Button.UseSubmitBehavior プロパティ

定義

Button コントロールがクライアント ブラウザーの送信機構を使用するのか、ASP.NET のポストバック機構を使用するのかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the Button control uses the client browser's submit mechanism or the ASP.NET postback mechanism.

public:
 virtual property bool UseSubmitBehavior { bool get(); void set(bool value); };
[System.Web.UI.Themeable(false)]
public virtual bool UseSubmitBehavior { get; set; }
member this.UseSubmitBehavior : bool with get, set
Public Overridable Property UseSubmitBehavior As Boolean

プロパティ値

コントロールがブラウザーの送信機構を使用する場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the control uses the client browser's submit mechanism; otherwise, false. 既定値は、true です。The default is true.

属性

次のコード例は、 UseSubmitBehaviorプロパティを使用して、 Buttonコントロールがサーバーにポストバックするときに使用する送信機構を指定する方法を示しています。The following code example demonstrates how to use the UseSubmitBehavior property to specify the submit mechanism that a Button control uses when it posts back to the server. プロパティがにfalse設定され、ボタンが ASP.NET ポストバック機構を使用します。 UseSubmitBehaviorThe UseSubmitBehavior property is set to false, causing the button to use the ASP.NET postback mechanism. ブラウザーの [ソースの表示] コマンドを使用して、表示されるページのソースコードを表示すると、ASP.NET page framework によってクライアント側のスクリプトが追加され、フォームがサーバーに送信されることがわかります。If you view the source code for the rendered page using your browser's View Source command, you will see that client-side script has been added by the ASP.NET page framework to post the form to the server.

<%@ page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  
  void SubmitBtn_Click(object sender, EventArgs e)
  {
    Message.Text = "Hello World!";    
  }

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>Button.UseSubmitBehavior Example</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">

    <h3>Button.UseSubmitBehavior Example</h3> 

    Click the Submit button.
     
    <br /><br /> 

    <!--The value of the UseSubmitBehavior property
    is false. Therefore the button uses the ASP.NET 
    postback mechanism.-->
    <asp:button id="Button1"
      text="Submit"
      onclick="SubmitBtn_Click" 
      usesubmitbehavior="false"
      runat="server"/>       

    <br /><br /> 

    <asp:label id="Message" 
      runat="server"/>

  </form>
</body>
</html>
<%@ page language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
    
  Sub SubmitBtn_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
    
    Message.Text = "Hello World!"
    
  End Sub

  </script>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
  <title>Button.UseSubmitBehavior Example</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">

    <h3>Button.UseSubmitBehavior Example</h3> 

    Click the Submit button.
      
    <br /><br /> 

    <!--The value of the UseSubmitBehavior property
    is false. Therefore the button uses the ASP.NET 
    postback mechanism.-->
    <asp:button id="Button1"
      text="Submit"
      onclick="SubmitBtn_Click" 
      usesubmitbehavior="false"
      runat="server"/>       

    <br /><br /> 

    <asp:label id="Message" 
      runat="server"/>

  </form>
</body>
</html>

注釈

プロパティを使用して、コントロールButtonがクライアントブラウザーの送信メカニズムと ASP.NET ポストバック機構のどちらを使用するかを指定します。 UseSubmitBehaviorUse the UseSubmitBehavior property to specify whether a Button control uses the client browser's submit mechanism or the ASP.NET postback mechanism. 既定では、このプロパティの値trueはでありButton 、コントロールはブラウザーの送信機構を使用します。By default the value of this property is true, causing the Button control to use the browser's submit mechanism. を指定falseすると、ASP.NET page framework によって、クライアント側のスクリプトがページに追加され、フォームがサーバーにポストされます。If you specify false, the ASP.NET page framework adds client-side script to the page to post the form to the server.

プロパティがfalseの場合、 GetPostBackEventReferenceコントロールの開発者はメソッドを使用して、 Buttonのクライアントポストバックイベントを返すことができます。 UseSubmitBehaviorWhen the UseSubmitBehavior property is false, control developers can use the GetPostBackEventReference method to return the client postback event for the Button. GetPostBackEventReferenceメソッドによって返される文字列には、クライアント側の関数呼び出しのテキストが含まれており、クライアント側のイベントハンドラーに挿入できます。The string returned by the GetPostBackEventReference method contains the text of the client-side function call and can be inserted into a client-side event handler.

このプロパティは、テーマまたはスタイル シート テーマによって設定することはできません。This property cannot be set by themes or style sheet themes. 詳細についてはThemeableAttribute 、「」および「 ASP.NET theme and スキン」を参照してください。For more information, see ThemeableAttribute and ASP.NET Themes and Skins.

適用対象

こちらもご覧ください