MachineKeySection.DataProtectorType プロパティ

定義

データ プロテクターの型の名前を取得または設定します。 既定値は、Empty です。

public:
 property System::String ^ DataProtectorType { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Configuration.WhiteSpaceTrimStringConverter))]
[System.Configuration.ConfigurationProperty("dataProtectorType", DefaultValue="")]
public string DataProtectorType { get; set; }
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Configuration.WhiteSpaceTrimStringConverter))>]
[<System.Configuration.ConfigurationProperty("dataProtectorType", DefaultValue="")>]
member this.DataProtectorType : string with get, set
Public Property DataProtectorType As String

プロパティ値

String

データ プロテクター型の名前。

属性

注釈

ASP.NET のカスタムデータ保護アルゴリズムを指定するには、 MachineKeySection.CompatibilityMode プロパティをに設定し、 Framework45 このプロパティに、クラスから派生するクラスを表す文字列を設定し DataProtector ます。 この文字列 providerClass は、静的ファクトリメソッドに渡されるパラメーターに対応し DataProtector.Create ます。 指定したクラスは、オプションを MachineKey.Protect 指定しない場合でも、メソッドおよびメソッドによって使用され MachineKey.Unprotect Framework45 ます。

このプロパティを設定する場合は、プロパティも設定する必要があり ApplicationName ます。

適用対象