Page.Culture Page.Culture Page.Culture Page.Culture Property

定義

ページに関連付けられている Thread オブジェクトのカルチャ ID を設定します。Sets the culture ID for the Thread object associated with the page.

public:
 property System::String ^ Culture { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public string Culture { get; set; }
member this.Culture : string with get, set
Public Property Culture As String

プロパティ値

有効なカルチャ ID。A valid culture ID.

注釈

.Aspx ファイルCulture@ Pageディレクティブに属性を設定します。Set the Culture attribute in the @ Page directive in the .aspx file. ページが要求されると、動的に生成されたクラスによって、このプロパティの値が設定されます。When the page is requested, the dynamically generated class sets the value of this property. また、 Cultureプロパティの値は、プログラムによって、または web.config ファイルのグローバリゼーション要素で明示的に設定することもできます。In addition, you can also explicitly set the value of the Culture property programmatically or in the globalization element of the Web.config file.

プロパティCultureは、ページコンテンツをローカライズするために使用されます。The Culture property is used to help localize page content. 任意の有効なカルチャ ID に設定できます。You can set it to any valid culture ID. たとえば、カルチャ id en-usはページをアメリカ英語に設定し、カルチャ id frはページをフランス語に設定します。For example, the en-us culture ID sets the page to American English, while the fr culture ID sets the page to French. また、ブラウザーの優先言語をauto自動的に検出して設定するための値をに設定することもできます。You can also set the value to auto which will perform automatic detection of the browser's preferred language and set it. 自動言語検出は、などの既定値auto:en-usを使用して修飾できます。The automatic language detection can be qualified with a default value such as auto:en-us.

詳細については、 CultureInfoクラスの概要に関するトピックを参照してください。For more information, see the CultureInfo class overview.

適用対象

こちらもご覧ください