Page.ViewStateUserKey Page.ViewStateUserKey Page.ViewStateUserKey Page.ViewStateUserKey Property

定義

現在のページに関連付けられているビューステート変数で、個別のユーザーに ID を割り当てます。Assigns an identifier to an individual user in the view-state variable associated with the current page.

public:
 property System::String ^ ViewStateUserKey { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public string ViewStateUserKey { get; set; }
member this.ViewStateUserKey : string with get, set
Public Property ViewStateUserKey As String

プロパティ値

個別のユーザーの ID。The identifier for the individual user.

例外

ページ処理中、ViewStateUserKey プロパティへのアクセスが遅すぎました。The ViewStateUserKey property was accessed too late during page processing.

注釈

プロパティをViewStateUserKey設定すると、悪意のあるユーザーからアプリケーションへの攻撃を防ぐのに役立ちます。Setting the ViewStateUserKey property can help you prevent attacks on your application from malicious users. これは、個々のユーザーのビューステート変数に識別子を割り当てて、変数を使用して攻撃を生成することができないようにすることで実現されます。It does this by allowing you to assign an identifier to the view-state variable for individual users so that they cannot use the variable to generate an attack. Web 攻撃の詳細と、それを防ぐためにできることの詳細については、「 ASP.NET 組み込み機能を活用して Web 攻撃を回避オフにする」を参照してください。For more information about Web attacks and about what you can do to help prevent them, see Take Advantage of ASP.NET Built-in Features to Fend Off Web Attacks.

このプロパティは、ユーザーの認証済みの名前やSessionID値など、任意の文字列値に設定できます。You can set this property to any string value, such as the user's authenticated name or the SessionID value.

注意

このプロパティは、 Page_Initページ処理のフェーズ中に設定する必要があります。You must set this property during the Page_Init phase of page processing. Page_Loadフェーズ中にこのプロパティを設定すると、例外がスローされます。Setting this property during the Page_Load phase throws an exception.

適用対象

こちらもご覧ください