UIntPtr.TryParse メソッド

定義

オーバーロード

TryParse(ReadOnlySpan<Char>, UIntPtr)

数値の文字表現の読み取り専用スパンを、等価の符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

TryParse(String, UIntPtr)

数値の文字列形式を、それと等価な符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

TryParse(String, IFormatProvider, UIntPtr)
TryParse(ReadOnlySpan<Char>, NumberStyles, IFormatProvider, UIntPtr)

指定したスタイルおよびカルチャ固有の形式の数値の文字表現の読み取り専用スパンを、等価の符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

TryParse(ReadOnlySpan<Char>, IFormatProvider, UIntPtr)
TryParse(String, NumberStyles, IFormatProvider, UIntPtr)

指定されたスタイルとカルチャに固有の書式による数値の文字列形式を、それと等価な符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

TryParse(ReadOnlySpan<Char>, UIntPtr)

数値の文字表現の読み取り専用スパンを、等価の符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

public:
 static bool TryParse(ReadOnlySpan<char> s, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result);
public static bool TryParse (ReadOnlySpan<char> s, out UIntPtr result);
static member TryParse : ReadOnlySpan<char> * unativeint -> bool
Public Shared Function TryParse (s As ReadOnlySpan(Of Char), ByRef result As UIntPtr) As Boolean

パラメーター

s
ReadOnlySpan<Char>

変換する数値を含む文字の読み取り専用スパン。

result
UIntPtr

unativeint

変換が成功した場合、このメソッドが返されるときに、s に格納された数値と等価の符号なしネイティブ整数値が格納されます。変換に失敗した場合は、0 が格納されます。 パラメーターが空であるか、正しい形式ではないか、またはより小さいMinValueか大きいMaxValue数値を表す場合s、変換は失敗します。 このパラメーターは、初期化されていない状態で渡されます。result にもともと入っていた値は上書きされます。

戻り値

Boolean

s が正常に変換された場合は true。それ以外の場合は false

適用対象

TryParse(String, UIntPtr)

数値の文字列形式を、それと等価な符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

public:
 static bool TryParse(System::String ^ s, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result);
public static bool TryParse (string? s, out UIntPtr result);
static member TryParse : string * unativeint -> bool
Public Shared Function TryParse (s As String, ByRef result As UIntPtr) As Boolean

パラメーター

s
String

変換する数値を含む文字列。

result
UIntPtr

unativeint

変換が成功した場合、このメソッドが返されるときに、s に格納された数値と等価の符号なしネイティブ整数値が格納されます。変換に失敗した場合は、0 が格納されます。 パラメーターがnull空であるか、正しい形式ではないか、またはより小さいMinValueか大きいMaxValue数値を表す場合s、変換は失敗します。 このパラメーターは、初期化されていない状態で渡されます。result にもともと入っていた値は上書きされます。

戻り値

Boolean

s が正常に変換された場合は true。それ以外の場合は false

適用対象

TryParse(String, IFormatProvider, UIntPtr)

public:
 static bool TryParse(System::String ^ s, IFormatProvider ^ provider, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result) = IParsable<UIntPtr>::TryParse;
public static bool TryParse (string? s, IFormatProvider? provider, out UIntPtr result);
static member TryParse : string * IFormatProvider * unativeint -> bool
Public Shared Function TryParse (s As String, provider As IFormatProvider, ByRef result As UIntPtr) As Boolean

パラメーター

s
String
provider
IFormatProvider
result
UIntPtr

unativeint

戻り値

Boolean

適用対象

TryParse(ReadOnlySpan<Char>, NumberStyles, IFormatProvider, UIntPtr)

