CommandField クラス

定義

データ バインドされたコントロールでの選択、編集、挿入、または削除の各操作を実行するコマンド ボタンを表示する特別なフィールドを表します。Represents a special field that displays command buttons to perform selecting, editing, inserting, or deleting operations in a data-bound control.

public ref class CommandField : System::Web::UI::WebControls::ButtonFieldBase
public class CommandField : System.Web.UI.WebControls.ButtonFieldBase
type CommandField = class
    inherit ButtonFieldBase
Public Class CommandField
Inherits ButtonFieldBase
継承

次のコード例は、コントロールのレコードを編集するためのコントロールを表示するためにフィールドを使用する方法を示して CommandField GridView います。The following code example demonstrates how to use a CommandField field to display controls to edit a record in a GridView control.


<%@ Page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>CommandField Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      
      <h3>CommandField Example</h3>

      <asp:gridview id="CustomersGridView" 
        datasourceid="CustomersSqlDataSource" 
        autogeneratecolumns="false"
        datakeynames="CustomerID"  
        runat="server">
        
        <columns>
          <asp:commandfield showeditbutton="true"
            headertext="Edit Controls"/>
          <asp:boundfield datafield="CustomerID"
            headertext="Customer ID" />
          <asp:boundfield datafield="CompanyName"
            headertext="Company Name"/>
          <asp:boundfield datafield="Address"
            headertext="Address"/>
          <asp:boundfield datafield="City"
            headertext="City"/>
          <asp:boundfield datafield="PostalCode"
            headertext="ZIP Code"/>
          <asp:boundfield datafield="Country"
            headertext="Country"/>
        </columns>
        
      </asp:gridview>
            
      <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects  -->
      <!-- to the Northwind sample database. Use an ASP.NET     -->
      <!-- expression to retrieve the connection string value   -->
      <!-- from the Web.config file.                            -->
      <asp:sqldatasource id="CustomersSqlDataSource"  
        selectcommand="Select [CustomerID], [CompanyName], [Address], [City], [PostalCode], [Country] From [Customers]"
        updatecommand="Update Customers Set CompanyName=@CompanyName, Address=@Address, City=@City, PostalCode=@PostalCode, Country=@Country Where (CustomerID = @CustomerID)"
        connectionstring="<%$ ConnectionStrings:NorthWindConnectionString%>"
        runat="server">
      </asp:sqldatasource>
            
    </form>
  </body>
</html>


<%@ Page language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>CommandField Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      
      <h3>CommandField Example</h3>

      <asp:gridview id="CustomersGridView" 
        datasourceid="CustomersSqlDataSource" 
        autogeneratecolumns="false"
        datakeynames="CustomerID"  
        runat="server">
        
        <columns>
          <asp:commandfield showeditbutton="true"
            headertext="Edit Controls"/>
          <asp:boundfield datafield="CustomerID"
            headertext="Customer ID" />
          <asp:boundfield datafield="CompanyName"
            headertext="Company Name"/>
          <asp:boundfield datafield="Address"
            headertext="Address"/>
          <asp:boundfield datafield="City"
            headertext="City"/>
          <asp:boundfield datafield="PostalCode"
            headertext="ZIP Code"/>
          <asp:boundfield datafield="Country"
            headertext="Country"/>
        </columns>
        
      </asp:gridview>
            
      <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects  -->
      <!-- to the Northwind sample database. Use an ASP.NET     -->
      <!-- expression to retrieve the connection string value   -->
      <!-- from the Web.config file.                            -->
      <asp:sqldatasource id="CustomersSqlDataSource"  
        selectcommand="Select [CustomerID], [CompanyName], [Address], [City], [PostalCode], [Country] From [Customers]"
        updatecommand="Update Customers Set CompanyName=@CompanyName, Address=@Address, City=@City, PostalCode=@PostalCode, Country=@Country Where (CustomerID = @CustomerID)"
        connectionstring="<%$ ConnectionStrings:NorthWindConnectionString%>"
        runat="server">
      </asp:sqldatasource>
            
    </form>
  </body>
</html>

次のコード例では、、、およびの各プロパティを使用して、 CancelText EditText UpdateText 編集コントロールのテキストをカスタマイズする方法を示します。The following code example demonstrates how to use the CancelText, EditText, and UpdateText properties to customize the text for the editing controls.


