WaitHandle.WaitAny メソッド

定義

指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

オーバーロード

WaitAny(WaitHandle[])

指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

WaitAny(WaitHandle[], Int32)

32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔を指定し、指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

WaitAny(WaitHandle[], TimeSpan)

TimeSpan を使用して時間間隔を指定し、指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

WaitAny(WaitHandle[], Int32, Boolean)

32 ビットの符号付き整数を使用して時間間隔を指定し、待機する前に同期ドメインを終了するかどうかを指定して、指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

WaitAny(WaitHandle[], TimeSpan, Boolean)

指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。TimeSpan を使用して時間間隔を指定し、待機の前でも同期ドメインを終了するかどうかを指定します。

WaitAny(WaitHandle[])

指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

public:
 static int WaitAny(cli::array <System::Threading::WaitHandle ^> ^ waitHandles);
public static int WaitAny (System.Threading.WaitHandle[] waitHandles);
static member WaitAny : System.Threading.WaitHandle[] -> int
Public Shared Function WaitAny (waitHandles As WaitHandle()) As Integer

パラメーター

waitHandles
WaitHandle[]

現在のインスタンスが待機する対象のオブジェクトを格納している WaitHandle 配列。

戻り値

Int32

待機を実行するオブジェクトの配列インデックス。

例外

waitHandles パラメーターが null です。

  • または - waitHandles 配列内の 1 つ以上のオブジェクトが null です。

waitHandles のオブジェクトの数が、システムで許可されている範囲を超えています。

.NET Framework のバージョンが 1.0 または 1.1 であるにもかかわらず、waitHandles が要素のない配列です。

スレッドがミューテックスを解放せずに終了したため、待機が完了しました。

.NET Framework のバージョンが 2.0 以降であるにもかかわらず、waitHandles が要素のない配列です。

waitHandles 配列には、別のアプリケーション ドメインのWaitHandle の透過プロキシが含まれます。

次のコード例は、メソッドを呼び出す方法を示して WaitAny います。

using namespace System;
using namespace System::Threading;

public ref class WaitHandleExample
{
    // Define a random number generator for testing.
private:
    static Random^ random = gcnew Random();
public:
    static void DoTask(Object^ state)
    {
        AutoResetEvent^ autoReset = (AutoResetEvent^) state;
        int time = 1000 * random->Next(2, 10);
        Console::WriteLine("Performing a task for {0} milliseconds.", time);
        Thread::Sleep(time);
        autoReset->Set();
    }
};

int main()
{
    // Define an array with two AutoResetEvent WaitHandles.
    array<WaitHandle^>^ handles = gcnew array<WaitHandle^> {
        gcnew AutoResetEvent(false), gcnew AutoResetEvent(false)};

    // Queue up two tasks on two different threads;
    // wait until all tasks are completed.
    DateTime timeInstance = DateTime::Now;
    Console::WriteLine("Main thread is waiting for BOTH tasks to " +
        "complete.");
    ThreadPool::QueueUserWorkItem(
        gcnew WaitCallback(WaitHandleExample::DoTask), handles[0]);
    ThreadPool::QueueUserWorkItem(
        gcnew WaitCallback(WaitHandleExample::DoTask), handles[1]);
    WaitHandle::WaitAll(handles);
    // The time shown below should match the longest task.
    Console::WriteLine("Both tasks are completed (time waited={0})",
        (DateTime::Now - timeInstance).TotalMilliseconds);

    // Queue up two tasks on two different threads;
    // wait until any tasks are completed.
    timeInstance = DateTime::Now;
    Console::WriteLine();
    Console::WriteLine("The main thread is waiting for either task to " +
        "complete.");
    ThreadPool::QueueUserWorkItem(
        gcnew WaitCallback(WaitHandleExample::DoTask), handles[0]);
    ThreadPool::QueueUserWorkItem(
        gcnew WaitCallback(WaitHandleExample::DoTask), handles[1]);
    int index = WaitHandle::WaitAny(handles);
    // The time shown below should match the shortest task.
    Console::WriteLine("Task {0} finished first (time waited={1}).",
        index + 1, (DateTime::Now - timeInstance).TotalMilliseconds);
}

// This code produces the following sample output.
//
// Main thread is waiting for BOTH tasks to complete.
// Performing a task for 7000 milliseconds.
// Performing a task for 4000 milliseconds.
// Both tasks are completed (time waited=7064.8052)

// The main thread is waiting for either task to complete.
// Performing a task for 2000 milliseconds.
// Performing a task for 2000 milliseconds.
// Task 1 finished first (time waited=2000.6528).
using System;
using System.Threading;

public sealed class App
{
    // Define an array with two AutoResetEvent WaitHandles.
    static WaitHandle[] waitHandles = new WaitHandle[]
    {
        new AutoResetEvent(false),
        new AutoResetEvent(false)
    };

