ScriptMethodAttribute.ResponseFormat プロパティ

定義

メソッドの応答形式を取得または設定します。Gets or sets the format of the method response.

public:
 property System::Web::Script::Services::ResponseFormat ResponseFormat { System::Web::Script::Services::ResponseFormat get(); void set(System::Web::Script::Services::ResponseFormat value); };
public System.Web.Script.Services.ResponseFormat ResponseFormat { get; set; }
member this.ResponseFormat : System.Web.Script.Services.ResponseFormat with get, set
Public Property ResponseFormat As ResponseFormat

プロパティ値

ResponseFormat 値のいずれか 1 つ。One of the ResponseFormat values. 既定値は、Json です。The default is Json.

次の例は、プロパティをにScriptMethodAttribute Xml設定しResponseFormatて、Web メソッドに属性を適用する方法を示しています。The following example shows how to apply the ScriptMethodAttribute attribute to a Web method with the ResponseFormat property set to Xml. メソッドの戻り値は XML としてシリアル化され、型XmlDocumentのオブジェクトとして成功コールバック関数に送信されます。The return value of the method will be serialized as XML and sent to the succeeded callback function as an object of type XmlDocument. このコード例は、 ScriptMethodAttributeクラスに対して提供される大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the ScriptMethodAttribute class.

注釈

戻り値ResponseFormatの型の形式として XML を指定する場合は、プロパティを使用します。Use the ResponseFormat property when you want to specify XML as the format for the return type. これは、メソッドがXmlDocument XmlElementまたはオブジェクトを返す場合に便利です。This is useful when the method returns an XmlDocument or an XmlElement object.

プロパティがにXml設定されている場合、 ScriptIgnoreAttribute属性が適用されている戻り値の型のパブリックフィールドとパブリックプロパティは無視されません。 ResponseFormatWhen the ResponseFormat property is set to Xml, the public fields and properties of the return type that have the ScriptIgnoreAttribute attribute applied will not be ignored. これは、 XmlSerializer JavaScriptSerializerオブジェクトではなくオブジェクトを使用してシリアル化されるためです。This is because they will be serialized by using the XmlSerializer object instead of the JavaScriptSerializer object. XmlIgnoreAttribute属性を適用して、戻りXmlSerializer値の型のパブリックフィールドとプロパティを無視するか、スキップする必要があります。You must apply the XmlIgnoreAttribute attribute to make XmlSerializer ignore, or skip, those public fields and properties of the return type.

適用対象

こちらもご覧ください