<%@ Page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>CommandField Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      
      <h3>CommandField Example</h3>

      <asp:gridview id="CustomersGridView" 
        datasourceid="CustomersSqlDataSource" 
        autogeneratecolumns="false"
        datakeynames="CustomerID"  
        runat="server">
        
        <columns>
          <asp:commandfield showeditbutton="true"
            edittext="Edit Customer"
            canceltext="Discard"
            updatetext="Revise"
            headertext="Edit Controls"/>
          <asp:boundfield datafield="CustomerID"
            headertext="Customer ID" />
          <asp:boundfield datafield="CompanyName"
            headertext="Company Name"/>
          <asp:boundfield datafield="Address"
            headertext="Address"/>
          <asp:boundfield datafield="City"
            headertext="City"/>
          <asp:boundfield datafield="PostalCode"
            headertext="ZIP Code"/>
          <asp:boundfield datafield="Country"
            headertext="Country"/>
        </columns>
        
      </asp:gridview>
            
      <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects  -->
      <!-- to the Northwind sample database. Use an ASP.NET     -->
      <!-- expression to retrieve the connection string value   -->
      <!-- from the Web.config file.                            -->
      <asp:sqldatasource id="CustomersSqlDataSource"  
        selectcommand="Select [CustomerID], [CompanyName], [Address], [City], [PostalCode], [Country] From [Customers]"
        updatecommand="Update Customers Set CompanyName=@CompanyName, Address=@Address, City=@City, PostalCode=@PostalCode, Country=@Country Where (CustomerID = @CustomerID)"
        connectionstring="<%$ ConnectionStrings:NorthWindConnectionString%>"
        runat="server">
      </asp:sqldatasource>
            
    </form>
  </body>
</html>


<%@ Page language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>CommandField Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
      
      <h3>CommandField Example</h3>

      <asp:gridview id="CustomersGridView" 
        datasourceid="CustomersSqlDataSource" 
        autogeneratecolumns="false"
        datakeynames="CustomerID"  
        runat="server">
        
        <columns>
          <asp:commandfield showeditbutton="true"
            edittext="Edit Customer"
            canceltext="Discard"
            updatetext="Revise"
            headertext="Edit Controls"/>
          <asp:boundfield datafield="CustomerID"
            headertext="Customer ID" />
          <asp:boundfield datafield="CompanyName"
            headertext="Company Name"/>
          <asp:boundfield datafield="Address"
            headertext="Address"/>
          <asp:boundfield datafield="City"
            headertext="City"/>
          <asp:boundfield datafield="PostalCode"
            headertext="ZIP Code"/>
          <asp:boundfield datafield="Country"
            headertext="Country"/>
        </columns>
        
      </asp:gridview>
            
      <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects  -->
      <!-- to the Northwind sample database. Use an ASP.NET     -->
      <!-- expression to retrieve the connection string value   -->
      <!-- from the Web.config file.                            -->
      <asp:sqldatasource id="CustomersSqlDataSource"  
        selectcommand="Select [CustomerID], [CompanyName], [Address], [City], [PostalCode], [Country] From [Customers]"
        updatecommand="Update Customers Set CompanyName=@CompanyName, Address=@Address, City=@City, PostalCode=@PostalCode, Country=@Country Where (CustomerID = @CustomerID)"
        connectionstring="<%$ ConnectionStrings:NorthWindConnectionString%>"
        runat="server">
      </asp:sqldatasource>
            
    </form>
  </body>
</html>

注釈

クラスは、 CommandField データバインドコントロール (やなど) によって使用される特別なフィールドで、 GridView DetailsView 削除、編集、挿入、または選択操作を実行するコマンドボタンを表示します。The CommandField class is a special field used by data-bound controls (such as GridView and DetailsView) to display command buttons that perform delete, edit, insert, or select operations. これらの操作を実行するコマンドボタンは、次の表に示すプロパティを使用して表示または非表示にすることができます。The command buttons to perform these operations can be shown or hidden using the properties shown in the following table.

