Timer コンストラクター

定義

Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

Timer(TimerCallback)

状態オブジェクトとして新しく作成した Timer を使用して、無制限の期間および無制限の期限を指定して Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Timer(TimerCallback, Object, Int32, Int32)

時間間隔を指定するために 32 ビット符号付き整数を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Timer(TimerCallback, Object, Int64, Int64)

時間間隔を計るために 64 ビット符号付き整数を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Timer(TimerCallback, Object, TimeSpan, TimeSpan)

時間間隔を計るために TimeSpan 値を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Timer(TimerCallback, Object, UInt32, UInt32)

時間間隔を計るために 32 ビット符号なし整数を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Timer(TimerCallback)

状態オブジェクトとして新しく作成した Timer を使用して、無制限の期間および無制限の期限を指定して Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 Timer(System::Threading::TimerCallback ^ callback);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback);
new System.Threading.Timer : System.Threading.TimerCallback -> System.Threading.Timer
Public Sub New (callback As TimerCallback)

パラメーター

callback
TimerCallback

実行するメソッドを表す TimerCallback デリゲート。

次のコード例では、タイマー自体を状態オブジェクトとして使用して、新しいタイマーを作成します。 この Change メソッドは、タイマーを開始するために使用されます。 タイマー コールバックが発生すると、状態オブジェクトを使用してタイマーがオフになります。

using System;
using System.Threading;

public class Example
{
    public static void Main()
    {
        // Create an instance of the Example class, and start two
        // timers.
        Example ex = new Example();
        ex.StartTimer(2000);
        ex.StartTimer(1000);

        Console.WriteLine("Press Enter to end the program.");
        Console.ReadLine();
    }

    public void StartTimer(int dueTime)
    {
        Timer t = new Timer(new TimerCallback(TimerProc));
        t.Change(dueTime, 0);
    }

    private void TimerProc(object state)
    {
        // The state object is the Timer object.
        Timer t = (Timer) state;
        t.Dispose();
        Console.WriteLine("The timer callback executes.");
    }
}
Imports System.Threading

Public Class Example
    Public Shared Sub Main()
        ' Create an instance of the Example class, and start two
        ' timers.
        Dim ex As New Example()
        ex.StartTimer(2000)
        ex.StartTimer(1000)

        Console.WriteLine("Press Enter to end the program.")
        Console.ReadLine()
    End Sub

    Public Sub StartTimer(ByVal dueTime As Integer)
        Dim t As New Timer(AddressOf TimerProc)
        t.Change(dueTime, 0)
    End Sub

    Private Sub TimerProc(ByVal state As Object)
        ' The state object is the Timer object.
        Dim t As Timer = CType(state, Timer)
        t.Dispose()
        Console.WriteLine("The timer callback executes.")
    End Sub
End Class

注釈

オブジェクト自体を状態オブジェクトとして使用する場合は、 Timer このコンストラクターを呼び出します。 タイマーを作成した後、メソッドを Change 使用して間隔と期限を設定します。

このコンストラクターは、オブジェクトが状態オブジェクトに割り当てられる前に最初のコールバックが発生するのを防ぐために、最初のコールバックの前に Timer 無限の期限を指定し、コールバック間の無限間隔を指定します。

指定された callback メソッドはスレッドで ThreadPool 呼び出されるため、再入可能にする必要があります。 タイマー間隔がメソッドの実行に必要な時間より短い場合、またはすべてのスレッド プール スレッドが使用中で、メソッドが複数回キューに入れられている場合は、2 つのスレッド プール スレッドでメソッドを同時に実行できます。

適用対象

Timer(TimerCallback, Object, Int32, Int32)

時間間隔を指定するために 32 ビット符号付き整数を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 Timer(System::Threading::TimerCallback ^ callback, System::Object ^ state, int dueTime, int period);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object state, int dueTime, int period);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object? state, int dueTime, int period);
new System.Threading.Timer : System.Threading.TimerCallback * obj * int * int -> System.Threading.Timer
Public Sub New (callback As TimerCallback, state As Object, dueTime As Integer, period As Integer)

