IParserAccessor インターフェイス

定義

HTML 要素または XML 要素の解析時に、ASP.NET サーバー コントロールが認識するために実装する必要があるメソッドを定義します。Defines the method that ASP.NET server controls must implement to recognize when elements, either HTML or XML, are parsed.

public interface class IParserAccessor
public interface IParserAccessor
type IParserAccessor = interface
Public Interface IParserAccessor
派生

注釈

要素が解析されると、このインターフェイスを実装するサーバーコントロールの子コントロールとして認識されます。When elements are parsed, they are recognized as child controls of the server control that implements this interface. これらの要素は、オブジェクトに変換されます。These elements are converted to objects. このインターフェイスを実装すると、作成したコントロールは、要素が解析されたことが通知された後に発生する処理を定義します。When you implement this interface, the control you create defines what processing occurs once it has been notified that an element has been parsed.

クラスはControlこのインターフェイスを実装するため、このインターフェイスを自分で実装するよりも、そのAddParsedSubObjectクラスを拡張し、メソッドの実装をオーバーライドする方が簡単です。Because the Control class implements this interface, it is easier to extend that class and override its implementation of the AddParsedSubObject method than to implement this interface yourself.

メソッド

AddParsedSubObject(Object)

ASP.NET サーバー コントロールによって実装された場合は、XML 要素または HTML 要素が解析されたことをサーバー コントロールに通知します。When implemented by an ASP.NET server control, notifies the server control that an element, either XML or HTML, was parsed.

適用対象

こちらもご覧ください