ICallbackEventHandler インターフェイス

定義

コントロールをサーバー上のコールバック イベントの対象にできることを示すために使用します。Used to indicate that a control can be the target of a callback event on the server.

public interface class ICallbackEventHandler
public interface ICallbackEventHandler
type ICallbackEventHandler = interface
Public Interface ICallbackEventHandler
派生

注釈

コールバックイベントを受け取る必要があるすべてのカスタムコントロールに対して、ICallbackEventHandler インターフェイスを実装します。Implement the ICallbackEventHandler interface for any custom control that needs to receive callback events. 詳細については、「ポストバックを使用しないクライアントコールバックの実装」を参照してください。For more information, see Implementing Client Callbacks Without Postbacks.

ICallbackEventHandler インターフェイスを実装するコントロールの例としては、GridViewDetailsViewTreeView の各コントロールがあります。Examples of controls that implement the ICallbackEventHandler interface include the GridView, DetailsView, and TreeView controls. コールバックイベントが ICallbackEventHandler インターフェイスを実装するコントロールを対象としている場合、イベントを処理するために RaiseCallbackEvent メソッドが呼び出され、パラメーターとしてイベント引数が渡され、GetCallbackResult メソッドがコールバックの結果を返します。When a callback event targets a control that implements the ICallbackEventHandler interface, the RaiseCallbackEvent method is called to handle the event, passing the event argument as a parameter and the GetCallbackResult method returns the result of the callback.

コールバック中にデータソースコントロールからデータを取得するコントロールは、同期的または非同期的に行うことができます。Controls that retrieve data from a data source control during callback can do so synchronously or asynchronously. GridViewDetailsViewTreeView などの ASP.NET コントロールは同期的に実装されます。ASP.NET controls like GridView, DetailsView, and TreeView are implemented synchronously. 同期コールバックでは、ユーザーがブラウザーで動作するのを防ぐことはできません。Synchronous callbacks do not prevent the user from working in the browser. 同期モードでは、最後のコールバックが優先されるので、一度に1つのコールバックだけを実行できます。In synchronous mode, only one callback at a time can execute, with the last callback taking precedence. 非同期動作をサポートするために Web コントロールが実装されている場合、複数のコールバックを同時に発生させることができます。When a Web control is implemented to support asynchronous behavior, multiple callbacks can be raised simultaneously. 非同期プログラミングの詳細については、「イベントベースの非同期パターン (EAP)」を参照してください。For details on asynchronous programming, see Event-based Asynchronous Pattern (EAP).

ICallbackEventHandler インターフェイスを実装するコントロールによって表示されるユーザーインターフェイスから送信されるコールバックイベントを検証するかどうかを指定できます。You can specify whether callback events originating from the user interface rendered by a control implementing the ICallbackEventHandler interface are validated. イベントの検証は、適切なセキュリティプラクティスです。Validation of events is a good security practice. ただし、パフォーマンス上の理由から無効にすることができます。However, for performance reasons you can disable it. イベントの検証がコールバックイベントに対して実行されるかどうかを制御するには、web.config ファイルのPages 要素 (ASP.NET Settings スキーマ)@ Pageディレクティブまたは enableEventValidation 属性の enableEventValidation 属性を設定します。To control whether event validation is performed on callback events, set the enableEventValidation attribute of the @ Page directive or the enableEventValidation attribute of the pages Element (ASP.NET Settings Schema) of the Web.config file. EnableEventValidation プロパティをコードで設定した場合は、ページ処理の Page_Init フェーズで設定します。If you set the EnableEventValidation property in code, set it in the Page_Init phase of page processing. イベント検証のセキュリティ上の利点とパフォーマンスコストのバランスを調整する方法の詳細については、「 ASP.NET performance の概要」を参照してください。For more information on balancing the security benefit of event validation with its performance cost, see ASP.NET Performance Overview.

メソッド

GetCallbackResult()

コントロールを対象とするコールバック イベントの結果を返します。Returns the results of a callback event that targets a control.

RaiseCallbackEvent(String)

コントロールを対象とするコールバック イベントを処理します。Processes a callback event that targets a control.

適用対象

こちらもご覧ください