    // Define a random number generator for testing.
    static Random r = new Random();

    static void Main()
    {
        // Queue up two tasks on two different threads;
        // wait until all tasks are completed.
        DateTime dt = DateTime.Now;
        Console.WriteLine("Main thread is waiting for BOTH tasks to complete.");
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(new WaitCallback(DoTask), waitHandles[0]);
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(new WaitCallback(DoTask), waitHandles[1]);
        WaitHandle.WaitAll(waitHandles);
        // The time shown below should match the longest task.
        Console.WriteLine("Both tasks are completed (time waited={0})",
            (DateTime.Now - dt).TotalMilliseconds);

        // Queue up two tasks on two different threads;
        // wait until any tasks are completed.
        dt = DateTime.Now;
        Console.WriteLine();
        Console.WriteLine("The main thread is waiting for either task to complete.");
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(new WaitCallback(DoTask), waitHandles[0]);
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(new WaitCallback(DoTask), waitHandles[1]);
        int index = WaitHandle.WaitAny(waitHandles);
        // The time shown below should match the shortest task.
        Console.WriteLine("Task {0} finished first (time waited={1}).",
            index + 1, (DateTime.Now - dt).TotalMilliseconds);
    }

    static void DoTask(Object state)
    {
        AutoResetEvent are = (AutoResetEvent) state;
        int time = 1000 * r.Next(2, 10);
        Console.WriteLine("Performing a task for {0} milliseconds.", time);
        Thread.Sleep(time);
        are.Set();
    }
}

// This code produces output similar to the following:
//
//  Main thread is waiting for BOTH tasks to complete.
//  Performing a task for 7000 milliseconds.
//  Performing a task for 4000 milliseconds.
//  Both tasks are completed (time waited=7064.8052)
//
//  The main thread is waiting for either task to complete.
//  Performing a task for 2000 milliseconds.
//  Performing a task for 2000 milliseconds.
//  Task 1 finished first (time waited=2000.6528).
Imports System.Threading

NotInheritable Public Class App
    ' Define an array with two AutoResetEvent WaitHandles.
    Private Shared waitHandles() As WaitHandle = _
        {New AutoResetEvent(False), New AutoResetEvent(False)}
    
    ' Define a random number generator for testing.
    Private Shared r As New Random()
    
    <MTAThreadAttribute> _
    Public Shared Sub Main() 
        ' Queue two tasks on two different threads; 
        ' wait until all tasks are completed.
        Dim dt As DateTime = DateTime.Now
        Console.WriteLine("Main thread is waiting for BOTH tasks to complete.")
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(AddressOf DoTask, waitHandles(0))
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(AddressOf DoTask, waitHandles(1))
        WaitHandle.WaitAll(waitHandles)
        ' The time shown below should match the longest task.
        Console.WriteLine("Both tasks are completed (time waited={0})", _
            (DateTime.Now - dt).TotalMilliseconds)
        
        ' Queue up two tasks on two different threads; 
        ' wait until any tasks are completed.
        dt = DateTime.Now
        Console.WriteLine()
        Console.WriteLine("The main thread is waiting for either task to complete.")
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(AddressOf DoTask, waitHandles(0))
        ThreadPool.QueueUserWorkItem(AddressOf DoTask, waitHandles(1))
        Dim index As Integer = WaitHandle.WaitAny(waitHandles)
        ' The time shown below should match the shortest task.
        Console.WriteLine("Task {0} finished first (time waited={1}).", _
            index + 1,(DateTime.Now - dt).TotalMilliseconds)
    
    End Sub
    
    Shared Sub DoTask(ByVal state As [Object]) 
        Dim are As AutoResetEvent = CType(state, AutoResetEvent)
        Dim time As Integer = 1000 * r.Next(2, 10)
        Console.WriteLine("Performing a task for {0} milliseconds.", time)
        Thread.Sleep(time)
        are.Set()
    
    End Sub
End Class

' This code produces output similar to the following:
'
'  Main thread is waiting for BOTH tasks to complete.
'  Performing a task for 7000 milliseconds.
'  Performing a task for 4000 milliseconds.
'  Both tasks are completed (time waited=7064.8052)
' 
'  The main thread is waiting for either task to complete.
'  Performing a task for 2000 milliseconds.
'  Performing a task for 2000 milliseconds.
'  Task 1 finished first (time waited=2000.6528).

