ParserError クラス

定義

パーサーのエラーまたは警告を表します。Represents a parser error or warning. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class ParserError sealed
[System.Serializable]
public sealed class ParserError
type ParserError = class
Public NotInheritable Class ParserError
継承
ParserError
属性

次のコード例は、新しいパーサーエラーをParserErrorCollectionオブジェクトに追加する方法を示しています。The following code example demonstrates how to add a new parser error to a ParserErrorCollection object.

// Add a ParserError to the collection.
collection.Add(new ParserError("ErrorName", "Path", 1));
' Add a ParserError to the collection.
collection.Add(New ParserError("ErrorName", "Path", 1))

注釈

オブジェクトParserErrorは、 HttpParseException例外がスローされたときに作成されるエラーを表します。A ParserError object represents an error that is created when an HttpParseException exception is thrown. パーサーエラーオブジェクトには、エラーメッセージテキスト、エラーが発生したファイルへの仮想パス、およびそのファイル内のエラーの後続の行番号を含めることができます。A parser error object can contain error message text, a virtual path to the file where the error occurred, and the subsequent line number of the error in that file. 複数のパーサーエラーが発生した場合、または1か所に複数のパーサーエラーを格納ParserErrorCollectionする場合は、オブジェクトを使用します。If more than one parser error occurs or you want to store multiple parser errors in a centralized location, use the ParserErrorCollection object.

パーサーエラーの型HttpExceptionはです。A parser error is of the type HttpException. 例外とその処理方法の詳細については、 MSDN ライブラリを参照してください。For more information on exceptions and how to handle them, go to MSDN Library.

コンストラクター

ParserError()

ParserError クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ParserError class.

ParserError(String, String, Int32)

指定したエラー テキスト、仮想パス、およびソース行番号を使用して、ParserError クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ParserError class by using the specified error text, virtual path, and source line number.

プロパティ

ErrorText

ParserError オブジェクトのエラーを表す文字列を取得または設定します。Gets or sets a string that represents the error for the ParserError object.

Line

エラーが発生したソースの行番号を取得または設定します。Gets or sets the line number of the source at which the error occurs.

VirtualPath

エラーの発生時に解析されていたファイルの仮想パスを取得または設定します。Gets or set the virtual path of the file that was being parsed when the error occurred.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください