TransactionScope コンストラクター

定義

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class.

オーバーロード

TransactionScope()

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class.

TransactionScope(Transaction)

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

TransactionScope(Transaction, TransactionScopeAsyncFlowOption)

[.NET Framework 4.5.1 以降のバージョンでサポート][Supported in the .NET Framework 4.5.1 and later versions] TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

TransactionScope(TransactionScopeAsyncFlowOption)

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを、非同期フロー オプションを使用して初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified asynchronous flow option.

TransactionScope(TransactionScopeOption)

要件を指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements.

TransactionScope(Transaction, TimeSpan, TransactionScopeAsyncFlowOption)

[.NET Framework 4.5.1 以降のバージョンでサポート][Supported in the .NET Framework 4.5.1 and later versions] タイムアウト値を指定して TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value, and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionOptions)

要件を指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionOptions, TransactionScopeAsyncFlowOption)

[.NET Framework 4.5.1 以降のバージョンでサポート][Supported in the .NET Framework 4.5.1 and later versions] タイムアウト値と要件、非同期フロー オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements and asynchronous flow option.

TransactionScope(Transaction, TimeSpan)

タイムアウト値を指定して TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value, and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TimeSpan)

タイムアウト値と要件を指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value and requirements.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionScopeAsyncFlowOption)

タイムアウト値と要件、非同期フロー オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements and asynchronous flow option.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionOptions, EnterpriseServicesInteropOption)

スコープ、COM+ 相互運用性要件、およびトランザクション オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified scope and COM+ interoperability requirements, and transaction options.

TransactionScope(Transaction, TimeSpan, EnterpriseServicesInteropOption)

タイムアウト値と COM+ 相互運用性要件を指定して TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value and COM+ interoperability requirements, and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TimeSpan, TransactionScopeAsyncFlowOption)

タイムアウト値と要件、非同期フロー オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value, requirements, and asynchronous flow option.

TransactionScope()

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class.

public:
 TransactionScope();
public TransactionScope ();
Public Sub New ()

注釈

このコンストラクターは、と同じRequiredトランザクションスコープオプションを使用して、新しいトランザクションスコープを作成します。This constructor creates a new transaction scope with the transaction scope option equal to Required. これは、新しいスコープによってトランザクションが要求され、アンビエントトランザクションが既に存在する場合にそのトランザクションが使用されることを意味します。This means that a transaction is required by the new scope and the ambient transaction is used if one already exists. トランザクションが存在しない場合は、スコープに入る前に新しいトランザクションが作成されます。Otherwise, it creates a new transaction before entering the scope.

こちらもご覧ください

TransactionScope(Transaction)

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::Transaction ^ transaction);
public TransactionScope (System.Transactions.Transaction transaction);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.Transaction -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (transactionToUse As Transaction)

パラメーター

transactionToUse
Transaction

スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されるように、アンビエント トランザクションとして設定するトランザクション。The transaction to be set as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

こちらもご覧ください

TransactionScope(Transaction, TransactionScopeAsyncFlowOption)

[.NET Framework 4.5.1 以降のバージョンでサポート][Supported in the .NET Framework 4.5.1 and later versions] TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::Transaction ^ transactionToUse, System::Transactions::TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlowOption);
public TransactionScope (System.Transactions.Transaction transactionToUse, System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlowOption);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.Transaction * System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (transactionToUse As Transaction, asyncFlowOption As TransactionScopeAsyncFlowOption)

パラメーター

transactionToUse
Transaction

スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されるように、アンビエント トランザクションとして設定するトランザクション。The transaction to be set as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

asyncFlowOption
TransactionScopeAsyncFlowOption

タスク、async と、await .NET プログラミングを使用するときに、トランザクションのスコープに関連付けられたアンビエント トランザクションがスレッドの継続でフローするかどうかを表す TransactionScopeAsyncFlowOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeAsyncFlowOption enumeration that describes whether the ambient transaction associated with the transaction scope will flow across thread continuations when using Task or async/await .NET async programming patterns.