プロパティProperty 説明Description
ShowDeleteButton CommandFieldデータバインドコントロール内の各レコードについて、フィールドの [削除] ボタンの表示と非表示を切り替えます。Shows or hides a Delete button in a CommandField field for each record in the data-bound control. [削除] ボタンを使用すると、ユーザーはデータソースからレコードを削除できます。The Delete button allows the user to delete a record from the data source.
ShowEditButton CommandFieldデータバインドコントロール内の各レコードについて、フィールドの [編集] ボタンの表示と非表示を切り替えます。Shows or hides an Edit button in a CommandField field for each record in the data-bound control. [編集] ボタンを使用すると、ユーザーはデータソースからレコードを編集できます。The Edit button allows the user to edit a record from the data source. ユーザーが特定のレコードの [編集] ボタンをクリックすると、その [編集] ボタンは [更新] ボタンと [キャンセル] ボタンに置き換えられます。When the user clicks the Edit button for a specific record, that Edit button is replaced with an Update button and a Cancel button. 他のすべてのコマンドボタンも非表示になります。All other command buttons are also hidden.
ShowInsertButton フィールドの新しいボタンの表示と非表示を切り替え CommandField ます。Shows or hides the New button in a CommandField field. [新規] ボタンを使用すると、ユーザーはデータソースに新しいレコードを挿入できます。The New button allows the user to insert a new record in the data source. ユーザーが [新規作成] ボタンをクリックすると、[挿入] ボタンと [キャンセル] ボタンで置き換えられます。When the user clicks the New button, it is replaced with an Insert button and a Cancel button. 他のすべてのコマンドボタンも非表示になります。All other command buttons are also hidden. 注: このプロパティは、コントロールなどの挿入操作をサポートするデータバインドコントロールにのみ適用さ DetailsView れます。Note: This property applies only to data-bound controls that support inserting operations, such as the DetailsView control.
ShowSelectButton CommandFieldデータバインドコントロール内の各レコードについて、フィールドの [選択] ボタンの表示と非表示を切り替えます。Shows or hides a Select button in a CommandField field for each record in the data-bound control. [選択] ボタンを使用すると、ユーザーはデータバインドコントロール内のレコードを選択できます。The Select button allows the user to select a record in the data-bound control.

また、プロパティを設定すると、レコードが編集モードまたは挿入モードのときに表示される [キャンセル] ボタンを表示または非表示にすることができます ShowCancelButtonIn addition, the Cancel button displayed when a record is in edit or insert mode can be shown or hidden by setting the ShowCancelButton property.

注意

データバインドコントロールがデータソースコントロール (コントロールなど) と組み合わせて使用されている場合 SqlDataSource 、データバインドコントロールはデータソースコントロールの機能を利用し、自動的に削除、更新、および挿入の機能を提供します。When a data-bound control is used in combination with a data source control (such as a SqlDataSource control), the data-bound control can take advantage of the data source control's capabilities and provide automatic delete, update, and insert functionality. その他のデータソースについては、データバインドコントロールの適切なイベント中にこれらの操作を実行するルーチンを用意する必要があります。For other data sources, you need to provide the routines to perform these operations during the appropriate events for the data-bound control.

フィールドは、使用される CommandField データバインドコントロールによって異なる方法で表示されます。The CommandField field is displayed differently depending on the data-bound control in which it is used. たとえば、コントロールには GridView フィールドが列として表示され、コントロールには行として表示され CommandField DetailsView ます。For example, the GridView control displays a CommandField field as a column, while the DetailsView control displays it as a row.

