスクによって返される結果の型。

パラメーター

function
Func<Task<TResult>>

非同期的に実行する処理。

戻り値

Task<TResult>

Task(TResult) によって返される Task(TResult) のプロキシを表す function

例外

function パラメーターは null でした。

注釈

タスク操作によってスローされる例外の処理については、「例外処理」を 参照してください

こちらもご覧ください

適用対象