UnhandledExceptionEventHandler 代理人

定義

アプリケーション ドメインで処理されない例外によって発生したイベントを処理するメソッドを表します。

public delegate void UnhandledExceptionEventHandler(System::Object ^ sender, UnhandledExceptionEventArgs ^ e);
public delegate void UnhandledExceptionEventHandler(object sender, UnhandledExceptionEventArgs e);
[System.Serializable]
public delegate void UnhandledExceptionEventHandler(object sender, UnhandledExceptionEventArgs e);
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public delegate void UnhandledExceptionEventHandler(object sender, UnhandledExceptionEventArgs e);
type UnhandledExceptionEventHandler = delegate of obj * UnhandledExceptionEventArgs -> unit
[<System.Serializable>]
type UnhandledExceptionEventHandler = delegate of obj * UnhandledExceptionEventArgs -> unit
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type UnhandledExceptionEventHandler = delegate of obj * UnhandledExceptionEventArgs -> unit
Public Delegate Sub UnhandledExceptionEventHandler(sender As Object, e As UnhandledExceptionEventArgs)

パラメーター

sender
Object

未処理の例外イベントのソース。

e
UnhandledExceptionEventArgs

イベント データを格納している UnhandledExceptionEventArgs

属性

注釈

は、 UnhandledExceptionEventHandler アプリケーションを実行するためにシステムによって作成される既定のアプリケーションドメインに対してのみ指定できます。 UnhandledExceptionEventHandler AppDomain アプリケーションによって作成されたに対してを指定しても、効果はありません。

UnhandledExceptionEventHandler デリゲートを作成する場合は、イベントを処理するメソッドを指定します。 イベントハンドラーをイベントに関連付けるには、デリゲートのインスタンスをイベントに追加します。 イベント ハンドラーは、デリゲートを削除しない限り、イベントが発生するたびに呼び出されます。 イベントハンドラーデリゲートの詳細については、「 イベントの処理と発生」を参照してください。

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象

こちらもご覧ください