表示するボタンの種類を指定するには、プロパティを使用し ButtonType ます。To specify the type of button to display, use the ButtonType property. ButtonTypeプロパティがまたはに設定されている場合は、 ButtonType.Button ButtonType.Link 次の表に示すプロパティを設定することによって、ボタンに表示するテキストを指定できます。When the ButtonType property is set to ButtonType.Button or ButtonType.Link, you can specify the text to display for the buttons by setting the properties shown in the following table.

プロパティProperty 説明Description
CancelText [キャンセル] ボタンのキャプション。The caption for the Cancel button.
DeleteText 削除ボタンのキャプション。The caption for the Delete button.
EditText [編集] ボタンのキャプション。The caption for the Edit button.
InsertText 挿入ボタンのキャプション。The caption for the Insert button. 注: このプロパティは、コントロールなどの挿入操作をサポートするデータバインドコントロールにのみ適用さ DetailsView れます。Note: This property applies only to data-bound controls that support insert operations, such as the DetailsView control.
NewText 新しいボタンのキャプション。The caption for the New button. 注: このプロパティは、コントロールなどの挿入操作をサポートするデータバインドコントロールにのみ適用さ DetailsView れます。Note: This property applies only to data-bound controls that support insert operations, such as the DetailsView control.
SelectText Select ボタンのキャプション。The caption for the Select button.
UpdateText [更新] ボタンのキャプション。The caption for the Update button.

コマンドボタンまたはリンクボタンを表示する代わりに、プロパティをに設定し、次の ButtonType ButtonType.Image 表に示すプロパティを設定することによって、イメージボタンを表示できます。Instead of displaying a command button or a link button, you can display an image button by setting the ButtonType property to ButtonType.Image and then setting the properties shown in the following table.

プロパティProperty 説明Description
CancelImageUrl [キャンセル] ボタンに表示するイメージThe image to display for the Cancel button
DeleteImageUrl [削除] ボタンに表示するイメージ。The image to display for the Delete button.
EditImageUrl [編集] ボタンに表示するイメージ。The image to display for the Edit button.
InsertText 挿入ボタンに表示するイメージ。The image to display for the Insert button. 注: このプロパティは、コントロールなどの挿入操作をサポートするデータバインドコントロールにのみ適用さ DetailsView れます。Note: This property applies only to data-bound controls that support insert operations, such as the DetailsView control.
NewImageUrl [新規作成] ボタンに表示するイメージ。The image to display for the New button. 注: このプロパティは、コントロールなどの挿入操作をサポートするデータバインドコントロールにのみ適用さ DetailsView れます。Note: This property applies only to data-bound controls that support insert operations, such as the DetailsView control.
SelectImageUrl 選択ボタンに表示するイメージ。The image to display for the Select button.
UpdateImageUrl [更新] ボタンに表示するイメージ。The image to display for the Update button.

既定では、ユーザーがフィールドのボタンをクリックすると、 CommandField ページ上のすべての検証コントロールに対して検証が実行されます。By default, when the user clicks a button in a CommandField field, validation is performed on all validation controls on the page. ボタンがクリックされたときに検証が行われないようにするには、プロパティをに設定し CausesValidation false ます。To prevent validation from occurring when a button is clicked, set the CausesValidation property to false.

データバインドコントロールのフィールドを非表示にするには CommandFieldVisible プロパティをに設定し false ます。You can hide a CommandField field in a data-bound control by setting the Visible property to false.

フィールドを使用すると、 CommandField ヘッダーセクションとフッターセクションをカスタマイズできます。The CommandField field allows you to customize its header and footer sections. ヘッダーまたはフッターセクションにキャプションを表示するに HeaderText は、プロパティまたは FooterText プロパティをそれぞれ設定します。To display a caption in the header or the footer section, set the HeaderText or the FooterText property, respectively. ヘッダーセクションにテキストを表示する代わりに、プロパティを設定してイメージを表示でき HeaderImageUrl ます。Instead of displaying text in the header section, you can display an image by setting the HeaderImageUrl property. オブジェクトのヘッダーセクションを非表示にするには CommandField 、プロパティをに設定し ShowHeader false ます。To hide the header section in a CommandField object, set the ShowHeader property to false.