TransactionScope(TransactionScopeAsyncFlowOption)

TransactionScope クラスの新しいインスタンスを、非同期フロー オプションを使用して初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified asynchronous flow option.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlow);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlow);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (asyncFlow As TransactionScopeAsyncFlowOption)

パラメーター

asyncFlowOption
TransactionScopeAsyncFlowOption

タスク、async と、await .NET プログラミングを使用するときに、トランザクションのスコープに関連付けられたアンビエント トランザクションがスレッドの継続でフローするかどうかを表す TransactionScopeAsyncFlowOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeAsyncFlowOption enumeration that describes whether the ambient transaction associated with the transaction scope will flow across thread continuations when using Task or async/await .NET async programming patterns.

TransactionScope(TransactionScopeOption)

要件を指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption option);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption option);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (option As TransactionScopeOption)

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

こちらもご覧ください

TransactionScope(Transaction, TimeSpan, TransactionScopeAsyncFlowOption)

[.NET Framework 4.5.1 以降のバージョンでサポート][Supported in the .NET Framework 4.5.1 and later versions] タイムアウト値を指定して TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value, and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::Transaction ^ transactionToUse, TimeSpan scopeTimeout, System::Transactions::TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlowOption);
public TransactionScope (System.Transactions.Transaction transactionToUse, TimeSpan scopeTimeout, System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlowOption);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.Transaction * TimeSpan * System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (transactionToUse As Transaction, scopeTimeout As TimeSpan, asyncFlowOption As TransactionScopeAsyncFlowOption)

パラメーター

transactionToUse
Transaction

スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されるように、アンビエント トランザクションとして設定するトランザクション。The transaction to be set as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

scopeTimeout
TimeSpan

トランザクション スコープがタイムアウトしてトランザクションが中止されるまでの TimeSpanThe TimeSpan after which the transaction scope times out and aborts the transaction.

asyncFlowOption
TransactionScopeAsyncFlowOption

タスク、async と、await .NET プログラミングを使用するときに、トランザクションのスコープに関連付けられたアンビエント トランザクションがスレッドの継続でフローするかどうかを表す TransactionScopeAsyncFlowOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeAsyncFlowOption enumeration that describes whether the ambient transaction associated with the transaction scope will flow across thread continuations when using Task or async/await .NET async programming patterns.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionOptions)

要件を指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption scopeOption, System::Transactions::TransactionOptions options);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption scopeOption, System.Transactions.TransactionOptions options);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption * System.Transactions.TransactionOptions -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (scopeOption As TransactionScopeOption, options As TransactionOptions)

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

transactionOptions
TransactionOptions

新しいトランザクションが作成された場合に使用するトランザクション オプションを示す TransactionOptions 構造体。A TransactionOptions structure that describes the transaction options to use if a new transaction is created. 既存のトランザクションを使用する場合は、このパラメーターのタイムアウト値がトランザクション スコープに適用されます。If an existing transaction is used, the timeout value in this parameter applies to the transaction scope. スコープを破棄する前にその時間が経過してしまうと、トランザクションは中止されます。If that time expires before the scope is disposed, the transaction is aborted.

注釈

transactionOptionsパラメーターを使用してをIsolationLevel指定し、スコープで後でトランザクションを作成する場合、新しいトランザクションは指定した分離レベルに関連付けられます。When you use the transactionOptions parameter to specify an IsolationLevel, and the scope creates a transaction later, the new transaction is associated with the specified isolation level. 分離レベルがトランザクションと共に渡される場合、トランザクションの分離レベルは同じである必要があります。それ以外の場合は、例外がスローされます。If an isolation level is passed in together with a transaction, the transaction must have an identical isolation level, or an exception is thrown.

こちらもご覧ください

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionOptions, TransactionScopeAsyncFlowOption)

[.NET Framework 4.5.1 以降のバージョンでサポート][Supported in the .NET Framework 4.5.1 and later versions] タイムアウト値と要件、非同期フロー オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements and asynchronous flow option.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption scopeOption, System::Transactions::TransactionOptions transactionOptions, System::Transactions::TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlowOption);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption scopeOption, System.Transactions.TransactionOptions transactionOptions, System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlowOption);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption * System.Transactions.TransactionOptions * System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption -> System.Transactions.TransactionScope

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

transactionOptions
TransactionOptions

新しいトランザクションが作成された場合に使用するトランザクション オプションを示す TransactionOptions 構造体。A TransactionOptions structure that describes the transaction options to use if a new transaction is created. 既存のトランザクションを使用する場合は、このパラメーターのタイムアウト値がトランザクション スコープに適用されます。If an existing transaction is used, the timeout value in this parameter applies to the transaction scope. スコープを破棄する前にその時間が経過してしまうと、トランザクションは中止されます。If that time expires before the scope is disposed, the transaction is aborted.

asyncFlowOption
TransactionScopeAsyncFlowOption

タスク、async と、await .NET プログラミングを使用するときに、トランザクションのスコープに関連付けられたアンビエント トランザクションがスレッドの継続でフローするかどうかを表す TransactionScopeAsyncFlowOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeAsyncFlowOption enumeration that describes whether the ambient transaction associated with the transaction scope will flow across thread continuations when using Task or async/await .NET async programming patterns.