注釈

AbandonedMutexExceptionは .NET Framework バージョン2.0 の新バージョンです。 以前のバージョンでは、 WaitAny true ミューテックスが破棄されるため、待機が完了した場合、メソッドはを返します。 多くの場合、放棄ミューテックスは深刻なコーディングエラーを示しています。 システム全体でミューテックスが発生した場合は、アプリケーションが突然終了したことを示している可能性があります (たとえば、Windows タスクマネージャーを使用します)。 例外には、デバッグに役立つ情報が含まれています。

メソッドは、 WaitAny AbandonedMutexException 破棄されたミューテックスが原因で待機が完了した場合にのみ、をスローします。 waitHandlesに解放されたミューテックスが破棄された mutex よりも小さい場合、 WaitAny メソッドは正常に完了し、例外はスローされません。

注意

バージョン2.0 より前の .NET Framework のバージョンでは、スレッドが明示的にを解放せずに終了または中止 Mutex し、 Mutex 別のスレッドの配列のインデックス 0 (ゼロ) にある場合 WaitAny 、によって返されるインデックス WaitAny は、0ではなく128になります。

ハンドルがシグナル状態になると、このメソッドはを返します。 呼び出し中に複数のオブジェクトがシグナル状態になると、戻り値は、シグナルが発生したすべてのオブジェクトの最小のインデックス値を持つシグナル化されたオブジェクトの配列インデックスになります。

待機ハンドルの最大数は64、現在のスレッドが状態の場合は63です STA

このメソッドのオーバーロードを呼び出すことは、メソッドのオーバーロードを呼び出し、およびに対して WaitAny(WaitHandle[], Int32, Boolean) -1 (または) を指定することと同じです Timeout.Infinite millisecondsTimeout true exitContext

適用対象

WaitAny(WaitHandle[], Int32)

32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔を指定し、指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

public:
 static int WaitAny(cli::array <System::Threading::WaitHandle ^> ^ waitHandles, int millisecondsTimeout);
public static int WaitAny (System.Threading.WaitHandle[] waitHandles, int millisecondsTimeout);
static member WaitAny : System.Threading.WaitHandle[] * int -> int
Public Shared Function WaitAny (waitHandles As WaitHandle(), millisecondsTimeout As Integer) As Integer

パラメーター

waitHandles
WaitHandle[]

現在のインスタンスが待機する対象のオブジェクトを格納している WaitHandle 配列。

millisecondsTimeout
Int32

待機するミリ秒数。無制限に待機する場合は Infinite (-1)。

戻り値

Int32

待機を実行したオブジェクトの配列インデックス。または、待機を実行したオブジェクトがなく millisecondsTimeout に等しい時間間隔が経過した場合は WaitTimeout となります。

例外

waitHandles パラメーターが null です。

  • または - waitHandles 配列内の 1 つ以上のオブジェクトが null です。

waitHandles のオブジェクトの数が、システムで許可されている範囲を超えています。

millisecondsTimeout は無限のタイムアウトを表す -1 以外の負の数です。

スレッドがミューテックスを解放せずに終了したため、待機が完了しました。

waitHandles は、要素を持たない配列です。

waitHandles 配列には、別のアプリケーション ドメインのWaitHandle の透過プロキシが含まれます。

注釈

millisecondsTimeoutが0の場合、メソッドはブロックしません。 待機ハンドルの状態をテストし、すぐに制御を戻します。

メソッドは、 WaitAny AbandonedMutexException 破棄されたミューテックスが原因で待機が完了した場合にのみ、をスローします。 waitHandlesに解放されたミューテックスが破棄された mutex よりも小さい場合、 WaitAny メソッドは正常に完了し、例外はスローされません。

このメソッドは、待機が終了したとき、いずれかのハンドルがシグナル状態になったとき、またはタイムアウトが発生したときに、を返します。 呼び出し中に複数のオブジェクトがシグナル状態になると、戻り値は、シグナルが発生したすべてのオブジェクトの最小のインデックス値を持つシグナル化されたオブジェクトの配列インデックスになります。

待機ハンドルの最大数は64、現在のスレッドが状態の場合は63です STA

このメソッドオーバーロードの呼び出しは、オーバーロードを呼び出し、にを指定することと同じです WaitAny(WaitHandle[], Int32, Boolean) false exitContext

適用対象

WaitAny(WaitHandle[], TimeSpan)

TimeSpan を使用して時間間隔を指定し、指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

public:
 static int WaitAny(cli::array <System::Threading::WaitHandle ^> ^ waitHandles, TimeSpan timeout);
public static int WaitAny (System.Threading.WaitHandle[] waitHandles, TimeSpan timeout);
static member WaitAny : System.Threading.WaitHandle[] * TimeSpan -> int
Public Shared Function WaitAny (waitHandles As WaitHandle(), timeout As TimeSpan) As Integer

パラメーター

waitHandles
WaitHandle[]

現在のインスタンスが待機する対象のオブジェクトを格納している WaitHandle 配列。

timeout
TimeSpan

待機するミリ秒数を表す TimeSpan。無制限に待機する場合は、-1 ミリ秒を表す TimeSpan

戻り値

Int32

待機を実行したオブジェクトの配列インデックス。または、待機を実行したオブジェクトがなく timeout に等しい時間間隔が経過した場合は WaitTimeout となります。

