DataSourceView.CanSort プロパティ

定義

現在の DataSourceControl オブジェクトに関連付けられている DataSourceView オブジェクトで、基になるデータ ソースに対する並べ替え済みのビューがサポートされているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataSourceView object associated with the current DataSourceControl object supports a sorted view on the underlying data source.

public:
 virtual property bool CanSort { bool get(); };
public virtual bool CanSort { get; }
member this.CanSort : bool
Public Overridable ReadOnly Property CanSort As Boolean

プロパティ値

Boolean

操作がサポートされている場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the operation is supported; otherwise, false. 既定の実装では、 falseが返されます。The default implementation returns false.

次のコード例は、DataSourceView クラスを拡張するクラスの CanSort プロパティをオーバーライドする方法を示しています。The following code example demonstrates how to override the CanSort property in a class that extends the DataSourceView class. このコード例は、DataSourceView クラス用に用意されている大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the DataSourceView class.

if (!string.IsNullOrEmpty(selectArgs.SortExpression)) {
    dataView.Sort = selectArgs.SortExpression;
}
If Not selectArgs.SortExpression Is String.Empty Then
    dataView.Sort = selectArgs.SortExpression
End If

注釈

データバインドコントロールは、ExecuteSelect メソッドに渡された DataSourceSelectArguments オブジェクトに Sort フィールドを追加することによって、並べ替えを要求できます。A data-bound control can request sorting by adding the Sort field to the DataSourceSelectArguments object passed to the ExecuteSelect method. データバインドコントロールが並べ替えを要求したが、CanSort プロパティが falseを返した場合、データソースビューは例外をスローします。If a data-bound control requests sorting, but the CanSort property returns false, the data source view throws an exception.

適用対象

こちらもご覧ください