HttpServerUtility.HtmlEncode HttpServerUtility.HtmlEncode HttpServerUtility.HtmlEncode HttpServerUtility.HtmlEncode Method

Definition

ブラウザーに表示される文字列をエンコードします。 Encodes a string to be displayed in a browser. WebUtility クラスを使用して、web アプリケーションの外部の値をエンコード、またはデコードします。 To encode or decode values outside of a web application, use the WebUtility class.

Overloads

HtmlEncode(String) HtmlEncode(String) HtmlEncode(String) HtmlEncode(String)

文字列を HTML エンコードし、エンコードされた文字列を返します。 HTML-encodes a string and returns the encoded string.

HtmlEncode(String, TextWriter) HtmlEncode(String, TextWriter) HtmlEncode(String, TextWriter) HtmlEncode(String, TextWriter)

文字列を HTML エンコードし、その結果の出力を TextWriter 出力ストリームに送信します。 HTML-encodes a string and sends the resulting output to a TextWriter output stream.

HtmlEncode(String) HtmlEncode(String) HtmlEncode(String) HtmlEncode(String)

文字列を HTML エンコードし、エンコードされた文字列を返します。 HTML-encodes a string and returns the encoded string.

public:
 System::String ^ HtmlEncode(System::String ^ s);
public string HtmlEncode (string s);
member this.HtmlEncode : string -> string
Public Function HtmlEncode (s As String) As String

パラメーター

s
String String String String

エンコードする文字列。 The text string to encode.

Returns

HTML エンコードされたテキスト。 The HTML-encoded text.

Examples

次の例では、どの値を HTML エンコードする可能性のあるコード アンセーフ コードを示します。The following example shows how to HTML-encode a value that potentially codes unsafe code. コードは、web ページの分離コード ファイルに存在します。The code resides in the code-behind file for a web page. エンコードする値は、のみを例を簡略化し、HTML エンコードする場合があります値の型を表示するには、この例では、ハードコーディングします。The value to encode is hard-coded in this example only to simplify the example and show the type of value you might HTML-encode. 通常と HTML エンコード、ユーザーまたは要求から受信した値。Typically, you would HTML-encode a value that you received from the user or the request. Result 指す、Literalコントロール。Result refers to a Literal control.

public partial class _Default : Page
{        
    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
    {
        Result.Text = Server.HtmlEncode("<script>unsafe</script>");      
    } 
}
Public Class _Default
    Inherits Page

    Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) Handles Me.Load
        Result.Text = Server.HtmlEncode("<script>unsafe</script>")
    End Sub
End Class

表示されますが、次の例は前の例のような方法を HTML エンコードするクラス内の値でない分離コード ファイルにします。The next example is similar to the previous example except it shows how to HTML-encode a value from within a class that is not in the code-behind file.

public class SampleClass
{
    public string GetEncodedText()
    {
        return HttpContext.Current.Server.HtmlEncode("<script>unsafe</script>");
    }
}
Public Class SampleClass
    Public Function GetEncodedText() As String
        Return HttpContext.Current.Server.HtmlEncode("<script>unsafe</script>")
    End Function
End Class

Remarks

HTML エンコードは、テキストが、ブラウザーに正しく表示され、ブラウザーで HTML として解釈されないことを確認します。HTML encoding makes sure that text is displayed correctly in the browser and not interpreted by the browser as HTML. たとえば、テキスト文字列には、小なり記号が含まれている場合 (<) 以上、ブラウザーで開くまたは HTML タグの右角かっことこれらの文字は解釈不等号 (>)、します。For example, if a text string contains a less than sign (<) or greater than sign (>), the browser would interpret these characters as the opening or closing bracket of an HTML tag. 文字列への変換の文字が HTML エンコードの場合は、&lt;&gt;、それが原因で、不等号以降より小記号として正しく表示するブラウザー。When the characters are HTML encoded, they are converted to the strings &lt; and &gt;, which causes the browser to display the less than sign and greater than sign correctly.

