TransactionInterop.GetExportCookie(Transaction, Byte[]) メソッド

定義

トランザクション オブジェクトをエクスポート トランザクション クッキーに変換します。Transforms a transaction object into an export transaction cookie.

public:
 static cli::array <System::Byte> ^ GetExportCookie(System::Transactions::Transaction ^ transaction, cli::array <System::Byte> ^ exportCookie);
public static byte[] GetExportCookie (System.Transactions.Transaction transaction, byte[] exportCookie);
static member GetExportCookie : System.Transactions.Transaction * byte[] -> byte[]

パラメーター

transaction
Transaction

マーシャリングされる Transaction オブジェクト。The Transaction object to be marshaled.

whereabouts
Byte[]

目的のトランザクション マネージャーの位置を示すアドレス。An address that describes the location of the destination transaction manager. このアドレスを使用することにより、2 つのトランザクション マネージャー間での相互通信が可能になり、これによってシステム間でのトランザクションの伝達が可能になります。This permits two transaction managers to communicate with one another and thereby propagate a transaction from one system to the other.

戻り値

Byte[]

指定した Transaction オブジェクトを表すエクスポート トランザクション クッキー。An export transaction cookie representing the specified Transaction object.

注釈

トランザクションをエクスポートする場合は、このメソッドを呼び出します。Call this method if you want to export a transaction. 渡される transaction は、トランザクションクッキーにマーシャリングされます。The transaction that is passed along is marshaled into a transaction cookie. その後、トランザクションクッキーを送信先プロセスに送信できます。You can then send the transaction cookie to the destination process. これは、プロセスまたはシステム間でのトランザクションの伝達と呼ばれます。This is referred to as propagating the transaction between processes or systems. 伝達は、ローカルトランザクションが宛先にプッシュされるプッシュモデルと見なされます。The propagation is considered to be a push model where the local transaction is pushed to the destination. したがって、whereabouts に含まれる情報には、転送先トランザクションマネージャーを記述する必要があります。Therefore, information contained in whereabouts must describe the destination transaction manager.

各種の伝達モデルの詳細については、TransactionInterop クラスの「解説」を参照してください。For more information on different propagation models, see the Remarks section of the TransactionInterop class.

適用対象