例外

waitHandles パラメーターが null です。

  • または - waitHandles 配列内の 1 つ以上のオブジェクトが null です。

waitHandles のオブジェクトの数が、システムで許可されている範囲を超えています。

timeout は無限のタイムアウトを表す -1 ミリ秒以外の負の数です。 または timeoutMaxValue より大きくなっています。

スレッドがミューテックスを解放せずに終了したため、待機が完了しました。

waitHandles は、要素を持たない配列です。

waitHandles 配列には、別のアプリケーション ドメインのWaitHandle の透過プロキシが含まれます。

注釈

timeoutが0の場合、メソッドはブロックしません。 待機ハンドルの状態をテストし、すぐに制御を戻します。

メソッドは、 WaitAny AbandonedMutexException 破棄されたミューテックスが原因で待機が完了した場合にのみ、をスローします。 waitHandlesに解放されたミューテックスが破棄された mutex よりも小さい場合、 WaitAny メソッドは正常に完了し、例外はスローされません。

このメソッドは、待機が終了したとき、いずれかのハンドルがシグナル状態になったとき、またはタイムアウトが発生したときに、を返します。 呼び出し中に複数のオブジェクトがシグナル状態になると、戻り値は、シグナルが発生したすべてのオブジェクトの最小のインデックス値を持つシグナル化されたオブジェクトの配列インデックスになります。

待機ハンドルの最大数は64、現在のスレッドが状態の場合は63です STA

の最大値 timeoutInt32.MaxValue です。

このメソッドオーバーロードの呼び出しは、オーバーロードを呼び出し、にを指定することと同じです WaitAny(WaitHandle[], TimeSpan, Boolean) false exitContext

適用対象

WaitAny(WaitHandle[], Int32, Boolean)

32 ビットの符号付き整数を使用して時間間隔を指定し、待機する前に同期ドメインを終了するかどうかを指定して、指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。

public:
 static int WaitAny(cli::array <System::Threading::WaitHandle ^> ^ waitHandles, int millisecondsTimeout, bool exitContext);
public static int WaitAny (System.Threading.WaitHandle[] waitHandles, int millisecondsTimeout, bool exitContext);
static member WaitAny : System.Threading.WaitHandle[] * int * bool -> int
Public Shared Function WaitAny (waitHandles As WaitHandle(), millisecondsTimeout As Integer, exitContext As Boolean) As Integer

パラメーター

waitHandles
WaitHandle[]

現在のインスタンスが待機する対象のオブジェクトを格納している WaitHandle 配列。

millisecondsTimeout
Int32

待機するミリ秒数。無制限に待機する場合は Infinite (-1)。

exitContext
Boolean

待機する前にコンテキストの同期ドメインを終了し (同期されたコンテキスト内にいる場合)、後で再取得する場合は、true。それ以外の場合は false

戻り値

Int32

待機を実行したオブジェクトの配列インデックス。または、待機を実行したオブジェクトがなく millisecondsTimeout に等しい時間間隔が経過した場合は WaitTimeout となります。

例外

waitHandles パラメーターが null です。

  • または - waitHandles 配列内の 1 つ以上のオブジェクトが null です。

waitHandles のオブジェクトの数が、システムで許可されている範囲を超えています。

.NET Framework のバージョンが 1.0 または 1.1 であるにもかかわらず、waitHandles が要素のない配列です。

millisecondsTimeout は無限のタイムアウトを表す -1 以外の負の数です。

スレッドがミューテックスを解放せずに終了したため、待機が完了しました。

.NET Framework のバージョンが 2.0 以降であるにもかかわらず、waitHandles が要素のない配列です。

waitHandles 配列には、別のアプリケーション ドメインのWaitHandle の透過プロキシが含まれます。

次のコード例は、スレッドプールを使用して複数のディスク上のファイルを同時に検索する方法を示しています。 領域に関する考慮事項については、各ディスクのルートディレクトリのみが検索されます。

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Threading;
ref class Search
{
private:

   // Maintain state information to pass to FindCallback.
   ref class State
   {
   public:
      AutoResetEvent^ autoEvent;
      String^ fileName;
      State( AutoResetEvent^ autoEvent, String^ fileName )
         : autoEvent( autoEvent ), fileName( fileName )
      {}

   };


public:
   array<AutoResetEvent^>^autoEvents;
   array<String^>^diskLetters;

   // Search for stateInfo->fileName.
   void FindCallback( Object^ state )
   {
      State^ stateInfo = dynamic_cast<State^>(state);
      
      // Signal if the file is found.
      if ( File::Exists( stateInfo->fileName ) )
      {
         stateInfo->autoEvent->Set();
      }
   }

   Search()
   {
      
      // Retrieve an array of disk letters.
      diskLetters = Environment::GetLogicalDrives();
      autoEvents = gcnew array<AutoResetEvent^>(diskLetters->Length);
      for ( int i = 0; i < diskLetters->Length; i++ )
      {
         autoEvents[ i ] = gcnew AutoResetEvent( false );

