UInt32.ToString メソッド

定義

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

オーバーロード

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(String, IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(String)

このインスタンスの数値を、指定した書式を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString()

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(IFormatProvider ^ provider);
public:
 System::String ^ ToString(IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (IFormatProvider provider);
public string ToString (IFormatProvider? provider);
override this.ToString : IFormatProvider -> string
Public Function ToString (provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

String

0 から 9 までの一連の数字で構成され、符号も先行ゼロも含まない、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

次の例では、インバリアントカルチャに対して1つを含む複数の書式プロバイダーを使用して、16ビット符号付き整数値の書式を設定します。 この例の出力は、書式プロバイダーに関係なく、メソッドによって返される書式設定された文字列が同じであることを示してい ToString(IFormatProvider) ます。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Define an array of CultureInfo objects.
      CultureInfo[] ci = { new CultureInfo("en-US"), 
                           new CultureInfo("fr-FR"), 
                           CultureInfo.InvariantCulture }; 
      uint value = 1870924;
      Console.WriteLine("  {0,12}   {1,12}   {2,12}", 
                        GetName(ci[0]), GetName(ci[1]), GetName(ci[2])); 
      Console.WriteLine("  {0,12}   {1,12}   {2,12}", 
                        value.ToString(ci[0]), value.ToString(ci[1]), value.ToString(ci[2]));   
   }

   private static string GetName(CultureInfo ci)
   {
      if (ci.Equals(CultureInfo.InvariantCulture))
         return "Invariant";
      else
         return ci.Name;         
   }
}
// The example displays the following output:
//             en-US          fr-FR      Invariant
//           1870924        1870924        1870924
Imports System.Globalization

Module Example
   Public Sub Main()
      ' Define an array of CultureInfo objects.
      Dim ci() As CultureInfo = { New CultureInfo("en-US"), _
                                  New CultureInfo("fr-FR"), _
                                  CultureInfo.InvariantCulture } 
      Dim value As UInteger = 1870924
      Console.WriteLine("  {0,12}   {1,12}   {2,12}", _
                        GetName(ci(0)), GetName(ci(1)), GetName(ci(2))) 
      Console.WriteLine("  {0,12}   {1,12}   {2,12}", _
                        value.ToString(ci(0)), value.ToString(ci(1)), value.ToString(ci(2)))            
      
   End Sub
   
   Private Function GetName(ci As CultureInfo) As String
      If ci.Equals(CultureInfo.InvariantCulture) Then
         Return "Invariant"
      Else
         Return ci.Name
      End If   
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'        en-US          fr-FR      Invariant
'      1870924        1870924        1870924

注釈

メソッドは、 ToString(IFormatProvider) UInt32 NumberFormatInfo 指定されたカルチャのオブジェクトを使用して、既定の ("G" または "general") 形式の値を書式設定します。 別の形式または現在のカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定の (現在の) カルチャ ToString()
特定の形式 既定の (現在の) カルチャ ToString(String)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

providerパラメーターは、の IFormatProvider 実装です。 この GetFormat メソッドは、 NumberFormatInfo カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクトを返します。 ただし、 NumberFormatInfo 標準の数値書式指定子 ("G") を使用して書式設定する場合、のプロパティは使用されません。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString(String, IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(System::String ^ format, IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (string format, IFormatProvider provider);
public string ToString (string? format, IFormatProvider? provider);
override this.ToString : string * IFormatProvider -> string
Public Function ToString (format As String, provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

format
String

数値書式指定文字列。

provider
IFormatProvider

このインスタンスに関するカルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

String

format および provider で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

例外

format パラメーターが正しくありません。

次の例では、標準の数値書式指定子と多数の特定のオブジェクトを使用して、32 ビット符号なし整数値を表示 CultureInfo します。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Define cultures whose formatting conventions are to be used.
      CultureInfo[] cultures = { CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US"), 
                                 CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR"), 
                                 CultureInfo.CreateSpecificCulture("es-ES") };
      string[] specifiers = {"G", "C", "D4", "E2", "F", "N", "P", "X2"}; 
      uint value = 2222402;
      
      foreach (string specifier in specifiers)
      {
         foreach (CultureInfo culture in cultures)
            Console.WriteLine("{0,2} format using {1} culture: {2, 18}",  
                              specifier, culture.Name, 
                              value.ToString(specifier, culture));
         Console.WriteLine();
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//        G format using en-US culture:            2222402
//        G format using fr-FR culture:            2222402
//        G format using es-ES culture:            2222402
//       
//        C format using en-US culture:      $2,222,402.00
//        C format using fr-FR culture:     2 222 402,00 €
//        C format using es-ES culture:     2.222.402,00 €
//       
//       D4 format using en-US culture:            2222402
//       D4 format using fr-FR culture:            2222402
//       D4 format using es-ES culture:            2222402
//       
//       E2 format using en-US culture:          2.22E+006
//       E2 format using fr-FR culture:          2,22E+006
//       E2 format using es-ES culture:          2,22E+006
//       
//        F format using en-US culture:         2222402.00
//        F format using fr-FR culture:         2222402,00
//        F format using es-ES culture:         2222402,00
//       
//        N format using en-US culture:       2,222,402.00
//        N format using fr-FR culture:       2 222 402,00
//        N format using es-ES culture:       2.222.402,00
//       
//        P format using en-US culture:   222,240,200.00 %
//        P format using fr-FR culture:   222 240 200,00 %
//        P format using es-ES culture:   222.240.200,00 %
//       
//       X2 format using en-US culture:             21E942
//       X2 format using fr-FR culture:             21E942
//       X2 format using es-ES culture:             21E942
Imports System.Globalization

