HttpResponse.PushPromise メソッド

定義

promise オブジェクトを昇格させます。Promotes a promised object.

オーバーロード

PushPromise(String)

この API は、プッシュ promise を HTTP 2.0 クライアントに送信するアプリケーションをサポートするためのものです。This API is to support applications sending push promises to HTTP 2.0 clients. HTTP2 サーバー プッシュの詳細については、HTTP/2 仕様のセクション 8.2 「Server Push」 (サーバー プッシュ) を参照してください。You can find more details regarding to Http2 server push at HTTP/2 Specification Section 8.2: Server Push.

PushPromise(String, String, NameValueCollection)

この API は、プッシュ promise を HTTP 2.0 クライアントに送信するアプリケーションをサポートするためのものです。This API is to support applications sending push promises to HTTP 2.0 clients. HTTP2 サーバー プッシュの詳細については、HTTP/2 仕様のセクション 8.2 「Server Push」 (サーバー プッシュ) を参照してください。You can find more details regarding to Http2 server push at HTTP/2 Specification Section 8.2: Server Push.

PushPromise(String)

この API は、プッシュ promise を HTTP 2.0 クライアントに送信するアプリケーションをサポートするためのものです。This API is to support applications sending push promises to HTTP 2.0 clients. HTTP2 サーバー プッシュの詳細については、HTTP/2 仕様のセクション 8.2 「Server Push」 (サーバー プッシュ) を参照してください。You can find more details regarding to Http2 server push at HTTP/2 Specification Section 8.2: Server Push.

public:
 void PushPromise(System::String ^ path);
public void PushPromise (string path);
member this.PushPromise : string -> unit
Public Sub PushPromise (path As String)

パラメーター

path
String

プッシュ要求の URL です。The URL of the push request. サーバーがクライアントにプッシュする相対リソースの仮想パスになります。It should be the virtual path of the relative resource that the server wants to push to the client.

注釈

PushPromise は非決定的であり、アプリケーションはそれに依存するロジックを持つことはできません。PushPromise is non-deterministic and applications shouldn't have logic that depends on it. その唯一の目的は、場合によってはパフォーマンス上の利点です。Its only purpose is performance advantage in some cases. 多くの条件 (プロトコルおよび実装) によって、がプッシュ要求を完全に無視することがあります。There are many conditions (protocol and implementation) that may cause to ignore the push requests completely. 期待は、火災および忘れることに基づいています。The expectation is based on fire-and-forget.

PushPromise(String, String, NameValueCollection)

この API は、プッシュ promise を HTTP 2.0 クライアントに送信するアプリケーションをサポートするためのものです。This API is to support applications sending push promises to HTTP 2.0 clients. HTTP2 サーバー プッシュの詳細については、HTTP/2 仕様のセクション 8.2 「Server Push」 (サーバー プッシュ) を参照してください。You can find more details regarding to Http2 server push at HTTP/2 Specification Section 8.2: Server Push.

public:
 void PushPromise(System::String ^ path, System::String ^ method, System::Collections::Specialized::NameValueCollection ^ headers);
public void PushPromise (string path, string method, System.Collections.Specialized.NameValueCollection headers);
member this.PushPromise : string * string * System.Collections.Specialized.NameValueCollection -> unit
Public Sub PushPromise (path As String, method As String, headers As NameValueCollection)

パラメーター

path
String

プッシュ要求の URL です。The URL of the push request. サーバーがクライアントにプッシュする相対リソースの仮想パスになります。It should be the virtual path of the relative resource that the server wants to push to the client.

method
String

プッシュ要求で使用される http 要求メソッド。Http request method that would be used by the push request.

headers
NameValueCollection

プッシュ要求で使用される http 要求ヘッダー。Http request header that would be used by the push request.

注釈

PushPromise は非決定的であり、アプリケーションはそれに依存するロジックを持つことはできません。PushPromise is non-deterministic and applications shouldn't have logic that depends on it. その唯一の目的は、場合によってはパフォーマンス上の利点です。Its only purpose is performance advantage in some cases. 多くの条件 (プロトコルおよび実装) によって、がプッシュ要求を完全に無視することがあります。There are many conditions (protocol and implementation) that may cause to ignore the push requests completely. 期待は、火災および忘れることに基づいています。The expectation is based on fire-and-forget.

適用対象