      }
   }


   // Search for fileName in the root directory of all disks.
   void FindFile( String^ fileName )
   {
      for ( int i = 0; i < diskLetters->Length; i++ )
      {
         Console::WriteLine(  "Searching for {0} on {1}.", fileName, diskLetters[ i ] );
         ThreadPool::QueueUserWorkItem( gcnew WaitCallback( this, &Search::FindCallback ), gcnew State( autoEvents[ i ],String::Concat( diskLetters[ i ], fileName ) ) );

      }
      
      // Wait for the first instance of the file to be found.
      int index = WaitHandle::WaitAny( autoEvents, 3000, false );
      if ( index == WaitHandle::WaitTimeout )
      {
         Console::WriteLine( "\n{0} not found.", fileName );
      }
      else
      {
         Console::WriteLine( "\n{0} found on {1}.", fileName, diskLetters[ index ] );
      }
   }

};

int main()
{
   Search^ search = gcnew Search;
   search->FindFile( "SomeFile.dat" );
}
using System;
using System.IO;
using System.Threading;

class Test
{
    static void Main()
    {
        Search search = new Search();
        search.FindFile("SomeFile.dat");
    }
}

class Search
{
    // Maintain state information to pass to FindCallback.
    class State
    {
        public AutoResetEvent autoEvent;
        public string         fileName;

        public State(AutoResetEvent autoEvent, string fileName)
        {
            this.autoEvent    = autoEvent;
            this.fileName     = fileName;
        }
    }

    AutoResetEvent[] autoEvents;
    String[] diskLetters;

    public Search()
    {
        // Retrieve an array of disk letters.
        diskLetters = Environment.GetLogicalDrives();

        autoEvents = new AutoResetEvent[diskLetters.Length];
        for(int i = 0; i < diskLetters.Length; i++)
        {
            autoEvents[i] = new AutoResetEvent(false);
        }
    }

    // Search for fileName in the root directory of all disks.
    public void FindFile(string fileName)
    {
        for(int i = 0; i < diskLetters.Length; i++)
        {
            Console.WriteLine("Searching for {0} on {1}.",
                fileName, diskLetters[i]);
            ThreadPool.QueueUserWorkItem(
                new WaitCallback(FindCallback), 
                new State(autoEvents[i], diskLetters[i] + fileName));
        }

        // Wait for the first instance of the file to be found.
        int index = WaitHandle.WaitAny(autoEvents, 3000, false);
        if(index == WaitHandle.WaitTimeout)
        {
            Console.WriteLine("\n{0} not found.", fileName);
        }
        else
        {
            Console.WriteLine("\n{0} found on {1}.", fileName,
                diskLetters[index]);
        }
    }

    // Search for stateInfo.fileName.
    void FindCallback(object state)
    {
        State stateInfo = (State)state;

        // Signal if the file is found.
        if(File.Exists(stateInfo.fileName))
        {
            stateInfo.autoEvent.Set();
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Threading

Public Class Test

    <MTAThread> _
    Shared Sub Main()
        Dim search As New Search()
        search.FindFile("SomeFile.dat")
    End Sub    
End Class

Public Class Search

    ' Maintain state information to pass to FindCallback.
    Class State
        Public autoEvent As AutoResetEvent 
        Public fileName As String         

        Sub New(anEvent As AutoResetEvent, fName As String)
            autoEvent = anEvent
            fileName = fName
        End Sub
    End Class

    Dim autoEvents() As AutoResetEvent
    Dim diskLetters() As String

    Sub New()

        ' Retrieve an array of disk letters.
        diskLetters = Environment.GetLogicalDrives()

        autoEvents = New AutoResetEvent(diskLetters.Length - 1) {}
        For i As Integer = 0 To diskLetters.Length - 1
            autoEvents(i) = New AutoResetEvent(False)
        Next i
    End Sub    
    
    ' Search for fileName in the root directory of all disks.
    Sub FindFile(fileName As String)
        For i As Integer = 0 To diskLetters.Length - 1
            Console.WriteLine("Searching for {0} on {1}.", _
                fileName, diskLetters(i))
        
            ThreadPool.QueueUserWorkItem(AddressOf FindCallback, _ 
                New State(autoEvents(i), diskLetters(i) & fileName))
        Next i

        ' Wait for the first instance of the file to be found.
        Dim index As Integer = _
            WaitHandle.WaitAny(autoEvents, 3000, False)
        If index = WaitHandle.WaitTimeout
            Console.WriteLine(vbCrLf & "{0} not found.", fileName)
        Else
            Console.WriteLine(vbCrLf & "{0} found on {1}.", _
                fileName, diskLetters(index))
        End If
    End Sub

    ' Search for stateInfo.fileName.
    Sub FindCallback(state As Object)
        Dim stateInfo As State = DirectCast(state, State)

        ' Signal if the file is found.
        If File.Exists(stateInfo.fileName) Then
            stateInfo.autoEvent.Set()
        End If
    End Sub