Module Example
   Public Sub Main()
      ' Define cultures whose formatting conventions are to be used.
      Dim cultures() As CultureInfo = {CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US"), _
                                       CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR"), _
                                       CultureInfo.CreateSpecificCulture("es-ES") }
      Dim specifiers() As String = {"G", "C", "D4", "E2", "F", "N", "P", "X2"} 
      Dim value As UInteger = 2222402
      
      For Each specifier As String In specifiers
         For Each culture As CultureInfo In Cultures
            Console.WriteLine("{0,2} format using {1} culture: {2, 18}", _ 
                              specifier, culture.Name, _
                              value.ToString(specifier, culture))

         Next
         Console.WriteLine()
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'        G format using en-US culture:            2222402
'        G format using fr-FR culture:            2222402
'        G format using es-ES culture:            2222402
'       
'        C format using en-US culture:      $2,222,402.00
'        C format using fr-FR culture:     2 222 402,00 €
'        C format using es-ES culture:     2.222.402,00 €
'       
'       D4 format using en-US culture:            2222402
'       D4 format using fr-FR culture:            2222402
'       D4 format using es-ES culture:            2222402
'       
'       E2 format using en-US culture:          2.22E+006
'       E2 format using fr-FR culture:          2,22E+006
'       E2 format using es-ES culture:          2,22E+006
'       
'        F format using en-US culture:         2222402.00
'        F format using fr-FR culture:         2222402,00
'        F format using es-ES culture:         2222402,00
'       
'        N format using en-US culture:       2,222,402.00
'        N format using fr-FR culture:       2 222 402,00
'        N format using es-ES culture:       2.222.402,00
'       
'        P format using en-US culture:   222,240,200.00 %
'        P format using fr-FR culture:   222 240 200,00 %
'        P format using es-ES culture:   222.240.200,00 %
'       
'       X2 format using en-US culture:             21E942
'       X2 format using fr-FR culture:             21E942
'       X2 format using es-ES culture:             21E942

注釈

メソッド ToString(String, IFormatProvider) は、指定した UInt32 カルチャの オブジェクトを使用して、指定した NumberFormatInfo 形式で値を書式設定します。 既定の形式またはカルチャ設定を使用する場合は、次のように、 メソッドの他のオーバーロード ToString を使用します。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定 (現在の) カルチャ ToString()
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 既定 (現在の) カルチャ ToString(String)

パラメーター format には、任意の有効な 標準数値書式指定文字列 、またはカスタム数値書式指定文字列 の 任意の組み合わせを指定できます。 が または の場合、現在の オブジェクトの戻り値は、一般的な書式指定子 format String.Empty null UInt32 ("G") で書式設定されます。 が format 他の値の場合、 メソッドは をスローします FormatException

.NET には、次の書式設定に関するトピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

パラメーター provider は実装 IFormatProvider です。 その GetFormat メソッドは、このメソッドによって返される文字列の形式に関するカルチャ固有の情報を提供 NumberFormatInfo する オブジェクトを返します。 メソッドが ToString(String, IFormatProvider) 呼び出されると、パラメーターの メソッドを呼び出し、型を表す provider IFormatProvider.GetFormat Type オブジェクトを渡 NumberFormatInfo します。 次に、 メソッドは、グループ区切り記号や小数点記号など、現在の値を書式設定する情報を提供する オブジェクト GetFormat NumberFormatInfo UInt32 を返します。 パラメーターを使用して書式設定情報を provider メソッドに提供するには、次の 3 つの方法 ToString(String, IFormatProvider) があります。

  • 書式設定情報を CultureInfo 提供するカルチャを表す オブジェクトを渡します。 その GetFormat メソッドは、そのカルチャ NumberFormatInfo の数値書式情報を提供する オブジェクトを返します。

  • 数値書式情報を提供 NumberFormatInfo する実際の オブジェクトを渡します。 (の実装 GetFormat では、それ自体が返されます)。

  • を実装するカスタム オブジェクトを渡できます IFormatProvider 。 メソッド GetFormat は をインスタンス化し、書式設定情報 NumberFormatInfo を提供する オブジェクトを返します。

providernull 場合、返される文字列の書式設定は、現在のカルチャ NumberFormatInfo の オブジェクトに基づいて行います。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString(String)

このインスタンスの数値を、指定した書式を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 System::String ^ ToString(System::String ^ format);
public string ToString (string format);
public string ToString (string? format);
override this.ToString : string -> string
Public Function ToString (format As String) As String

