Uri.IdnHost Uri.IdnHost Uri.IdnHost Uri.IdnHost Property

定義

ホストの RFC 3490 準拠国際ドメイン名 (該当する場合には Punycode を使用する)。The RFC 3490 compliant International Domain Name of the host, using Punycode as appropriate. この文字列は、必要に応じてエスケープを解除後、DNS の解決に安全に使用できます。This string, after being unescaped if necessary, is safe to use for DNS resolution.

public:
 property System::String ^ IdnHost { System::String ^ get(); };
public string IdnHost { get; }
member this.IdnHost : string
Public ReadOnly Property IdnHost As String

プロパティ値

IDN 標準に従って Punycode で書式設定されたホスト名。The hostname, formatted with Punycode according to the IDN standard.

例外

このインスタンスは相対 URI を表します。このプロパティは、絶対 URI でのみ有効です。This instance represents a relative URI, and this property is valid only for absolute URIs.

注釈

このプロパティは、Punycode 形式でドメイン名を必要とする低レベルのネットワークプロトコルを使用するために用意されています。This property is provided for the use of lower-level networking protocols that require the domain name in Punycode form. コードが特定の形式を必要としない場合Hostは、ホスト名としてを使用します。If your code does not require that specific format, use Host for the hostname.

非推奨DnsSafeHostのプロパティはapp.config設定に依存しており、これは Windows ストアアプリケーションでは変更できません。The deprecated DnsSafeHost property is dependent on app.config settings, which cannot be changed by Windows Store applications. Idnhost は、現在のapp.config設定がどのDnsSafeHostようなIdnHostものであっても、常に DNS セーフであることが保証されるため、を使用するための推奨される代替手段として提供されます。IdnHost is provided as the preferred alternative to using DnsSafeHost, because IdnHost is guaranteed to always be DNS safe, no matter what the current app.config settings might be.

エスケープされた文字列を使用して"http://[fe80::200:39ff:fe36:1a2d%254]/temp/example.htm"このインスタンスを構築した場合 (など)、idnhost はエスケープされた文字列を返します。If you used an escaped string to construct this instance (for example, "http://[fe80::200:39ff:fe36:1a2d%254]/temp/example.htm"), then IdnHost returns an escaped string. DNS 解決にその文字列を使用する前に、IdnHost から返されたエスケープ文字列を unescape する必要があります。You should unescape any escaped string returned from IdnHost before using that string for DNS resolution. エスケープされていない無効な文字列を使用してこのインスタンスを構築した場合 (たとえば、"http://[fe80:: 200: 39ff: fe36: 1a2d% 4]/temp/example.htm")、IdnHost はエスケープされていない文字列を返します。Be aware that if you used an invalid unescaped string to construct this instance (for example, "http://[fe80::200:39ff:fe36:1a2d%4]/temp/example.htm"), then IdnHost returns an unescaped string.

適用対象