TransactionScope(Transaction, TimeSpan)

タイムアウト値を指定して TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value, and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::Transaction ^ transaction, TimeSpan timeout);
public TransactionScope (System.Transactions.Transaction transaction, TimeSpan timeout);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.Transaction * TimeSpan -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (transactionToUse As Transaction, scopeTimeout As TimeSpan)

パラメーター

transactionToUse
Transaction

スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されるように、アンビエント トランザクションとして設定するトランザクション。The transaction to be set as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

scopeTimeout
TimeSpan

トランザクション スコープがタイムアウトしてトランザクションが中止されるまでの TimeSpanThe TimeSpan after which the transaction scope times out and aborts the transaction.

こちらもご覧ください

TransactionScope(TransactionScopeOption, TimeSpan)

タイムアウト値と要件を指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value and requirements.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption option, TimeSpan timeout);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption option, TimeSpan timeout);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption * TimeSpan -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (option As TransactionScopeOption, timeout As TimeSpan)

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

scopeTimeout
TimeSpan

トランザクション スコープがタイムアウトしてトランザクションが中止されるまでの TimeSpanThe TimeSpan after which the transaction scope times out and aborts the transaction.

こちらもご覧ください

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionScopeAsyncFlowOption)

タイムアウト値と要件、非同期フロー オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified requirements and asynchronous flow option.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption option, System::Transactions::TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlow);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption option, System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlow);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption * System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (option As TransactionScopeOption, asyncFlow As TransactionScopeAsyncFlowOption)

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

asyncFlowOption
TransactionScopeAsyncFlowOption

タスク、async と、await .NET プログラミングを使用するときに、トランザクションのスコープに関連付けられたアンビエント トランザクションがスレッドの継続でフローするかどうかを表す TransactionScopeAsyncFlowOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeAsyncFlowOption enumeration that describes whether the ambient transaction associated with the transaction scope will flow across thread continuations when using Task or async/await .NET async programming patterns.

TransactionScope(TransactionScopeOption, TransactionOptions, EnterpriseServicesInteropOption)

スコープ、COM+ 相互運用性要件、およびトランザクション オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified scope and COM+ interoperability requirements, and transaction options.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption scopeOption, System::Transactions::TransactionOptions options, System::Transactions::EnterpriseServicesInteropOption opt);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption scopeOption, System.Transactions.TransactionOptions options, System.Transactions.EnterpriseServicesInteropOption opt);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption * System.Transactions.TransactionOptions * System.Transactions.EnterpriseServicesInteropOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (scopeOption As TransactionScopeOption, options As TransactionOptions, opt As EnterpriseServicesInteropOption)

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

transactionOptions
TransactionOptions

新しいトランザクションが作成された場合に使用するトランザクション オプションを示す TransactionOptions 構造体。A TransactionOptions structure that describes the transaction options to use if a new transaction is created. 既存のトランザクションを使用する場合は、このパラメーターのタイムアウト値がトランザクション スコープに適用されます。If an existing transaction is used, the timeout value in this parameter applies to the transaction scope. スコープを破棄する前にその時間が経過してしまうと、トランザクションは中止されます。If that time expires before the scope is disposed, the transaction is aborted.

interopOption
EnterpriseServicesInteropOption

関連付けられているトランザクションが COM+ トランザクションとやり取りする方法を示す EnterpriseServicesInteropOption 列挙体のインスタンス。An instance of the EnterpriseServicesInteropOption enumeration that describes how the associated transaction interacts with COM+ transactions.