指定したスタイルおよびカルチャ固有の形式の数値の文字表現の読み取り専用スパンを、等価の符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

public:
 static bool TryParse(ReadOnlySpan<char> s, System::Globalization::NumberStyles style, IFormatProvider ^ provider, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result);
public:
 static bool TryParse(ReadOnlySpan<char> s, System::Globalization::NumberStyles style, IFormatProvider ^ provider, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result) = System::Numerics::INumberBase<UIntPtr>::TryParse;
public static bool TryParse (ReadOnlySpan<char> s, System.Globalization.NumberStyles style, IFormatProvider? provider, out UIntPtr result);
static member TryParse : ReadOnlySpan<char> * System.Globalization.NumberStyles * IFormatProvider * unativeint -> bool
Public Shared Function TryParse (s As ReadOnlySpan(Of Char), style As NumberStyles, provider As IFormatProvider, ByRef result As UIntPtr) As Boolean

パラメーター

s
ReadOnlySpan<Char>

変換する数値を含む文字の読み取り専用スパン。 このスパンは、style で指定されたスタイルを使用して解釈されます。

style
NumberStyles

s で存在する可能性を持つスタイル要素を示す、列挙値のビットごとの組み合わせ。

provider
IFormatProvider

s に関するカルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

result
UIntPtr

unativeint

変換が成功した場合、このメソッドが返されるときに、s に格納された数値と等価の符号なしネイティブ整数値が格納されます。変換に失敗した場合は、0 が格納されます。 パラメーターが空であるか、正しい形式ではないか、またはより小さいMinValueか大きいMaxValue数値を表す場合s、変換は失敗します。 このパラメーターは、初期化されていない状態で渡されます。result にもともと入っていた値は上書きされます。

戻り値

Boolean

s が正常に変換された場合は true。それ以外の場合は false

適用対象

TryParse(ReadOnlySpan<Char>, IFormatProvider, UIntPtr)

public:
 static bool TryParse(ReadOnlySpan<char> s, IFormatProvider ^ provider, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result) = ISpanParsable<UIntPtr>::TryParse;
public static bool TryParse (ReadOnlySpan<char> s, IFormatProvider? provider, out UIntPtr result);
static member TryParse : ReadOnlySpan<char> * IFormatProvider * unativeint -> bool
Public Shared Function TryParse (s As ReadOnlySpan(Of Char), provider As IFormatProvider, ByRef result As UIntPtr) As Boolean

パラメーター

provider
IFormatProvider
result
UIntPtr

unativeint

戻り値

Boolean

適用対象

TryParse(String, NumberStyles, IFormatProvider, UIntPtr)

指定されたスタイルとカルチャに固有の書式による数値の文字列形式を、それと等価な符号なしネイティブ整数に変換します。 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。

public:
 static bool TryParse(System::String ^ s, System::Globalization::NumberStyles style, IFormatProvider ^ provider, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result);
public:
 static bool TryParse(System::String ^ s, System::Globalization::NumberStyles style, IFormatProvider ^ provider, [Runtime::InteropServices::Out] UIntPtr % result) = System::Numerics::INumberBase<UIntPtr>::TryParse;
public static bool TryParse (string? s, System.Globalization.NumberStyles style, IFormatProvider? provider, out UIntPtr result);
static member TryParse : string * System.Globalization.NumberStyles * IFormatProvider * unativeint -> bool
Public Shared Function TryParse (s As String, style As NumberStyles, provider As IFormatProvider, ByRef result As UIntPtr) As Boolean

パラメーター

s
String

変換する数値を含む文字列。 文字列は、style で指定されたスタイルを使用して解釈されます。

style
NumberStyles

s で存在する可能性を持つスタイル要素を示す、列挙値のビットごとの組み合わせ。

provider
IFormatProvider

s に関するカルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

result
UIntPtr

unativeint

変換が成功した場合、このメソッドが返されるときに、s に格納された数値と等価の符号なしネイティブ整数値が格納されます。変換に失敗した場合は、0 が格納されます。 パラメーターがnull空であるか、正しい形式ではないか、またはより小さいMinValueか大きいMaxValue数値を表す場合s、変換は失敗します。 このパラメーターは、初期化されていない状態で渡されます。result にもともと入っていた値は上書きされます。

戻り値

Boolean

s が正常に変換された場合は true。それ以外の場合は false

適用対象