パラメーター

callback
TimerCallback

実行するメソッドを表す TimerCallback デリゲート。

state
Object

コールバック メソッドで使用される情報を格納するオブジェクト。または null

dueTime
Int32

callback が呼び出される前の遅延時間 (ミリ秒単位) です。 タイマーが開始されないようにするには Infinite を指定します。 0 を指定して、タイマーをすぐに開始します。

period
Int32

callback が呼び出される時間間隔 (ミリ秒単位) です。 周期的なシグナル通知を無効にする Infinite を指定します。

例外

dueTime パラメーターまたは period パラメーターが負の値であり、Infinite と等しくありません。

callback パラメーターが null です。

次のコード例は、デリゲートを作成し、 TimerCallback クラスの新しいインスタンスを初期化する方法を Timer 示しています。

using namespace System;
using namespace System::Threading;

ref class StatusChecker
{
private:
    int invokeCount, maxCount;

public:
    StatusChecker(int count)
    {
        invokeCount  = 0;
        maxCount = count;
    }

    // This method is called by the timer delegate.
    void CheckStatus(Object^ stateInfo)
    {
        AutoResetEvent^ autoEvent = dynamic_cast<AutoResetEvent^>(stateInfo);
        Console::WriteLine("{0:h:mm:ss.fff} Checking status {1,2}.",
                           DateTime::Now, ++invokeCount);

        if (invokeCount == maxCount) {
            // Reset the counter and signal the waiting thread.
            invokeCount  = 0;
            autoEvent->Set();
        }
    }
};

ref class TimerExample
{
public:
    static void Main()
    {
        // Create an AutoResetEvent to signal the timeout threshold in the
        // timer callback has been reached.
        AutoResetEvent^ autoEvent = gcnew AutoResetEvent(false);

        StatusChecker^ statusChecker = gcnew StatusChecker(10);

        // Create a delegate that invokes methods for the timer.
        TimerCallback^ tcb =
           gcnew TimerCallback(statusChecker, &StatusChecker::CheckStatus);

        // Create a timer that invokes CheckStatus after one second, 
        // and every 1/4 second thereafter.
        Console::WriteLine("{0:h:mm:ss.fff} Creating timer.\n",
                           DateTime::Now);
        Timer^ stateTimer = gcnew Timer(tcb, autoEvent, 1000, 250);

        // When autoEvent signals, change the period to every half second.
        autoEvent->WaitOne(5000, false);
        stateTimer->Change(0, 500);
        Console::WriteLine("\nChanging period to .5 seconds.\n");

        // When autoEvent signals the second time, dispose of the timer.
        autoEvent->WaitOne(5000, false);
        stateTimer->~Timer();
        Console::WriteLine("\nDestroying timer.");
    }
};

int main()
{
    TimerExample::Main();
}
// The example displays output like the following:
//       11:59:54.202 Creating timer.
//       
//       11:59:55.217 Checking status  1.
//       11:59:55.466 Checking status  2.
//       11:59:55.716 Checking status  3.
//       11:59:55.968 Checking status  4.
//       11:59:56.218 Checking status  5.
//       11:59:56.470 Checking status  6.
//       11:59:56.722 Checking status  7.
//       11:59:56.972 Checking status  8.
//       11:59:57.223 Checking status  9.
//       11:59:57.473 Checking status 10.
//       
//       Changing period to .5 seconds.
//       
//       11:59:57.474 Checking status  1.
//       11:59:57.976 Checking status  2.
//       11:59:58.476 Checking status  3.
//       11:59:58.977 Checking status  4.
//       11:59:59.477 Checking status  5.
//       11:59:59.977 Checking status  6.
//       12:00:00.478 Checking status  7.
//       12:00:00.980 Checking status  8.
//       12:00:01.481 Checking status  9.
//       12:00:01.981 Checking status 10.
//       
//       Destroying timer.
using System;
using System.Threading;

class TimerExample
{
    static void Main()
    {
        // Create an AutoResetEvent to signal the timeout threshold in the
        // timer callback has been reached.
        var autoEvent = new AutoResetEvent(false);
        
        var statusChecker = new StatusChecker(10);

        // Create a timer that invokes CheckStatus after one second, 
        // and every 1/4 second thereafter.
        Console.WriteLine("{0:h:mm:ss.fff} Creating timer.\n", 
                          DateTime.Now);
        var stateTimer = new Timer(statusChecker.CheckStatus, 
                                   autoEvent, 1000, 250);

        // When autoEvent signals, change the period to every half second.
        autoEvent.WaitOne();
        stateTimer.Change(0, 500);
        Console.WriteLine("\nChanging period to .5 seconds.\n");

        // When autoEvent signals the second time, dispose of the timer.
        autoEvent.WaitOne();
        stateTimer.Dispose();
        Console.WriteLine("\nDestroying timer.");
    }
}

class StatusChecker
{
    private int invokeCount;
    private int  maxCount;

    public StatusChecker(int count)
    {
        invokeCount  = 0;
        maxCount = count;
    }

    // This method is called by the timer delegate.
    public void CheckStatus(Object stateInfo)
    {
        AutoResetEvent autoEvent = (AutoResetEvent)stateInfo;
        Console.WriteLine("{0} Checking status {1,2}.", 
            DateTime.Now.ToString("h:mm:ss.fff"), 
            (++invokeCount).ToString());

        if(invokeCount == maxCount)
        {
            // Reset the counter and signal the waiting thread.
            invokeCount = 0;
            autoEvent.Set();
        }
    }
}
// The example displays output like the following:
//       11:59:54.202 Creating timer.
//       
//       11:59:55.217 Checking status  1.
//       11:59:55.466 Checking status  2.
//       11:59:55.716 Checking status  3.
//       11:59:55.968 Checking status  4.
//       11:59:56.218 Checking status  5.
//       11:59:56.470 Checking status  6.
//       11:59:56.722 Checking status  7.
//       11:59:56.972 Checking status  8.
//       11:59:57.223 Checking status  9.
//       11:59:57.473 Checking status 10.
//       
//       Changing period to .5 seconds.
//       
//       11:59:57.474 Checking status  1.
//       11:59:57.976 Checking status  2.
//       11:59:58.476 Checking status  3.
//       11:59:58.977 Checking status  4.
//       11:59:59.477 Checking status  5.
//       11:59:59.977 Checking status  6.
//       12:00:00.478 Checking status  7.
//       12:00:00.980 Checking status  8.
//       12:00:01.481 Checking status  9.
//       12:00:01.981 Checking status 10.
//       
//       Destroying timer.
Imports System.Threading

Public Module Example
    Public Sub Main()
        ' Use an AutoResetEvent to signal the timeout threshold in the
        ' timer callback has been reached.
        Dim autoEvent As New AutoResetEvent(False)

        Dim statusChecker As New StatusChecker(10)

        ' Create a timer that invokes CheckStatus after one second, 
        ' and every 1/4 second thereafter.
        Console.WriteLine("{0:h:mm:ss.fff} Creating timer." & vbCrLf, 
                          DateTime.Now)
        Dim stateTimer As New Timer(AddressOf statusChecker.CheckStatus, 
                                    autoEvent, 1000, 250)

        ' When autoEvent signals, change the period to every half second.
        autoEvent.WaitOne()
        stateTimer.Change(0, 500)
        Console.WriteLine(vbCrLf & "Changing period to .5 seconds." & vbCrLf)

        ' When autoEvent signals the second time, dispose of the timer.
        autoEvent.WaitOne()
        stateTimer.Dispose()
        Console.WriteLine(vbCrLf & "Destroying timer.")
    End Sub
End Module

Public Class StatusChecker
    Dim invokeCount, maxCount As Integer 

    Sub New(count As Integer)
        invokeCount  = 0
        maxCount = count
    End Sub

    ' The timer callback method.
    Sub CheckStatus(stateInfo As Object)
        Dim autoEvent As AutoResetEvent = DirectCast(stateInfo, AutoResetEvent)
        invokeCount += 1
        Console.WriteLine("{0:h:mm:ss.fff} Checking status {1,2}.", 
                          DateTime.Now, invokeCount)
        If invokeCount = maxCount Then
            ' Reset the counter and signal the waiting thread.
            invokeCount = 0
            autoEvent.Set()
        End If
    End Sub
End Class
' The example displays output like the following:
'       11:59:54.202 Creating timer.
'       
'       11:59:55.217 Checking status  1.
'       11:59:55.466 Checking status  2.
'       11:59:55.716 Checking status  3.
'       11:59:55.968 Checking status  4.
'       11:59:56.218 Checking status  5.
'       11:59:56.470 Checking status  6.
'       11:59:56.722 Checking status  7.
'       11:59:56.972 Checking status  8.
'       11:59:57.223 Checking status  9.
'       11:59:57.473 Checking status 10.
'       
'       Changing period to .5 seconds.
'       
'       11:59:57.474 Checking status  1.
'       11:59:57.976 Checking status  2.
'       11:59:58.476 Checking status  3.
'       11:59:58.977 Checking status  4.
'       11:59:59.477 Checking status  5.
'       11:59:59.977 Checking status  6.
'       12:00:00.478 Checking status  7.
'       12:00:00.980 Checking status  8.
'       12:00:01.481 Checking status  9.
'       12:00:01.981 Checking status 10.
'       
'       Destroying timer.

