TraceContext TraceContext TraceContext TraceContext Class

定義

Web 要求に関する実行の詳細をキャプチャして表示します。Captures and presents execution details about a Web request. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class TraceContext sealed
public sealed class TraceContext
type TraceContext = class
Public NotInheritable Class TraceContext
継承
TraceContextTraceContextTraceContextTraceContext

注釈

このクラスを使用すると、特定のトレースカテゴリにメッセージを追加できます。You can use this class to append messages to specific trace categories. たとえば、アプリケーションのCalendarクラスのインスタンスを作成する場合は、レンダリングプロシージャに "レンダリングを開始しています" というトレースメッセージと、イベントハンドラープロシージャの "OnChange イベントの発生" を含めることができます。For example, if you are creating an instance of the Calendar class for your application, you might include the trace message "Starting To Render" in a rendering procedure, and "Raising OnChange Event" in an event handler procedure.

TraceContextクラスを使用して、カスタム処理の要求実行の最後にトレースレコードのセットを取得することもできます。You can also use the TraceContext class to obtain a set of trace records at the end of request execution for custom processing. 詳細については、「 ASP.NET Tracing の概要」を参照してください。For more information, see ASP.NET Tracing Overview.

トレースを有効にするにTraceは、 @ PageディレクティブまたはIsEnabledプロパティの属性をにtrue設定します。To enable tracing, set the Trace attribute in the @ Page directive or the IsEnabled property to true. トレースが有効になっている場合、ユーザーが指定したトレースコンテンツPageを表示するだけでなく、クラスには、すべての要求のパフォーマンスデータ、コントロールツリーの構造情報、および状態管理のコンテンツが自動的に含まれます。When tracing is enabled, in addition to showing user-provided trace content, the Page class automatically includes performance data, control-tree structure information, and state management content for every request.

コンストラクター

TraceContext(HttpContext) TraceContext(HttpContext) TraceContext(HttpContext) TraceContext(HttpContext)

TraceContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the TraceContext class.

プロパティ

IsEnabled IsEnabled IsEnabled IsEnabled

現在の Web 要求に対してトレースが有効かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether tracing is enabled for the current Web request.

TraceMode TraceMode TraceMode TraceMode

トレース メッセージを要求側のブラウザーに出力するときの並べ替え順序を取得または設定します。Gets or sets the sorted order in which trace messages should be output to a requesting browser.

メソッド

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
Warn(String) Warn(String) Warn(String) Warn(String)

トレース ログにトレース メッセージを書き込みます。Writes a trace message to the trace log. すべての警告は、ログに赤いテキストで表示されます。All warnings appear in the log as red text.

Warn(String, String) Warn(String, String) Warn(String, String) Warn(String, String)

ユーザー定義のカテゴリおよびトレース メッセージを含むトレース情報をトレース ログに書き込みます。Writes trace information to the trace log, including any user-defined categories and trace messages. すべての警告は、ログに赤いテキストで表示されます。All warnings appear in the log as red text.

Warn(String, String, Exception) Warn(String, String, Exception) Warn(String, String, Exception) Warn(String, String, Exception)

ユーザー定義のカテゴリ、トレース メッセージ、およびエラー情報を含むトレース情報をトレース ログに書き込みます。Writes trace information to the trace log, including any user-defined categories, trace messages, and error information. すべての警告は、ログに赤いテキストで表示されます。All warnings appear in the log as red text.

Write(String) Write(String) Write(String) Write(String)

トレース ログにトレース メッセージを書き込みます。Writes a trace message to the trace log.

Write(String, String) Write(String, String) Write(String, String) Write(String, String)

メッセージおよびユーザー定義のカテゴリを含むトレース情報をトレース ログに書き込みます。Writes trace information to the trace log, including a message and any user-defined categories.

Write(String, String, Exception) Write(String, String, Exception) Write(String, String, Exception) Write(String, String, Exception)

ユーザー定義のカテゴリ、トレース メッセージ、およびエラー情報を含むトレース情報をトレース ログに書き込みます。Writes trace information to the trace log, including any user-defined categories, trace messages, and error information.

イベント

TraceFinished TraceFinished TraceFinished TraceFinished

TraceContext オブジェクトによって発生し、すべての要求情報の収集後にトレース メッセージを公開します。Raised by the TraceContext object to expose trace messages after all request information is gathered.

適用対象

こちらもご覧ください