IDtcTransaction.Abort(IntPtr, Int32, Int32) メソッド

定義

トランザクションを中止します。Aborts a transaction.

public:
 void Abort(IntPtr manager, int whatever, int whatever2);
public void Abort (IntPtr manager, int whatever, int whatever2);
abstract member Abort : nativeint * int * int -> unit
Public Sub Abort (manager As IntPtr, whatever As Integer, whatever2 As Integer)

パラメーター

reason
IntPtr

トランザクションが中止される理由を示すオプションの BOIDAn optional BOID that indicates why the transaction is being aborted. このパラメーターに null を指定して、中止の理由が示されないようにすることもできます。This parameter can be null, indicating that no reason for the abort is provided.

retaining
Int32

この値は false にする必要があります。This value must be false.

async
Int32

asynctrue の場合、非同期中止が実行されるため、呼び出し元は ITransactionOutcomeEvents を使用してトランザクションの結果を確認する必要があります。When async is true, an asynchronous abort is performed and the caller must use ITransactionOutcomeEvents to learn about the outcome of the transaction.

注釈

このインターフェイスのメソッドを実装しないでください。このインターフェイスは、 TransactionInterop System.EnterpriseServices名前空間のITransactionインターフェイスのアンマネージバージョンを表すために、内部的にクラスによってのみ使用されます。You should not implement any method of this interface, as it is used only by the TransactionInterop class internally to represent the unmanaged version of the ITransaction interface of the System.EnterpriseServices namespace.

適用対象