このメソッドは、アクセスする便利な方法、HttpUtility.HtmlEncode実行時に ASP.NET アプリケーションからのメソッド。This method is a convenient way to access the HttpUtility.HtmlEncode method at run time from an ASP.NET application. このメソッドを使用して内部的には、HttpUtility.HtmlEncode文字列をエンコードします。Internally, this method uses HttpUtility.HtmlEncode to encode strings.

ASP.NET web ページの分離コード ファイルでのインスタンスにアクセス、HttpServerUtilityクラスを通じて、Serverプロパティ。In the code-behind file for an ASP.NET web page, access an instance of the HttpServerUtility class through the Server property. 分離コード ファイルに含まれていないクラスで使用HttpContext.Current.Serverのインスタンスにアクセスする、HttpServerUtilityクラス。In a class that is not in a code-behind file, use HttpContext.Current.Server to access an instance of the HttpServerUtility class.

Web アプリケーションでは、外部で使用して、WebUtilityエンコードまたはデコード値クラス。Outside of a web application, use the WebUtility class to encode or decode values.

HtmlEncode(String, TextWriter) HtmlEncode(String, TextWriter) HtmlEncode(String, TextWriter) HtmlEncode(String, TextWriter)

文字列を HTML エンコードし、その結果の出力を TextWriter 出力ストリームに送信します。 HTML-encodes a string and sends the resulting output to a TextWriter output stream.

public:
 void HtmlEncode(System::String ^ s, System::IO::TextWriter ^ output);
public void HtmlEncode (string s, System.IO.TextWriter output);
member this.HtmlEncode : string * System.IO.TextWriter -> unit
Public Sub HtmlEncode (s As String, output As TextWriter)

パラメーター

s
String String String String

エンコードする文字列。 The string to encode.

output
TextWriter TextWriter TextWriter TextWriter

エンコードされた文字列を格納している TextWriter 出力ストリーム。 The TextWriter output stream that contains the encoded string.

Examples

次の例では、HTTP で伝送用の文字列をエンコードします。The following example encodes a string for transmission by HTTP. という名前の文字列をエンコードTestString、テキストが含まれています"これは、<テスト文字列 >."、という名前の文字列にコピーしてEncodedStringとして"これは、<テスト文字列>。"です。It encodes the string named TestString, which contains the text "This is a <Test String>.", and copies it into the string named EncodedString as "This is a <Test String>.".

String TestString = "This is a <Test String>.";
StringWriter writer = new StringWriter();
Server.HtmlEncode(TestString, writer);
String EncodedString = writer.ToString();
   
Dim TestString As String = "This is a <Test String>."
Dim writer As New StringWriter
Server.HtmlEncode(TestString, writer)
Dim EncodedString As String = writer.ToString()
   

Remarks

ブラウザーで HTML として解釈されない、ブラウザーでテキストが正しく表示されることにより、HTML エンコードします。HTML encoding ensures that text will be correctly displayed in the browser, not interpreted by the browser as HTML. たとえば、テキスト文字列には、小なり記号が含まれている場合 (<) 以上不等号 (>)、ブラウザーではこれらの文字として解釈タグまたは HTML タグの右角かっこです。For example, if a text string contains a less than sign (<) or greater than sign (>), the browser would interpret these characters as an opening or closing bracket of an HTML tag. これら 2 つの文字の HTML エンコードでは&lt;&gt;、それぞれ、それが原因で、不等号以降より小記号として正しく表示するブラウザー。The HTML encoding of these two characters is &lt; and &gt;, respectively, which causes the browser to display the less than sign and greater than sign correctly.

HtmlEncode アクセスする便利な方法は、HttpUtility.HtmlEncode実行時に ASP.NET アプリケーションからのメソッド。HtmlEncode is a convenient way to access the HttpUtility.HtmlEncode method at run time from an ASP.NET application. 内部的には、HtmlEncode使用HttpUtility.HtmlEncode文字列をエンコードします。Internally, HtmlEncode uses HttpUtility.HtmlEncode to encode strings.

WebUtility クラスを使用して、web アプリケーションの外部の値をエンコード、またはデコードします。To encode or decode values outside of a web application, use the WebUtility class.

Applies to