RecycleLimitInfo クラス

定義

検出されたメモリの負荷のレベルについて説明します。Describes the level of memory pressure detected.

public ref class RecycleLimitInfo sealed
public sealed class RecycleLimitInfo
type RecycleLimitInfo = class
Public NotInheritable Class RecycleLimitInfo
継承
RecycleLimitInfo

コンストラクター

RecycleLimitInfo(Int64, Int64, RecycleLimitNotificationFrequency)

RecycleLimitInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RecycleLimitInfo class.

プロパティ

CurrentPrivateBytes

現在のプロセスのプライベート バイトの使用状況を取得します。Gets the detected private bytes usage for the current process.

RecycleLimit

現在のプロセスで決定したプライベート バイトの制限を取得します。Gets the determined private bytes limit for the current process.

RequestGC

監視可能イベントの発生源に返されるブール値を設定します。すべてのオブサーバーがイベントを処理した後、イベントの発生源がガベージ コレクションを強制実行するべきかどうかを示すためにこの値を利用できることがあります。Sets a Boolean value returned to the source of the observable event that may be used to indicate whether the source of the event should induce a Garbage Collection after all observers have processed the event.

TrimFrequency

達しているメモリしきい値への対応をリスナーに確認していることをメモリ モニターが認識する頻度を示す列挙型を取得します。Gets an enum that indicates how frequently the memory monitor perceives we are asking listeners to react to the approaching memory threshold. サブスクライバーは、この頻度に基づいて、より重大なまたは害のないイベントに反応をカスタマイズします。Subscribers tailor their reactions to the event to be more severe or benign based on this frequency.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象