注釈

パラメーターで callback 指定されたデリゲートは、経過後 dueTime に 1 回呼び出され、その後は時間間隔が period 経過するたびに呼び出されます。

ゼロ (0) callback の場合dueTimeは、すぐに呼び出されます。 がTimeout.Infinitecallbackび出されない場合dueTime、タイマーは無効になりますが、メソッドを呼び出Changeすことで再度有効にすることができます。

Timerクラスはシステム クロックと同じ解像度 (Windows 7 および Windows 8 システムでは約 15 ミリ秒) であるため、システム クロックの解像度よりも小さい場合periodcallbackデリゲートはシステム クロックの解像度によって定義された間隔で実行されます。 ゼロ (0) またはTimeout.Infiniteそうでない場合は、 callback 1 回呼び出されます。タイマーの定期的な動作は無効になりますが、メソッドをChange使用して再度有効にすることができます。period Timeout.InfinitedueTime

注意

使用されるシステム クロックは 、GetTickCount で使用されるのと同じクロックであり、 timeBeginPeriodtimeEndPeriod で行われた変更の影響を受けません。

指定された callback メソッドはスレッドで ThreadPool 呼び出されるため、再入可能にする必要があります。 タイマー間隔がメソッドの実行に必要な時間より短い場合、またはすべてのスレッド プール スレッドが使用中で、メソッドが複数回キューに入れられている場合は、2 つのスレッド プール スレッドでメソッドを同時に実行できます。

こちらもご覧ください

適用対象

Timer(TimerCallback, Object, Int64, Int64)

時間間隔を計るために 64 ビット符号付き整数を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 Timer(System::Threading::TimerCallback ^ callback, System::Object ^ state, long dueTime, long period);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object? state, long dueTime, long period);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object state, long dueTime, long period);
new System.Threading.Timer : System.Threading.TimerCallback * obj * int64 * int64 -> System.Threading.Timer
Public Sub New (callback As TimerCallback, state As Object, dueTime As Long, period As Long)

パラメーター

callback
TimerCallback

実行するメソッドを表す TimerCallback デリゲート。

state
Object

コールバック メソッドで使用される情報を格納するオブジェクト。または null

dueTime
Int64

callback が呼び出される前の遅延時間 (ミリ秒単位) です。 タイマーが開始されないようにするには Infinite を指定します。 0 を指定して、タイマーをすぐに開始します。

period
Int64

callback が呼び出される時間間隔 (ミリ秒単位) です。 周期的なシグナル通知を無効にする Infinite を指定します。

例外

dueTime パラメーターまたは period パラメーターが負の値であり、Infinite と等しくありません。

dueTime パラメーターまたは period パラメーターが 4294967294 より大きい値です。

注釈

パラメーターで callback 指定されたデリゲートは、経過後 dueTime に 1 回呼び出され、その後は時間間隔が period 経過するたびに呼び出されます。

ゼロ (0) callback の場合dueTimeは、すぐに呼び出されます。 がTimeout.Infinitecallbackび出されない場合dueTime、タイマーは無効になりますが、メソッドを呼び出Changeすことで再度有効にすることができます。

Timerクラスはシステム クロックと同じ解像度 (Windows 7 および Windows 8 システムでは約 15 ミリ秒) であるため、システム クロックの解像度よりも小さい場合periodcallbackデリゲートはシステム クロックの解像度によって定義された間隔で実行されます。 ゼロ (0) またはTimeout.Infiniteそうでない場合は、 callback 1 回呼び出されます。タイマーの定期的な動作は無効になりますが、メソッドをChange使用して再度有効にすることができます。period Timeout.InfinitedueTime