End Class

注釈

millisecondsTimeoutが0の場合、メソッドはブロックしません。 待機ハンドルの状態をテストし、すぐに制御を戻します。

AbandonedMutexExceptionは .NET Framework バージョン2.0 の新バージョンです。 以前のバージョンでは、 WaitAny true ミューテックスが破棄されるため、待機が完了した場合、メソッドはを返します。 多くの場合、放棄ミューテックスは深刻なコーディングエラーを示しています。 システム全体でミューテックスが発生した場合は、アプリケーションが突然終了したことを示している可能性があります (たとえば、Windows タスクマネージャーを使用します)。 例外には、デバッグに役立つ情報が含まれています。

メソッドは、 WaitAny AbandonedMutexException 破棄されたミューテックスが原因で待機が完了した場合にのみ、をスローします。 waitHandlesに解放されたミューテックスが破棄された mutex よりも小さい場合、 WaitAny メソッドは正常に完了し、例外はスローされません。

注意

バージョン2.0 より前の .NET Framework のバージョンでは、スレッドが明示的にを解放せずに終了または中止 Mutex し、 Mutex 別のスレッドの配列のインデックス 0 (ゼロ) にある場合 WaitAny 、によって返されるインデックス WaitAny は、0ではなく128になります。

このメソッドは、待機が終了したとき、いずれかのハンドルがシグナル状態になったとき、またはタイムアウトが発生したときに、を返します。 呼び出し中に複数のオブジェクトがシグナル状態になると、戻り値は、シグナルが発生したすべてのオブジェクトの最小のインデックス値を持つシグナル化されたオブジェクトの配列インデックスになります。

待機ハンドルの最大数は64、現在のスレッドが状態の場合は63です STA

コンテキストの終了に関する注意事項

exitContext WaitAny 既定以外のマネージコンテキスト内からメソッドが呼び出されない限り、パラメーターは無効です。 これは、スレッドがから派生したクラスのインスタンスの呼び出し内にある場合に発生する可能性が ContextBoundObject あります。 から派生していないクラスのメソッドを現在実行している場合でも、 ContextBoundObject のように、 String ContextBoundObject が現在のアプリケーションドメインのスタックにある場合は、既定以外のコンテキストにすることができます。

コードが既定以外のコンテキストで実行されている場合、にを指定すると、 true exitContext スレッドはメソッドを実行する前に、既定以外のマネージコンテキスト (つまり、既定のコンテキストに遷移する) を終了し WaitAny ます。 スレッドは、メソッドの呼び出しが完了した後、元の既定以外のコンテキストに戻り WaitAny ます。

これは、コンテキストバインドクラスにがある場合に便利です SynchronizationAttribute 。 その場合、クラスのメンバーへのすべての呼び出しが自動的に同期され、同期ドメインがクラスのコード本文全体になります。 メンバーの呼び出し履歴内のコードがメソッドを呼び出し、にを指定した場合、 WaitAny true exitContext スレッドは同期ドメインを終了します。これにより、オブジェクトの任意のメンバーへの呼び出しでブロックされているスレッドを続行できます。 メソッドから WaitAny 制御が戻ったとき、呼び出しを行ったスレッドは、同期ドメインの再入力を待機する必要があります。

適用対象

WaitAny(WaitHandle[], TimeSpan, Boolean)

指定した配列内のいずれかの要素がシグナルを受信するまで待機します。TimeSpan を使用して時間間隔を指定し、待機の前でも同期ドメインを終了するかどうかを指定します。

public:
 static int WaitAny(cli::array <System::Threading::WaitHandle ^> ^ waitHandles, TimeSpan timeout, bool exitContext);
public static int WaitAny (System.Threading.WaitHandle[] waitHandles, TimeSpan timeout, bool exitContext);
static member WaitAny : System.Threading.WaitHandle[] * TimeSpan * bool -> int
Public Shared Function WaitAny (waitHandles As WaitHandle(), timeout As TimeSpan, exitContext As Boolean) As Integer

パラメーター

waitHandles
WaitHandle[]

現在のインスタンスが待機する対象のオブジェクトを格納している WaitHandle 配列。

timeout
TimeSpan

待機するミリ秒数を表す TimeSpan。無制限に待機する場合は、-1 ミリ秒を表す TimeSpan

exitContext
Boolean

待機する前にコンテキストの同期ドメインを終了し (同期されたコンテキスト内にいる場合)、後で再取得する場合は、true。それ以外の場合は false

戻り値

Int32

待機を実行したオブジェクトの配列インデックス。または、待機を実行したオブジェクトがなく timeout に等しい時間間隔が経過した場合は WaitTimeout となります。

例外

waitHandles パラメーターが null です。

  • または - waitHandles 配列内の 1 つ以上のオブジェクトが null です。

waitHandles のオブジェクトの数が、システムで許可されている範囲を超えています。

.NET Framework のバージョンが 1.0 または 1.1 であるにもかかわらず、waitHandles が要素のない配列です。

timeout は無限のタイムアウトを表す -1 ミリ秒以外の負の数です。 または timeoutMaxValue より大きくなっています。

スレッドがミューテックスを解放せずに終了したため、待機が完了しました。

.NET Framework のバージョンが 2.0 以降であるにもかかわらず、waitHandles が要素のない配列です。

waitHandles 配列には、別のアプリケーション ドメインのWaitHandle の透過プロキシが含まれます。

次のコード例は、スレッドプールを使用して複数のディスク上のファイルを同時に検索する方法を示しています。 領域に関する考慮事項については、各ディスクのルートディレクトリのみが検索されます。

