HttpCachePolicy クラス

定義

キャッシュ固有の HTTP ヘッダーを設定し、ASP.NET ページの出力キャッシュを制御するためのメソッドを含みます。Contains methods for setting cache-specific HTTP headers and for controlling the ASP.NET page output cache.

public ref class HttpCachePolicy sealed
public sealed class HttpCachePolicy
type HttpCachePolicy = class
Public NotInheritable Class HttpCachePolicy
継承
HttpCachePolicy

注釈

HTTP ヘッダーとキャッシュの制御に関する背景情報については、RFC 2616 を参照してください。ハイパーテキスト転送プロトコル--HTTP/1.1 ( World Wide Web コンソーシアム (W3C) Web サイトで入手できます。For background information about HTTP headers and controlling caching, see RFC 2616: Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.1, available on the World Wide Web Consortium (W3C) Web site.

プロパティ

UtcTimestampCreated

HttpCachePolicy の協定世界時 (UTC) のタイムスタンプを取得または設定します。Gets or sets the timestamp in Coordinated Universal Time (UTC) for the HttpCachePolicy.

VaryByContentEncodings

出力キャッシュの変更に使用する Content-Encoding ヘッダーのリストを取得します。Gets the list of Content-Encoding headers that will be used to vary the output cache.

VaryByHeaders

キャッシュからの出力内容を変化させるために使用するすべての HTTP ヘッダーのリストを取得します。Gets the list of all HTTP headers that will be used to vary cache output.

VaryByParams

HTTP GET または HTTP POST が受け取る、キャッシュに影響するパラメーターのリストを取得します。Gets the list of parameters received by an HTTP GET or HTTP POST that affect caching.

メソッド

AddValidationCallback(HttpCacheValidateHandler, Object)

現在の応答に対する検証コールバックを登録します。Registers a validation callback for the current response.

AppendCacheExtension(String)

指定したテキストを Cache-Control HTTP ヘッダーに追加します。Appends the specified text to the Cache-Control HTTP header.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetCacheability()

キャッシュ制御のディレクティブを取得します。Gets the cache-control directive.

GetCacheExtensions()

キャッシュ拡張を取得します。Gets the cache extensions.

GetETag()

ETag を取得します。Gets the ETag.

GetETagFromFileDependencies()

ハンドラーのファイルの依存関係のタイムスタンプに基づいて ETag ヘッダーが設定されているかどうかを示すステータスを取得します。Gets the status indicating whether the ETag header has been set based on the timestamps of the file dependencies of the handler.

GetExpires()

期限切れのヘッダーを取得します。Gets the expire header.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetIgnoreRangeRequests()

無視する範囲の要求のステータスを取得します。Gets the status of ignore range requests.

GetLastModifiedFromFileDependencies()

ハンドラーのファイルの依存関係のタイムスタンプの基とする Last-Modified ヘッダー設定の状態を取得します。Gets the status of the Last-Modified header set to base on the timestamps of the file dependencies of the handler.

GetMaxAge()

キャッシュ制御の最長期間を取得します。Gets the cache-control max age.

GetNoServerCaching()

現在の応答に対して、サーバーのキャッシュの状態を取得します。Gets the status of server caching for the current response.

GetNoStore()

ストアの状態を取得します。Gets the status of the store.

GetNoTransforms()

HTTP 無変換ディレクティブの状態を取得します。Gets the status of the HTTP No-Transform Directive.

GetOmitVaryStar()

vary: ヘッダーのステータスを取得します。Gets the status of the vary: header.

GetProxyMaxAge()

次の HTTP Cache-Control を取得します。Proxy Max Age。Gets the HTTP Cache-Control: Proxy Max Age.

GetRevalidation()

must-revalidate または proxy-revalidate ディレクティブを反映する Cache-Control: ヘッダーを取得します。Gets the Cache-Control: header to reflect either the must-revalidate or proxy-revalidate directives.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetUtcLastModified()

世界協定時刻 (UTC) の Last-Modified HTTP ヘッダーの値を取得します。Gets the value of the Last-Modified HTTP header in Coordinated Universal Time (UTC).

GetVaryByCustom()

HTTP キャッシュを変更するために使用するカスタム文字列を取得します。Gets the custom string that is used to vary the HTTP caching.