注意

使用されるシステム クロックは 、GetTickCount で使用されるのと同じクロックであり、 timeBeginPeriodtimeEndPeriod で行われた変更の影響を受けません。

指定された callback メソッドはスレッドで ThreadPool 呼び出されるため、再入可能にする必要があります。 タイマー間隔がメソッドの実行に必要な時間より短い場合、またはすべてのスレッド プール スレッドが使用中で、メソッドが複数回キューに入れられている場合は、2 つのスレッド プール スレッドでメソッドを同時に実行できます。

こちらもご覧ください

適用対象

Timer(TimerCallback, Object, TimeSpan, TimeSpan)

時間間隔を計るために TimeSpan 値を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 Timer(System::Threading::TimerCallback ^ callback, System::Object ^ state, TimeSpan dueTime, TimeSpan period);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object state, TimeSpan dueTime, TimeSpan period);
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object? state, TimeSpan dueTime, TimeSpan period);
new System.Threading.Timer : System.Threading.TimerCallback * obj * TimeSpan * TimeSpan -> System.Threading.Timer
Public Sub New (callback As TimerCallback, state As Object, dueTime As TimeSpan, period As TimeSpan)

パラメーター

callback
TimerCallback

実行するメソッドを表すデリゲート。

state
Object

コールバック メソッドで使用される情報を格納するオブジェクト。または null

dueTime
TimeSpan

callback が呼び出される前の遅延時間です。 タイマーが開始されないようにするには InfiniteTimeSpan を指定します。 Zero を指定して、タイマーをすぐに開始します。

period
TimeSpan

callback が呼び出される時間間隔です。 周期的なシグナル通知を無効にする InfiniteTimeSpan を指定します。

例外

値が負でdueTimeperiodInt32.MaxValue より大きい場合と等Infiniteしくないミリ秒数。

callback パラメーターが null です。

次のコード例は、デリゲートを作成し、 TimerCallback クラスの新しいインスタンスを初期化する方法を Timer 示しています。

using namespace System;
using namespace System::Threading;
ref class StatusChecker
{
private:
   int invokeCount;
   int maxCount;

public:
   StatusChecker( int count )
      : invokeCount( 0 ), maxCount( count )
   {}


   // This method is called by the timer delegate.
   void CheckStatus( Object^ stateInfo )
   {
      AutoResetEvent^ autoEvent = dynamic_cast<AutoResetEvent^>(stateInfo);
      Console::WriteLine( "{0} Checking status {1,2}.", DateTime::Now.ToString(  "h:mm:ss.fff" ), (++invokeCount).ToString() );
      if ( invokeCount == maxCount )
      {
         
         // Reset the counter and signal main.
         invokeCount = 0;
         autoEvent->Set();
      }
   }

};

int main()
{
   AutoResetEvent^ autoEvent = gcnew AutoResetEvent( false );
   StatusChecker^ statusChecker = gcnew StatusChecker( 10 );
   
   // Create the delegate that invokes methods for the timer.
   TimerCallback^ timerDelegate = gcnew TimerCallback( statusChecker, &StatusChecker::CheckStatus );
   TimeSpan delayTime = TimeSpan(0,0,1);
   TimeSpan intervalTime = TimeSpan(0,0,0,0,250);
   
   // Create a timer that signals the delegate to invoke CheckStatus 
   // after one second, and every 1/4 second thereafter.
   Console::WriteLine( "{0} Creating timer.\n", DateTime::Now.ToString(  "h:mm:ss.fff" ) );
   Timer^ stateTimer = gcnew Timer( timerDelegate,autoEvent,delayTime,intervalTime );
   
   // When autoEvent signals, change the period to every 1/2 second.
   autoEvent->WaitOne( 5000, false );
   stateTimer->Change( TimeSpan(0), intervalTime + intervalTime );
   Console::WriteLine( "\nChanging period.\n" );
   
   // When autoEvent signals the second time, dispose of the timer.
   autoEvent->WaitOne( 5000, false );
   stateTimer->~Timer();
   Console::WriteLine( "\nDestroying timer." );
}
using System;
using System.Threading;

class TimerExample
{
    static void Main()
    {
        AutoResetEvent autoEvent     = new AutoResetEvent(false);
        StatusChecker  statusChecker = new StatusChecker(10);