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Threading;
ref class Search
{
private:

   // Maintain state information to pass to FindCallback.
   ref class State
   {
   public:
      AutoResetEvent^ autoEvent;
      String^ fileName;
      State( AutoResetEvent^ autoEvent, String^ fileName )
         : autoEvent( autoEvent ), fileName( fileName )
      {}

   };


public:
   array<AutoResetEvent^>^autoEvents;
   array<String^>^diskLetters;

   // Search for stateInfo->fileName.
   void FindCallback( Object^ state )
   {
      State^ stateInfo = dynamic_cast<State^>(state);
      
      // Signal if the file is found.
      if ( File::Exists( stateInfo->fileName ) )
      {
         stateInfo->autoEvent->Set();
      }
   }

   Search()
   {
      
      // Retrieve an array of disk letters.
      diskLetters = Environment::GetLogicalDrives();
      autoEvents = gcnew array<AutoResetEvent^>(diskLetters->Length);
      for ( int i = 0; i < diskLetters->Length; i++ )
      {
         autoEvents[ i ] = gcnew AutoResetEvent( false );

      }
   }


   // Search for fileName in the root directory of all disks.
   void FindFile( String^ fileName )
   {
      for ( int i = 0; i < diskLetters->Length; i++ )
      {
         Console::WriteLine(  "Searching for {0} on {1}.", fileName, diskLetters[ i ] );
         ThreadPool::QueueUserWorkItem( gcnew WaitCallback( this, &Search::FindCallback ), gcnew State( autoEvents[ i ],String::Concat( diskLetters[ i ], fileName ) ) );

      }
      
      // Wait for the first instance of the file to be found.
      int index = WaitHandle::WaitAny( autoEvents, TimeSpan(0,0,3), false );
      if ( index == WaitHandle::WaitTimeout )
      {
         Console::WriteLine( "\n{0} not found.", fileName );
      }
      else
      {
         Console::WriteLine( "\n{0} found on {1}.", fileName, diskLetters[ index ] );
      }
   }

};

int main()
{
   Search^ search = gcnew Search;
   search->FindFile( "SomeFile.dat" );
}
using System;
using System.IO;
using System.Threading;

class Test
{
    static void Main()
    {
        Search search = new Search();
        search.FindFile("SomeFile.dat");
    }
}

class Search
{
    // Maintain state information to pass to FindCallback.
    class State
    {
        public AutoResetEvent autoEvent;
        public string         fileName;

        public State(AutoResetEvent autoEvent, string fileName)
        {
            this.autoEvent    = autoEvent;
            this.fileName     = fileName;
        }
    }

    AutoResetEvent[] autoEvents;
    String[] diskLetters;

    public Search()
    {
        // Retrieve an array of disk letters.
        diskLetters = Environment.GetLogicalDrives();

        autoEvents = new AutoResetEvent[diskLetters.Length];
        for(int i = 0; i < diskLetters.Length; i++)
        {
            autoEvents[i] = new AutoResetEvent(false);
        }
    }

    // Search for fileName in the root directory of all disks.
    public void FindFile(string fileName)
    {
        for(int i = 0; i < diskLetters.Length; i++)
        {
            Console.WriteLine("Searching for {0} on {1}.",
                fileName, diskLetters[i]);
            ThreadPool.QueueUserWorkItem(
                new WaitCallback(FindCallback), 
                new State(autoEvents[i], diskLetters[i] + fileName));
        }

        // Wait for the first instance of the file to be found.
        int index = WaitHandle.WaitAny(
            autoEvents, new TimeSpan(0, 0, 3), false);
        if(index == WaitHandle.WaitTimeout)
        {
            Console.WriteLine("\n{0} not found.", fileName);
        }
        else
        {
            Console.WriteLine("\n{0} found on {1}.", fileName,
                diskLetters[index]);
        }
    }

    // Search for stateInfo.fileName.
    void FindCallback(object state)
    {
        State stateInfo = (State)state;

        // Signal if the file is found.
        if(File.Exists(stateInfo.fileName))
        {
            stateInfo.autoEvent.Set();
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Threading

Public Class Test

    <MTAThread> _
    Shared Sub Main()
        Dim search As New Search()
        search.FindFile("SomeFile.dat")
    End Sub    
End Class

Public Class Search

    ' Maintain state information to pass to FindCallback.
    Class State
        Public autoEvent As AutoResetEvent 
        Public fileName As String         

