Thread.VolatileWrite メソッド

定義

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

オーバーロード

VolatileWrite(UIntPtr, UIntPtr)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(UInt64, UInt64)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(UInt32, UInt32)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(UInt16, UInt16)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Single, Single)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(SByte, SByte)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Object, Object)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(IntPtr, IntPtr)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Int16, Int16)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Int32, Int32)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Double, Double)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Byte, Byte)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(Int64, Int64)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

VolatileWrite(UIntPtr, UIntPtr)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(UIntPtr % address, UIntPtr value);
public static void VolatileWrite (ref UIntPtr address, UIntPtr value);
[System.CLSCompliant(false)]
public static void VolatileWrite (ref UIntPtr address, UIntPtr value);
static member VolatileWrite : unativeint * unativeint -> unit
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member VolatileWrite : unativeint * unativeint -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As UIntPtr, value As UIntPtr)

パラメーター

address
UIntPtr

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
UIntPtr

書き込む値。The value to be written.

属性

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(UInt64, UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(System::UInt64 % address, System::UInt64 value);
public static void VolatileWrite (ref ulong address, ulong value);
[System.CLSCompliant(false)]
public static void VolatileWrite (ref ulong address, ulong value);
static member VolatileWrite : uint64 * uint64 -> unit
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member VolatileWrite : uint64 * uint64 -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As ULong, value As ULong)

パラメーター

address
UInt64

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
UInt64

書き込む値。The value to be written.

属性

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(UInt32, UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(System::UInt32 % address, System::UInt32 value);
public static void VolatileWrite (ref uint address, uint value);
[System.CLSCompliant(false)]
public static void VolatileWrite (ref uint address, uint value);
static member VolatileWrite : uint32 * uint32 -> unit
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member VolatileWrite : uint32 * uint32 -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As UInteger, value As UInteger)

パラメーター

address
UInt32

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
UInt32

書き込む値。The value to be written.

属性

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(UInt16, UInt16)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(System::UInt16 % address, System::UInt16 value);
public static void VolatileWrite (ref ushort address, ushort value);
[System.CLSCompliant(false)]
public static void VolatileWrite (ref ushort address, ushort value);
static member VolatileWrite : uint16 * uint16 -> unit
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member VolatileWrite : uint16 * uint16 -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As UShort, value As UShort)

パラメーター

address
UInt16

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
UInt16

書き込む値。The value to be written.

属性

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Single, Single)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(float % address, float value);
public static void VolatileWrite (ref float address, float value);
static member VolatileWrite : single * single -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Single, value As Single)

パラメーター

address
Single

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Single

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(SByte, SByte)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(System::SByte % address, System::SByte value);
public static void VolatileWrite (ref sbyte address, sbyte value);
[System.CLSCompliant(false)]
public static void VolatileWrite (ref sbyte address, sbyte value);
static member VolatileWrite : sbyte * sbyte -> unit
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member VolatileWrite : sbyte * sbyte -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As SByte, value As SByte)

パラメーター

address
SByte

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
SByte

書き込む値。The value to be written.

属性

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Object, Object)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(System::Object ^ % address, System::Object ^ value);
public static void VolatileWrite (ref object address, object value);
static member VolatileWrite : obj * obj -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Object, value As Object)

パラメーター

address
Object

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Object

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(IntPtr, IntPtr)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(IntPtr % address, IntPtr value);
public static void VolatileWrite (ref IntPtr address, IntPtr value);
static member VolatileWrite : nativeint * nativeint -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As IntPtr, value As IntPtr)

パラメーター

address
IntPtr

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
IntPtr

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Int16, Int16)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(short % address, short value);
public static void VolatileWrite (ref short address, short value);
static member VolatileWrite : int16 * int16 -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Short, value As Short)

パラメーター

address
Int16

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Int16

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Int32, Int32)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(int % address, int value);
public static void VolatileWrite (ref int address, int value);
static member VolatileWrite : int * int -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Integer, value As Integer)

パラメーター

address
Int32

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Int32

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Double, Double)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(double % address, double value);
public static void VolatileWrite (ref double address, double value);
static member VolatileWrite : double * double -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Double, value As Double)

パラメーター

address
Double

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Double

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Byte, Byte)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(System::Byte % address, System::Byte value);
public static void VolatileWrite (ref byte address, byte value);
static member VolatileWrite : byte * byte -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Byte, value As Byte)

パラメーター

address
Byte

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Byte

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象

VolatileWrite(Int64, Int64)

値をフィールドにすぐに書き込みます。値はコンピューター内のすべてのプロセッサに対して可視になります。Writes a value to a field immediately, so that the value is visible to all processors in the computer.

public:
 static void VolatileWrite(long % address, long value);
public static void VolatileWrite (ref long address, long value);
static member VolatileWrite : int64 * int64 -> unit
Public Shared Sub VolatileWrite (ByRef address As Long, value As Long)

パラメーター

address
Int64

値を書き込むフィールド。The field to which the value is to be written.

value
Int64

書き込む値。The value to be written.

注釈

VolatileReadVolatileWrite は、特殊な同期を行う場合に使用します。VolatileRead and VolatileWrite are for special cases of synchronization. 通常の状況では、C# lock ステートメント、Visual Basic SyncLock ステートメント、およびクラスを使用すると、 Monitor 簡単に代替できます。Under normal circumstances, the C# lock statement, the Visual Basic SyncLock statement, and the Monitor class provide easier alternatives.

マルチプロセッサシステムで VolatileWrite は、メモリ位置に書き込まれた値がすべてのプロセッサに直ちに表示されることを保証します。On a multiprocessor system, VolatileWrite ensures that a value written to a memory location is immediately visible to all processors. これには、プロセッサキャッシュのフラッシュが必要になる場合があります。This might require flushing processor caches.

ユニプロセッサシステムであっても、 VolatileRead VolatileWrite 値が読み取られ、メモリに書き込まれ、キャッシュされないことを確認します (たとえば、プロセッサレジスタなど)。Even on a uniprocessor system, VolatileRead and VolatileWrite ensure that a value is read or written to memory, and not cached (for example, in a processor register). そのため、別のスレッドまたはハードウェアによって更新できるフィールドへのアクセスを同期するために使用できます。Thus, you can use them to synchronize access to a field that can be updated by another thread, or by hardware.

このメソッドを呼び出すと、1つのメモリアクセスだけに影響します。Calling this method affects only a single memory access. フィールドへの有効な同期を提供するには、フィールドへのすべてのアクセスでまたはを使用する必要があり VolatileRead VolatileWrite ます。To provide effective synchronization for a field, all access to the field must use VolatileRead or VolatileWrite.

注意

C# では、フィールドに対して修飾子を使用すると、 volatile そのフィールドへのすべてのアクセスがまたはを使用することが保証され VolatileRead VolatileWrite ます。In C#, using the volatile modifier on a field guarantees that all access to that field uses VolatileRead or VolatileWrite.

適用対象