        // Create the delegate that invokes methods for the timer.
        TimerCallback timerDelegate = 
            new TimerCallback(statusChecker.CheckStatus);

        TimeSpan delayTime = new TimeSpan(0, 0, 1);
        TimeSpan intervalTime = new TimeSpan(0, 0, 0, 0, 250);

        // Create a timer that signals the delegate to invoke 
        // CheckStatus after one second, and every 1/4 second 
        // thereafter.
        Console.WriteLine("{0} Creating timer.\n", 
            DateTime.Now.ToString("h:mm:ss.fff"));
        Timer stateTimer = new Timer(
            timerDelegate, autoEvent, delayTime, intervalTime);

        // When autoEvent signals, change the period to every 
        // 1/2 second.
        autoEvent.WaitOne(5000, false);
        stateTimer.Change(new TimeSpan(0), 
            intervalTime + intervalTime);
        Console.WriteLine("\nChanging period.\n");

        // When autoEvent signals the second time, dispose of 
        // the timer.
        autoEvent.WaitOne(5000, false);
        stateTimer.Dispose();
        Console.WriteLine("\nDestroying timer.");
    }
}

class StatusChecker
{
    int invokeCount, maxCount;

    public StatusChecker(int count)
    {
        invokeCount  = 0;
        maxCount = count;
    }

    // This method is called by the timer delegate.
    public void CheckStatus(Object stateInfo)
    {
        AutoResetEvent autoEvent = (AutoResetEvent)stateInfo;
        Console.WriteLine("{0} Checking status {1,2}.", 
            DateTime.Now.ToString("h:mm:ss.fff"), 
            (++invokeCount).ToString());

        if(invokeCount == maxCount)
        {
            // Reset the counter and signal Main.
            invokeCount  = 0;
            autoEvent.Set();
        }
    }
}
Imports System.Threading

Public Class TimerExample

    <MTAThread> _
    Shared Sub Main()
    
        Dim autoEvent As New AutoResetEvent(False)
        Dim statusChecker As New StatusChecker(10)

        ' Create the delegate that invokes methods for the timer.
        Dim timerDelegate As TimerCallback = _
            AddressOf statusChecker.CheckStatus

        Dim delayTime As New TimeSpan(0, 0, 1)
        Dim intervalTime As New TimeSpan(0, 0, 0, 0, 250)

        ' Create a timer that signals the delegate to invoke 
        ' CheckStatus after one second, and every 1/4 second 
        ' thereafter.
        Console.WriteLine("{0} Creating timer." & vbCrLf, _
            DateTime.Now.ToString("h:mm:ss.fff"))
        Dim stateTimer As Timer = New Timer( _
            timerDelegate, autoEvent, delayTime, intervalTime)

        ' When autoEvent signals, change the period to every 
        ' 1/2 second.
        autoEvent.WaitOne(5000, False)
        stateTimer.Change( _
            new TimeSpan(0), intervalTime.Add(intervalTime))
        Console.WriteLine(vbCrLf & "Changing period." & vbCrLf)

        ' When autoEvent signals the second time, dispose of 
        ' the timer.
        autoEvent.WaitOne(5000, False)
        stateTimer.Dispose()
        Console.WriteLine(vbCrLf & "Destroying timer.")
    
    End Sub
End Class

Public Class StatusChecker

    Dim invokeCount, maxCount As Integer 

    Sub New(count As Integer)
        invokeCount  = 0
        maxCount = count
    End Sub

    ' This method is called by the timer delegate.
    Sub CheckStatus(stateInfo As Object)
        Dim autoEvent As AutoResetEvent = _
            DirectCast(stateInfo, AutoResetEvent)
        invokeCount += 1
        Console.WriteLine("{0} Checking status {1,2}.", _
            DateTime.Now.ToString("h:mm:ss.fff"), _
            invokeCount.ToString())

        If invokeCount = maxCount Then
        
            ' Reset the counter and signal to stop the timer.
            invokeCount  = 0
            autoEvent.Set()
        End If
    End Sub

End Class

注釈

パラメーターで callback 指定されたデリゲートは、経過後 dueTime に 1 回呼び出され、その後は時間間隔が period 経過するたびに呼び出されます。

