ControlCollection.RemoveAt(Int32) ControlCollection.RemoveAt(Int32) ControlCollection.RemoveAt(Int32) ControlCollection.RemoveAt(Int32) Method

定義

ControlCollection オブジェクトから、指定したインデックス位置にある子コントロールを削除します。Removes a child control, at the specified index location, from the ControlCollection object.

public:
 virtual void RemoveAt(int index);
public virtual void RemoveAt (int index);
abstract member RemoveAt : int -> unit
override this.RemoveAt : int -> unit
Public Overridable Sub RemoveAt (index As Integer)

パラメーター

index
Int32 Int32 Int32 Int32

コレクションから削除されるサーバー コントロールの序数インデックス。The ordinal index of the server control to be removed from the collection.

例外

ControlCollection が読み取り専用の場合にスローされます。Thrown if the ControlCollection is read-only.

次のコード例ではRemoveAt 、メソッドを使用して、 myButtonサーバーコントロールから子コントロールを削除します。The following code example uses the RemoveAt method to delete a child control from the myButton server control. メソッド呼び出しでは、最初にコントロールが削除されるインデックス位置として1を指定します。The method call first specifies an index location of 1 from which the control is deleted. この例では、その場所にあるコントロールがControlCollectionコレクションから削除されたことを示すテキストメッセージを含むページに書き込みます。The example then writes to the containing page a text message saying that the control at that location has been deleted from the ControlCollection collection.

// Use the RemoveAt method to delete the child control
// at index location 1.           
myButton.Controls.RemoveAt(1);
msgRemoveAt.Text = "The control at index location 1 has been removed.";
' Use the RemoveAt method to delete the child control
' at index location 1.           
myButton.Controls.RemoveAt(1)
msgRemoveAt.Text = "The control at index location 1 has been removed."

注釈

値に基づいてコレクションからコントロールを削除するには、 Removeメソッドを使用します。To remove a control from the collection based on its value, use the Remove method.

適用対象

こちらもご覧ください