注釈

transactionOptionsパラメーターを使用してをIsolationLevel指定し、スコープで後でトランザクションを作成する場合、新しいトランザクションは指定した分離レベルに関連付けられます。When you use the transactionOptions parameter to specify an IsolationLevel, and the scope creates a transaction later, the new transaction is associated with the specified isolation level. 分離レベルがトランザクションと共に渡される場合、トランザクションの分離レベルは同じである必要があります。それ以外の場合は、例外がスローされます。If an isolation level is passed in together with a transaction, the transaction must have an identical isolation level, or an exception is thrown.

メモこのメソッドはLinkDemand 、を使用して信頼されていないコードから呼び出されないようにします。 FullTrustただし、アクセス許可セットを保持するには、直前の呼び出し元だけが必要です。Note This method uses LinkDemand to prevent it from being called from untrusted code; however, only the immediate caller is required to possess the FullTrust permission set.

こちらもご覧ください

TransactionScope(Transaction, TimeSpan, EnterpriseServicesInteropOption)

タイムアウト値と COM+ 相互運用性要件を指定して TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化し、指定したトランザクションをアンビエント トランザクションとして設定します。これによって、スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されます。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value and COM+ interoperability requirements, and sets the specified transaction as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::Transaction ^ transaction, TimeSpan timeout, System::Transactions::EnterpriseServicesInteropOption opt);
public TransactionScope (System.Transactions.Transaction transaction, TimeSpan timeout, System.Transactions.EnterpriseServicesInteropOption opt);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.Transaction * TimeSpan * System.Transactions.EnterpriseServicesInteropOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (transactionToUse As Transaction, scopeTimeout As TimeSpan, interopOption As EnterpriseServicesInteropOption)

パラメーター

transactionToUse
Transaction

スコープ内で実行されるトランザクション作業でこのトランザクションが使用されるように、アンビエント トランザクションとして設定するトランザクション。The transaction to be set as the ambient transaction, so that transactional work done inside the scope uses this transaction.

scopeTimeout
TimeSpan

トランザクション スコープがタイムアウトしてトランザクションが中止されるまでの TimeSpanThe TimeSpan after which the transaction scope times out and aborts the transaction.

interopOption
EnterpriseServicesInteropOption

関連付けられているトランザクションが COM+ トランザクションとやり取りする方法を示す EnterpriseServicesInteropOption 列挙体のインスタンス。An instance of the EnterpriseServicesInteropOption enumeration that describes how the associated transaction interacts with COM+ transactions.

注釈

メモこのメソッドはLinkDemand 、を使用して信頼されていないコードから呼び出されないようにします。 FullTrustただし、アクセス許可セットを保持するには、直前の呼び出し元だけが必要です。Note This method uses LinkDemand to prevent it from being called from untrusted code; however, only the immediate caller is required to possess the FullTrust permission set.

こちらもご覧ください

TransactionScope(TransactionScopeOption, TimeSpan, TransactionScopeAsyncFlowOption)

タイムアウト値と要件、非同期フロー オプションを指定して、TransactionScope クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TransactionScope class with the specified timeout value, requirements, and asynchronous flow option.

public:
 TransactionScope(System::Transactions::TransactionScopeOption option, TimeSpan timeout, System::Transactions::TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlow);
public TransactionScope (System.Transactions.TransactionScopeOption option, TimeSpan timeout, System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption asyncFlow);
new System.Transactions.TransactionScope : System.Transactions.TransactionScopeOption * TimeSpan * System.Transactions.TransactionScopeAsyncFlowOption -> System.Transactions.TransactionScope
Public Sub New (option As TransactionScopeOption, timeout As TimeSpan, asyncFlow As TransactionScopeAsyncFlowOption)

パラメーター

scopeOption
TransactionScopeOption

このトランザクション スコープに関連付けられているトランザクション要件を示す TransactionScopeOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeOption enumeration that describes the transaction requirements associated with this transaction scope.

scopeTimeout
TimeSpan

トランザクション スコープがタイムアウトしてトランザクションが中止されるまでの TimeSpanThe TimeSpan after which the transaction scope times out and aborts the transaction.

asyncFlowOption
TransactionScopeAsyncFlowOption

タスク、async と、await .NET プログラミングを使用するときに、トランザクションのスコープに関連付けられたアンビエント トランザクションがスレッドの継続でフローするかどうかを表す TransactionScopeAsyncFlowOption 列挙体のインスタンス。An instance of the TransactionScopeAsyncFlowOption enumeration that describes whether the ambient transaction associated with the transaction scope will flow across thread continuations when using Task or async/await .NET async programming patterns.

適用対象