HasSlidingExpiration()

キャッシュにスライディング有効期限ポリシーがあるかどうかを指定する値を取得します。Gets a value which specifies whether the cache has a sliding expiration policy.

IsModified()

HTTP キャッシュが変更されたかどうかを指定する値を取得します。Gets a value which specifies whether the HTTP cache has been modified.

IsValidUntilExpires()

クライアントから送信された、キャッシュを無効にする HTTP Cache-Control ヘッダーを ASP.NET キャッシュで無視するかどうかを指定する値を取得します。Gets a value which specifies whether the ASP.NET cache should ignore HTTP Cache-Control headers sent by the client that invalidate the cache.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SetAllowResponseInBrowserHistory(Boolean)

allow パラメーターが true の場合、サーバーの HttpCacheability の設定に関係なく、クライアント ブラウザーの履歴キャッシュに応答を格納できるようにします。Makes the response is available in the client browser History cache, regardless of the HttpCacheability setting made on the server, when the allow parameter is true.

SetCacheability(HttpCacheability)

Cache-Control ヘッダーに HttpCacheability 値のいずれかを設定します。Sets the Cache-Control header to one of the values of HttpCacheability.

SetCacheability(HttpCacheability, String)

Cache-Control ヘッダーに HttpCacheability 値のいずれかを設定し、ディレクティブに拡張文字列を追加します。Sets the Cache-Control header to one of the values of HttpCacheability and appends an extension to the directive.

SetETag(String)

ETag HTTP ヘッダーを指定文字列に設定します。Sets the ETag HTTP header to the specified string.

SetETagFromFileDependencies()

ハンドラーが依存するファイルのタイム スタンプに基づいて、ETag HTTP ヘッダーを設定します。Sets the ETag HTTP header based on the time stamps of the handler's file dependencies.

SetExpires(DateTime)

Expires HTTP ヘッダーに絶対時間を設定します。Sets the Expires HTTP header to an absolute date and time.

SetLastModified(DateTime)

Last-Modified HTTP ヘッダーの値を、提供された DateTime の値に設定します。Sets the Last-Modified HTTP header to the DateTime value supplied.

SetLastModifiedFromFileDependencies()

ハンドラーが依存するファイルのタイム スタンプに基づいて、Last-Modified HTTP ヘッダーを設定します。Sets the Last-Modified HTTP header based on the time stamps of the handler's file dependencies.

SetMaxAge(TimeSpan)

指定した期間に基づいて Cache-Control: max-age HTTP ヘッダーを設定します。Sets the Cache-Control: max-age HTTP header based on the specified time span.

SetNoServerCaching()

現在の応答に対して、送信元サーバーによるすべてのキャッシングを中止します。Stops all origin-server caching for the current response.

SetNoStore()

Cache-Control: no-store HTTP ヘッダーを設定します。Sets the Cache-Control: no-store HTTP header.

SetNoTransforms()

Cache-Control: no-transform HTTP ヘッダーを設定します。Sets the Cache-Control: no-transform HTTP header.

SetOmitVaryStar(Boolean)

パラメーターによって応答が変更される場合に、応答に vary: ヘッダーを含めるかどうかを指定します。Specifies whether the response should contain the vary: header when varying by parameters.

SetProxyMaxAge(TimeSpan)

指定した期間に基づいて Cache-Control: s-maxage HTTP ヘッダーを設定します。Sets the Cache-Control: s-maxage HTTP header based on the specified time span.

SetRevalidation(HttpCacheRevalidation)

提供された列挙値に基づいて、Cache-Control HTTP ヘッダーを must-revalidate ディレクティブ、または proxy-revalidate ディレクティブのいずれかに設定します。Sets the Cache-Control HTTP header to either the must-revalidate or the proxy-revalidate directives based on the supplied enumeration value.

SetSlidingExpiration(Boolean)

キャッシュの有効期限を絶対から変化に設定します。Sets cache expiration to from absolute to sliding.

SetValidUntilExpires(Boolean)

クライアントから送信された、キャッシュを無効にする HTTP Cache-Control ヘッダーを ASP.NET キャッシュで無視するかどうかを指定します。Specifies whether the ASP.NET cache should ignore HTTP Cache-Control headers sent by the client that invalidate the cache.

SetVaryByCustom(String)

キャッシュされている出力応答の変更に使用するカスタム テキスト文字列を指定します。Specifies a custom text string to vary cached output responses by.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象