        Sub New(anEvent As AutoResetEvent, fName As String)
            autoEvent = anEvent
            fileName = fName
        End Sub
    End Class

    Dim autoEvents() As AutoResetEvent
    Dim diskLetters() As String

    Sub New()

        ' Retrieve an array of disk letters.
        diskLetters = Environment.GetLogicalDrives()

        autoEvents = New AutoResetEvent(diskLetters.Length - 1) {}
        For i As Integer = 0 To diskLetters.Length - 1
            autoEvents(i) = New AutoResetEvent(False)
        Next i
    End Sub    
    
    ' Search for fileName in the root directory of all disks.
    Sub FindFile(fileName As String)
        For i As Integer = 0 To diskLetters.Length - 1
            Console.WriteLine("Searching for {0} on {1}.", _
                fileName, diskLetters(i))
        
            ThreadPool.QueueUserWorkItem(AddressOf FindCallback, _ 
                New State(autoEvents(i), diskLetters(i) & fileName))
        Next i

        ' Wait for the first instance of the file to be found.
        Dim index As Integer = WaitHandle.WaitAny( _
            autoEvents, New TimeSpan(0, 0, 3), False)
        If index = WaitHandle.WaitTimeout
            Console.WriteLine(vbCrLf & "{0} not found.", fileName)
        Else
            Console.WriteLine(vbCrLf & "{0} found on {1}.", _
                fileName, diskLetters(index))
        End If
    End Sub

    ' Search for stateInfo.fileName.
    Sub FindCallback(state As Object)
        Dim stateInfo As State = DirectCast(state, State)

        ' Signal if the file is found.
        If File.Exists(stateInfo.fileName) Then
            stateInfo.autoEvent.Set()
        End If
    End Sub

End Class

注釈

timeoutが0の場合、メソッドはブロックしません。 待機ハンドルの状態をテストし、すぐに制御を戻します。

AbandonedMutexExceptionは .NET Framework バージョン2.0 の新バージョンです。 以前のバージョンでは、 WaitAny true ミューテックスが破棄されるため、待機が完了した場合、メソッドはを返します。 多くの場合、放棄ミューテックスは深刻なコーディングエラーを示しています。 システム全体でミューテックスが発生した場合は、アプリケーションが突然終了したことを示している可能性があります (たとえば、Windows タスクマネージャーを使用します)。 例外には、デバッグに役立つ情報が含まれています。

メソッドは、 WaitAny AbandonedMutexException 破棄されたミューテックスが原因で待機が完了した場合にのみ、をスローします。 waitHandlesに解放されたミューテックスが破棄された mutex よりも小さい場合、 WaitAny メソッドは正常に完了し、例外はスローされません。

注意

バージョン2.0 より前の .NET Framework のバージョンでは、スレッドが明示的にを解放せずに終了または中止 Mutex し、 Mutex 別のスレッドの配列のインデックス 0 (ゼロ) にある場合 WaitAny 、によって返されるインデックス WaitAny は、0ではなく128になります。

このメソッドは、待機が終了したとき、いずれかのハンドルがシグナル状態になったとき、またはタイムアウトが発生したときに、を返します。 呼び出し中に複数のオブジェクトがシグナル状態になると、戻り値は、シグナルが発生したすべてのオブジェクトの最小のインデックス値を持つシグナル化されたオブジェクトの配列インデックスになります。

待機ハンドルの最大数は64、現在のスレッドが状態の場合は63です STA

の最大値 timeoutInt32.MaxValue です。

コンテキストの終了に関する注意事項

exitContext WaitAny 既定以外のマネージコンテキスト内からメソッドが呼び出されない限り、パラメーターは無効です。 これは、スレッドがから派生したクラスのインスタンスの呼び出し内にある場合に発生する可能性が ContextBoundObject あります。 から派生していないクラスのメソッドを現在実行している場合でも、 ContextBoundObject のように、 String ContextBoundObject が現在のアプリケーションドメインのスタックにある場合は、既定以外のコンテキストにすることができます。

コードが既定以外のコンテキストで実行されている場合、にを指定すると、 true exitContext スレッドはメソッドを実行する前に、既定以外のマネージコンテキスト (つまり、既定のコンテキストに遷移する) を終了し WaitAny ます。 スレッドは、メソッドの呼び出しが完了した後、元の既定以外のコンテキストに戻り WaitAny ます。

これは、コンテキストバインドクラスにがある場合に便利です SynchronizationAttribute 。 その場合、クラスのメンバーへのすべての呼び出しが自動的に同期され、同期ドメインがクラスのコード本文全体になります。 メンバーの呼び出し履歴内のコードがメソッドを呼び出し、にを指定した場合、 WaitAny true exitContext スレッドは同期ドメインを終了します。これにより、オブジェクトの任意のメンバーへの呼び出しでブロックされているスレッドを続行できます。 メソッドから WaitAny 制御が戻ったとき、呼び出しを行ったスレッドは、同期ドメインの再入力を待機する必要があります。

適用対象