WebClientProtocol.PreAuthenticate WebClientProtocol.PreAuthenticate WebClientProtocol.PreAuthenticate WebClientProtocol.PreAuthenticate Property

定義

事前認証を有効にするかどうかを取得または設定します。Gets or sets whether pre-authentication is enabled.

public:
 property bool PreAuthenticate { bool get(); void set(bool value); };
public bool PreAuthenticate { get; set; }
member this.PreAuthenticate : bool with get, set
Public Property PreAuthenticate As Boolean

プロパティ値

要求を事前に認証する場合は true。それ以外の場合は falsetrue to pre-authenticate the request; otherwise, false. 既定値は、false です。The default is false.

注釈

クライアントが資格情報を使用せずにリソースを要求すると、サーバーは要求をチャレンジし、サポートする認証スキームを示します。When a client requests a resource without using credentials, the server challenges the request and indicates what authentication schemes it supports. クライアントは、認証スキームを選択し、適切WWW-authenticateなヘッダーをサーバーに送信します。The client chooses an authentication scheme and sends the appropriate WWW-authenticate header to the server. PreAuthenticate WWW-authenticateの場合、ヘッダーは後続のすべての要求と共に送信されます。 trueWhen PreAuthenticate is true, the WWW-authenticate header is sent with all subsequent requests.

PreAuthenticatefalseの場合、最初にユーザーの認証を試行することなく、XML Web サービスメソッドに要求が行われます。When PreAuthenticate is false, a request is made to the XML Web service method without initially attempting to authenticate the user. XML Web サービスが匿名アクセスを許可している場合は、XML Web サービスメソッドが実行されます。If the XML Web service allows anonymous access, then the XML Web service method is executed. 匿名アクセスが許可されていない場合、401 HTTP リターンコードがクライアントに返されます。If anonymous access is disallowed, a 401 HTTP return code is sent back to the client. 応答としてWebClientProtocol 、クラスは認証資格情報を Web サーバーに返します。In response, the WebClientProtocol class returns authentication credentials to the Web server. クライアントが認証され、その後 XML Web サービスにアクセスする権限がある場合は、XML Web サービスメソッドが実行されます。それ以外の場合、クライアントはアクセスを拒否されます。If the client is authenticated and subsequently authorized to access the XML Web service, the XML Web service method is executed; otherwise the client is denied access.

適用対象

こちらもご覧ください