AnonymousIdentificationModule クラス

定義

ASP.NET アプリケーションの匿名 ID を管理します。Manages anonymous identifiers for the ASP.NET application.

public ref class AnonymousIdentificationModule sealed : System::Web::IHttpModule
public sealed class AnonymousIdentificationModule : System.Web.IHttpModule
type AnonymousIdentificationModule = class
    interface IHttpModule
Public NotInheritable Class AnonymousIdentificationModule
Implements IHttpModule
継承
AnonymousIdentificationModule
実装

次のコード例は、匿名 id を有効にするアプリケーションの Web.config ファイルを示しています。The following code example shows a Web.config file for an application that enables anonymous identification.

<configuration>  
  <system.web>  
    <authentication mode="Forms" >  
      <forms loginUrl="login.aspx" name=".ASPXFORMSAUTH" />  
    </authentication>  

    <anonymousIdentification enabled="true" />  

    <profile defaultProvider="AspNetSqlProvider">  
      <properties>  
        <add name="ZipCode" allowAnonymous="true" />  
        <add name="CityAndState" allowAnonymous="true" />  
        <add name="StockSymbols" type="System.Collections.ArrayList"   
          allowAnonymous="true" />  
      </properties>  
    </profile>  
  </system.web>  
</configuration>  

注釈

クラスは、 AnonymousIdentificationModule ASP.NET アプリケーションの匿名識別子を作成し、管理します。The AnonymousIdentificationModule class creates and manages anonymous identifiers for an ASP.NET application. 匿名識別子は、ASP.NET などの匿名 id をサポートする機能によって使用され System.Web.Profile ます。Anonymous identifiers are used by features that support anonymous identification such as the ASP.NET System.Web.Profile.

は、 AnonymousIdentificationModule Creating 匿名識別子をカスタム値に設定できるようにするイベントを公開します。The AnonymousIdentificationModule exposes a Creating event that enables you to set the anonymous identifier to a custom value. カスタム匿名識別子の値を指定しない場合は、 Guid が使用されます。If you do not specify a custom anonymous identifier value, a Guid is used.

この Creating イベントにアクセスするには、ASP.NET アプリケーションの global.asax ファイルに AnonymousIdentification_Creating という名前のサブルーチンを指定します。The Creating event is accessed by specifying a subroutine named AnonymousIdentification_Creating in the Global.asax file for your ASP.NET application.

は、 AnonymousIdentificationModule Enabled anonymousIdentification 構成要素の enabled 属性をに設定することによって、匿名 id を使用する場合にのみ使用され true ます。The AnonymousIdentificationModule is only used when anonymous identification is Enabled by setting the enabled attribute of the anonymousIdentification configuration element to true.

注意

匿名 id は、どの種類の ASP.NET 認証にも依存しません。Anonymous identification is independent of any type of ASP.NET authentication.

コンストラクター

AnonymousIdentificationModule()

AnonymousIdentificationModule クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the AnonymousIdentificationModule class.

プロパティ

Enabled

ASP.NET アプリケーションで匿名 ID が有効かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether anonymous identification is enabled for the ASP.NET application.

メソッド

ClearAnonymousIdentifier()

セッションに関連付けられている匿名クッキーまたは ID をクリアします。Clears the anonymous cookie or identifier associated with a session.

Dispose()

AnonymousIdentificationModule で使用されていたすべてのリソース (メモリを除く) を解放します。Releases all resources, other than memory, used by the AnonymousIdentificationModule.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Init(HttpApplication)

AnonymousIdentificationModule オブジェクトを初期化します。Initializes the AnonymousIdentificationModule object.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

Creating

新しい匿名識別子が作成されるときに発生します。Occurs when a new anonymous identifier is created.

適用対象