ゼロ (0) callback の場合dueTimeは、すぐに呼び出されます。 負の 1 (-1) ミリ秒の場合 dueTimecallback 呼び出されません。タイマーは無効ですが、メソッドを呼び出 Change すことで再度有効にすることができます。

Timerクラスはシステム クロックと同じ解像度 (Windows 7 および Windows 8 システムでは約 15 ミリ秒) であるため、システム クロックの解像度よりも小さい場合periodcallbackデリゲートはシステム クロックの解像度によって定義された間隔で実行されます。 ゼロ (0) または負の 1 (-1) ミリ秒dueTimeで、callback正の場合periodは 1 回呼び出されます。タイマーの定期的な動作は無効になりますが、メソッドをChange使用して再度有効にすることができます。

注意

使用されるシステム クロックは 、GetTickCount で使用されるのと同じクロックであり、 timeBeginPeriodtimeEndPeriod で行われた変更の影響を受けません。

指定された callback メソッドはスレッドで ThreadPool 呼び出されるため、再入可能にする必要があります。 タイマー間隔がメソッドの実行に必要な時間より短い場合、またはすべてのスレッド プール スレッドが使用中で、メソッドが複数回キューに入れられている場合は、2 つのスレッド プール スレッドでメソッドを同時に実行できます。

こちらもご覧ください

適用対象

Timer(TimerCallback, Object, UInt32, UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

時間間隔を計るために 32 ビット符号なし整数を使用して、Timer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 Timer(System::Threading::TimerCallback ^ callback, System::Object ^ state, System::UInt32 dueTime, System::UInt32 period);
[System.CLSCompliant(false)]
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object? state, uint dueTime, uint period);
[System.CLSCompliant(false)]
public Timer (System.Threading.TimerCallback callback, object state, uint dueTime, uint period);
[<System.CLSCompliant(false)>]
new System.Threading.Timer : System.Threading.TimerCallback * obj * uint32 * uint32 -> System.Threading.Timer
Public Sub New (callback As TimerCallback, state As Object, dueTime As UInteger, period As UInteger)

パラメーター

callback
TimerCallback

実行するメソッドを表すデリゲート。

state
Object

コールバック メソッドで使用される情報を格納するオブジェクト。または null

dueTime
UInt32

callback が呼び出される前の遅延時間 (ミリ秒単位) です。 タイマーが開始されないようにするには Infinite を指定します。 0 を指定して、タイマーをすぐに開始します。

period
UInt32

callback が呼び出される時間間隔 (ミリ秒単位) です。 周期的なシグナル通知を無効にする Infinite を指定します。

属性

例外

dueTime パラメーターまたは period パラメーターが負の値であり、Infinite と等しくありません。

callback パラメーターが null です。

注釈

パラメーターで callback 指定されたデリゲートは、経過後 dueTime に 1 回呼び出され、その後は時間間隔が period 経過するたびに呼び出されます。

ゼロ (0) callback の場合dueTimeは、すぐに呼び出されます。 がTimeout.Infinitecallbackび出されない場合dueTime、タイマーは無効になりますが、メソッドを呼び出Changeすことで再度有効にすることができます。

Timerクラスはシステム クロックと同じ解像度 (Windows 7 および Windows 8 システムでは約 15 ミリ秒) であるため、システム クロックの解像度よりも小さい場合periodcallbackデリゲートはシステム クロックの解像度によって定義された間隔で実行されます。 ゼロ (0) またはTimeout.Infiniteそうでない場合は、 callback 1 回呼び出されます。タイマーの定期的な動作は無効になりますが、メソッドをChange使用して再度有効にすることができます。period Timeout.InfinitedueTime

注意

使用されるシステム クロックは 、GetTickCount で使用されるのと同じクロックであり、 timeBeginPeriodtimeEndPeriod で行われた変更の影響を受けません。

指定された callback メソッドはスレッドで ThreadPool 呼び出されるため、再入可能にする必要があります。 タイマー間隔がメソッドの実行に必要な時間より短い場合、またはすべてのスレッド プール スレッドが使用中で、メソッドが複数回キューに入れられている場合は、2 つのスレッド プール スレッドでメソッドを同時に実行できます。

こちらもご覧ください

適用対象