StateManagedCollection.IList.RemoveAt(Int32) メソッド

定義

指定したインデックス位置にある IStateManager 要素を削除します。

 virtual void System.Collections.IList.RemoveAt(int index) = System::Collections::IList::RemoveAt;
void IList.RemoveAt (int index);
abstract member System.Collections.IList.RemoveAt : int -> unit
override this.System.Collections.IList.RemoveAt : int -> unit
Sub RemoveAt (index As Integer) Implements IList.RemoveAt

パラメーター

index
Int32

削除する項目の 0 から始まるインデックス。

実装

例外

StateManagedCollection は読み取り専用です。

注釈

この OnValidate メソッドは、値がコレクションから削除される前に検証 value するために呼び出されます。 オブジェクトが OnRemove 削除される前にメソッドが呼び出され、オブジェクトが OnRemoveComplete 削除された後にメソッドが呼び出されます。

適用対象

こちらもご覧ください