TypedReference 構造体

定義

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

場所を指すマネージド ポインターと、その場所に格納できる型のランタイム表現の両方を格納するオブジェクトを記述します。

public value class TypedReference
[System.CLSCompliant(false)]
public struct TypedReference
[System.CLSCompliant(false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public struct TypedReference
[<System.CLSCompliant(false)>]
type TypedReference = struct
[<System.CLSCompliant(false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type TypedReference = struct
Public Structure TypedReference
継承
TypedReference
属性

注釈

型指定された参照は、varargs およびその他のサポートに使用される型と値の組み合わせです。 TypedReference は、パラメーターおよびローカル変数に使用できる組み込みの値型です。

オブジェクトの配列を TypedReference 作成できません。 たとえば、次の呼び出しは無効です。

Assembly::Load("mscorlib.dll")->GetType("System.TypedReference[]");
Assembly.Load("mscorlib.dll").GetType("System.TypedReference[]");
Assembly.Load("mscorlib.dll").GetType("System.TypedReference[]")

メソッド

Equals(Object)

このオブジェクトが、指定したオブジェクトと同一かどうかを確認します。

GetHashCode()

このオブジェクトのハッシュ コードを返します。

GetTargetType(TypedReference)

指定した TypedReference の対象である型を返します。

MakeTypedReference(Object, FieldInfo[])

指定したオブジェクトとフィールド記述の一覧によって識別されるフィールドの TypedReference を作成します。

SetTypedReference(TypedReference, Object)

指定した値を TypedReference に変換します。 このメソッドはサポートされていません。

TargetTypeToken(TypedReference)

指定した TypedReference の内部メタデータ型ハンドルを返します。

ToObject(TypedReference)

指定した TypedReferenceObject に変換します。

適用対象