EnterpriseServicesInteropOption EnterpriseServicesInteropOption EnterpriseServicesInteropOption EnterpriseServicesInteropOption Enum

定義

分散トランザクションが COM+ トランザクションとどのようにやり取りするかを指定します。Specifies how distributed transactions interact with COM+ transactions.

public enum class EnterpriseServicesInteropOption
public enum EnterpriseServicesInteropOption
type EnterpriseServicesInteropOption = 
Public Enum EnterpriseServicesInteropOption
継承
EnterpriseServicesInteropOptionEnterpriseServicesInteropOptionEnterpriseServicesInteropOptionEnterpriseServicesInteropOption

フィールド

Automatic Automatic Automatic Automatic 1

既存の COM+ コンテキストを検索し、存在する場合は、その COM+ コンテキストと同期させます。Search for an existing COM+ context and synchronize with it if one exists.

Full Full Full Full 2

System.EnterpriseServices コンテキスト (Transaction クラスの静的メソッド ContextUtil を呼び出すことによって取得できます) と System.Transactions アンビエント トランザクション (Current クラスの静的メソッド Transaction を呼び出すことによって取得できます) は常に同期されます。The System.EnterpriseServices context (which can be retrieved by calling the static method Transaction of the ContextUtil class) and the System.Transactions ambient transaction (which can be retrieved by calling the static method Current of the Transaction class) are always synchronized. この結果、新しい System.EnterpriseServices コンテキストを作成しなければならない場合があるため、パフォーマンスが低下します。This introduces a performance penalty because new System.EnterpriseServices contexts may need to be created.

None None None None 0

TransactionCurrent は同期されていません。There is no synchronization between Transaction and Current.

注釈

.NET Framework を使用すると、マネージ .net コンポーネントが、 System.EnterpriseServices名前空間のクラスを使用して com + トランザクションに参加できるようになります。The .NET Framework allows managed .NET components to participate in COM+ transactions using the classes in the System.EnterpriseServices namespace. ただし、既定では相互運用が提供されないため、この列挙を使用して COM + コンテキストへの参加方法を指定する必要があります。However, since the interoperation is not provided by default, you need to use this enumeration to specify how you want to participate in the COM+ context. 具体的には、新しいTransactionScopeを作成するときに、この列挙を使用して、トランザクションが com + トランザクションに参加する方法を指定します。Specifically, when you create a new TransactionScope, use this enumeration to indicate how you want your transaction to participate in COM+ transactions. 詳細については、「エンタープライズサービスと COM + トランザクションの相互運用性」を参照してください。For more information, see Interoperability with Enterprise Services and COM+ Transactions.

適用対象

こちらもご覧ください