パラメーター

format
String

数値書式指定文字列。

戻り値

String

format で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

例外

format パラメーターが正しくありません。

次の例では、各標準書式指定文字列といくつかのカスタム書式指定文字列を使用して、32ビットの符号なし整数値を表示します。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      uint value = 2179608;
      string[] specifiers = { "G", "C", "D3", "E2", "e3", "F", 
                              "N", "P", "X", "000000.0", "#.0", 
                              "00000000;(0);**Zero**" };
      
      foreach (string specifier in specifiers)
         Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
   }
}
// The example displays the following output:
//       G: 2179608
//       C: $2,179,608.00
//       D3: 2179608
//       E2: 2.18E+006
//       e3: 2.180e+006
//       F: 2179608.00
//       N: 2,179,608.00
//       P: 217,960,800.00 %
//       X: 214218
//       000000.0: 2179608.0
//       #.0: 2179608.0
//       00000000;(0);**Zero**: 02179608
Imports System.Globalization

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim value As UInteger = 2179608 
      Dim specifiers() As String = { "G", "C", "D3", "E2", "e3", "F", _
                                     "N", "P", "X", "000000.0", "#.0", _
                                     "00000000;(0);**Zero**" }
      
      For Each specifier As String In specifiers
         Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       G: 2179608
'       C: $2,179,608.00
'       D3: 2179608
'       E2: 2.18E+006
'       e3: 2.180e+006
'       F: 2179608.00
'       N: 2,179,608.00
'       P: 217,960,800.00 %
'       X: 214218
'       000000.0: 2179608.0
'       #.0: 2179608.0
'       00000000;(0);**Zero**: 02179608

注釈

メソッドは、 ToString(String) UInt32 現在の NumberFormatInfo カルチャの規則を表すオブジェクトを使用して、指定した書式で値の書式を設定します。 既定の形式 ("G" または一般) を使用する場合、または別のカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定の (現在の) カルチャ ToString()
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

パラメーターには、 format 任意の有効な 標準の数値書式指定文字列、またはカスタムの 数値書式指定文字列の任意の組み合わせを指定できます。 formatがまたはに等しい場合 String.Empty null 、現在のオブジェクトの戻り値 UInt32 は、一般書式指定子 ("G") で書式設定されます。 formatがその他の値の場合、メソッドはをスロー FormatException します。

.NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。

返される文字列の形式は、現在のカルチャのオブジェクトによって決定され NumberFormatInfo ます。 パラメーターに応じて format 、このオブジェクトは、出力文字列内の区切り記号や小数点の記号などの記号を制御します。 現在のカルチャ以外のカルチャの書式設定情報を提供するには、オーバーロードを呼び出し ToString(String, IFormatProvider) ます。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString()

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 override System::String ^ ToString();
public override string ToString ();
override this.ToString : unit -> string
Public Overrides Function ToString () As String

戻り値

String

0 から 9 までの一連の数字から構成され、符号または先行ゼロを含まない、このインスタンスの値の文字列形式。

次の例では、 UInt32 既定のメソッドを使用して値を表示し ToString() ます。 また、 UInt32 一部の標準書式指定子を使用した結果得られる値の文字列形式も表示されます。 これらの例は、en-us カルチャの書式指定規則を使用して表示されます。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      uint value = 1632490;
      // Display value using default ToString method.
      Console.WriteLine(value.ToString());      
      Console.WriteLine();
      
      // Define an array of format specifiers.
      string[] formats = { "G", "C", "D", "F", "N", "X" };
      // Display value using the standard format specifiers.
      foreach (string format in formats)
         Console.WriteLine("{0} format specifier: {1,16}", 
                           format, value.ToString(format));         
   }
}
// The example displays the following output:
//       1632490
//       
//       G format specifier:          1632490
//       C format specifier:    $1,632,490.00
//       D format specifier:          1632490
//       F format specifier:       1632490.00
//       N format specifier:     1,632,490.00
//       X format specifier:           18E8EA
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim value As UInteger = 1632490
      ' Display value using default ToString method.
      Console.WriteLine(value.ToString())            
      Console.WriteLine()
      
      ' Define an array of format specifiers.
      Dim formats() As String = { "G", "C", "D", "F", "N", "X" }
      ' Display value using the standard format specifiers.
      For Each format As String In formats
         Console.WriteLine("{0} format specifier: {1,16}", _
                           format, value.ToString(format))         
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       1632490
'       
'       G format specifier:          1632490
'       C format specifier:    $1,632,490.00
'       D format specifier:          1632490
'       F format specifier:       1632490.00
'       N format specifier:     1,632,490.00
'       X format specifier:           18E8EA

注釈

メソッドは、 ToString() UInt32 現在のカルチャのオブジェクトを使用して、既定の ("G" または "general") 形式の値を書式設定し NumberFormatInfo ます。 別の形式またはカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 既定の (現在の) カルチャ ToString(String)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

こちらもご覧ください

適用対象