HostSecurityPolicyResolver クラス

定義

ASP.NET のコード アクセス セキュリティ ポリシーをオーバーライドする ASP.NET の実行時の動作をカスタマイズする方法を提供します。Provides a way to customize ASP.NET behavior at run time that overrides the ASP.NET code access security policy.

public ref class HostSecurityPolicyResolver
public class HostSecurityPolicyResolver
type HostSecurityPolicyResolver = class
Public Class HostSecurityPolicyResolver
継承
HostSecurityPolicyResolver

注釈

SharePoint や Web ファームなどの複雑な Web ホスティング環境では、ASP.NET コードアクセスセキュリティポリシーの拡張が必要になる場合があります。In complex Web hosting environments such as SharePoint and Web farms, you might have to extend the ASP.NET code access security policy. 型を拡張することにより、 HostSecurityPolicyResolver ASP.NET コードアクセスセキュリティポリシーをオーバーライドするカスタムセキュリティポリシーの動作を実装できます。By extending the HostSecurityPolicyResolver type, you can implement custom security policy behavior that overrides the ASP.NET code access security policy.

HostSecurityPolicyResolver クラスの構成Configuring a HostSecurityPolicyResolver Class

構成ファイルでは、 HostSecurityPolicyResolver 属性を要素に追加することによって、カスタムインスタンスを構成でき HostSecurityPolicyResolverType ます。In the configuration files, you can configure a custom HostSecurityPolicyResolver instance by adding the HostSecurityPolicyResolverType attribute to the element. 属性は、 HostSecurityPolicyResolverType HostSecurityPolicyResolver ASP.NET によって読み込まれるカスタム型の名前に設定できます。The HostSecurityPolicyResolverType attribute can be set to the name of the custom HostSecurityPolicyResolver type that will be loaded by ASP.NET. 属性値には、派生型の完全修飾名が含まれます。The attribute value contains the fully qualified name of the derived type. 既定で .NET Framework 4.NET Framework 4 は、はこの属性を設定しません。By default, .NET Framework 4.NET Framework 4 does not set this attribute.

次の構文は、属性を構成する方法を示しています。The following syntax shows how to configure the attribute:

<trust   
  Level = "[Full|High|Medium|Low|Minimal]"  
  permissionSetName = "name of the permission set"  
  hostSecurityPolicyResolverType = "security policy resolution type"  
/>  

要素の属性は、 PermissionSetName trust 部分信頼構成ファイルで使用する名前付きアクセス許可セットを示す文字列値に設定できます。The PermissionSetName attribute in the trust element can be set to a string value that indicates which named permission set in a partial trust configuration file should be used. 既定では、ASP.NET 4 はこの属性を "ASP.Net" に設定します。By default, ASP.NET 4 sets this attribute to "ASP.Net".

要素の属性は、 HostSecurityPolicyResolverType trust HostSecurityPolicyResolver ASP.NET によって読み込まれるカスタムオブジェクトを示します。The HostSecurityPolicyResolverType attribute in the trust element indicates the custom HostSecurityPolicyResolver object that will be loaded by ASP.NET. 属性が空の文字列に設定されている場合、アプリケーションは、アセンブリのアクセス許可を決定するために ASP.NET の既定のロジックを使用します。If the attribute is set to an empty string, the application uses the ASP.NET default logic for determining the permissions for the assembly. HostSecurityPolicyResolverType 属性を null 値に設定することはできません。The HostSecurityPolicyResolver type attribute cannot be set to a null value.

重要

HostSecurityPolicyResolverカスタム型はアセンブリを完全信頼に昇格するために使用できる情報を提供するため、派生型を含むアセンブリは完全信頼で実行する必要があります。The assembly that contains a derived HostSecurityPolicyResolver type must run with full trust, because the custom type provides information that ASP.NET can use to elevate assemblies to full trust. 一般に、グローバルアセンブリキャッシュには、完全信頼で実行されるカスタムポリシーリゾルバーの種類を配置する必要があります。In general, you should deploy a custom policy resolver type in the global assembly cache, where it will run with full trust.

このクラスを実装する場合は、メソッドをオーバーライドする必要があり ResolvePolicy ます。When you implement this class, you must override the ResolvePolicy method. Evidenceパラメーターとして渡されるインスタンスに応じて、メソッドは、アセンブリに適用するセキュリティポリシーを示す列挙値を返します。Depending on the Evidence instance that is passed as a parameter, the method returns an enumeration value that indicates the security policy to apply to the assembly. 使用可能なセキュリティポリシーのセットは、列挙体によって決定され HostSecurityPolicyResults ます。The set of available security policies is determined by the HostSecurityPolicyResults enumeration.

コンストラクター

HostSecurityPolicyResolver()

HostSecurityPolicyResolver クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HostSecurityPolicyResolver class.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ResolvePolicy(Evidence)

アセンブリに適用する必要があるセキュリティ ポリシーを示す値を取得します。Gets a value that indicates the security policy that should be applied to an assembly.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください