TemplateControl.LoadTemplate(String) メソッド

定義

外部ファイルから ITemplate インターフェイスのインスタンスを取得します。

public:
 System::Web::UI::ITemplate ^ LoadTemplate(System::String ^ virtualPath);
public System.Web.UI.ITemplate LoadTemplate (string virtualPath);
member this.LoadTemplate : string -> System.Web.UI.ITemplate
Public Function LoadTemplate (virtualPath As String) As ITemplate

パラメーター

virtualPath
String

ユーザー コントロール ファイルへの仮想パス。

戻り値

ITemplate

指定したテンプレートのインスタンス。

次のコード例は、メソッドを使用し LoadTemplate て、 DataList という名前の Web サーバーコントロールにユーザーコントロールを交互の項目として追加する方法を示して DataList1 います。 ユーザーコントロールは、インターフェイスを実装 ITemplate し、Newtemplate .ascx という名前のファイルに格納されています。

void Page_Load(Object sender, EventArgs e) 
{
   if (!IsPostBack) 
   {  
      DataList1.AlternatingItemTemplate = LoadTemplate("newtemplate.ascx");
      DataList1.DataSource = CreateDataSource();
      DataList1.DataBind();
   }
}
Sub Page_Load(sender As [Object], e As EventArgs)
   If Not IsPostBack Then
      DataList1.AlternatingItemTemplate = LoadTemplate("newtemplate.ascx")
      
      DataList1.DataSource = CreateDataSource()
      DataList1.DataBind()
   End If
End Sub 'Page_Load

適用対象

こちらもご覧ください