HttpRuntimeSection.EncoderType プロパティ

定義

HTML エンコードおよび URL エンコードの処理に使用できるカスタムの型の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of a custom type that can be used to handle HTML and URL encoding.

public:
 property System::String ^ EncoderType { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Configuration.ConfigurationProperty("encoderType", DefaultValue=Mono.Cecil.CustomAttributeArgument)]
[System.Configuration.StringValidator(MinLength=1)]
public string EncoderType { get; set; }
member this.EncoderType : string with get, set
Public Property EncoderType As String

プロパティ値

HTML エンコードおよび URL エンコードの処理に使用できる型の名前。The name of a type that can be used to handle HTML and URL encoding.

属性

注釈

ASP.NET は、 HttpEncoder HTML および URL エンコードタスクの既定のハンドラーとして型を使用します。ASP.NET uses the HttpEncoder type as the default handler for HTML and URL encoding tasks.

エンコード動作をカスタマイズするには、 HttpEncoder型を継承するクラスを作成します。To customize encoding behavior, you can create a class that inherits from the HttpEncoder type. アプリケーションの構成ファイルで、 EncoderType httpRuntime要素の属性をカスタム型の完全修飾文字列名に設定します。In the configuration file for an application, you then set the EncoderType attribute of the httpRuntime element to the fully qualified string name of the custom type. 詳細については、「 HttpRuntime 要素 (ASP.NET Settings スキーマ)」を参照してください。For more information, see httpRuntime Element (ASP.NET Settings Schema).

適用対象