注意

一部のデータバインドコントロール ( GridView コントロールなど) では、コントロールのヘッダーセクション全体だけを表示または非表示にすることができます。Some data-bound controls (such as the GridView control) can show or hide only the entire header section of the control. これらのデータバインドコントロールは、 ShowHeader 個々のボタンフィールドのプロパティをサポートしていません。These data-bound controls do not support the ShowHeader property for an individual button field. データバインドコントロールのヘッダーセクション全体 (使用可能な場合) を表示または非表示にするには、コントロールのプロパティを使用し ShowHeader ます。To show or hide the entire header section of a data-bound control (if available), use the control's ShowHeader property.

また、 CommandField フィールドのさまざまな部分のスタイルプロパティを設定して、オブジェクト (フォントの色、背景色など) の外観をカスタマイズすることもできます。You also can customize the appearance of the CommandField object (font color, background color, and so on) by setting the style properties for the different parts of the field. 次の表は、さまざまなスタイルプロパティを示しています。The following table lists the different style properties.

Style プロパティStyle property 説明Description
ControlStyle オブジェクトの子 Web サーバーコントロールのスタイル設定 CommandFieldThe style settings for the child Web server controls of the CommandField object.
FooterStyle オブジェクトのフッターセクションのスタイル設定 CommandFieldThe style settings for the footer section of the CommandField object.
HeaderStyle オブジェクトのヘッダーセクションのスタイル設定 CommandFieldThe style settings for the header section of the CommandField object.
ItemStyle オブジェクト内のデータ項目のスタイル設定 CommandFieldThe style settings for the data items in the CommandField object.

コンストラクター

CommandField()

CommandField クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the CommandField class.

プロパティ

AccessibleHeaderText

一部のコントロールの AbbreviatedText プロパティ値として表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets text that is rendered as the AbbreviatedText property value in some controls.

(継承元 DataControlField)
ButtonType

ボタン フィールドに表示するボタンの種類を取得または設定します。Gets or sets the button type to display in the button field.

(継承元 ButtonFieldBase)
CancelImageUrl

CommandField フィールドの Cancel ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for the Cancel button in a CommandField field.

CancelText

CommandField フィールドに表示される Cancel ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for the Cancel button displayed in a CommandField field.

CausesValidation

ユーザーが CommandField フィールドのボタンをクリックしたときに検証が実行されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether validation is performed when the user clicks a button in a CommandField field.

Control

DataControlField オブジェクトが関連付けられているデータ コントロールの参照を取得します。Gets a reference to the data control that the DataControlField object is associated with.

(継承元 DataControlField)
ControlStyle

DataControlField オブジェクトに格納されているすべての Web サーバー コントロールのスタイルを取得します。Gets the style of any Web server controls contained by the DataControlField object.

(継承元 DataControlField)
DeleteImageUrl

CommandField フィールドの Delete ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for a Delete button in a CommandField field.

DeleteText

CommandField フィールドの Delete ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for a Delete button in a CommandField field.

DesignMode

デザイン時環境で、現在データ コントロール フィールドが表示されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a data control field is currently viewed in a design-time environment.

(継承元 DataControlField)
EditImageUrl

CommandField フィールドの Edit ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for an Edit button in a CommandField field.

EditText

CommandField フィールドの Edit ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for an Edit button in a CommandField field.

FooterStyle

データ コントロール フィールドのフッターのスタイルを取得または設定します。Gets or sets the style of the footer of the data control field.

(継承元 DataControlField)
FooterText

データ コントロール フィールドのフッター項目に表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text that is displayed in the footer item of a data control field.

(継承元 DataControlField)
HeaderImageUrl

データ コントロール フィールドのヘッダー項目に表示されるイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL of an image that is displayed in the header item of a data control field.

(継承元 DataControlField)
HeaderStyle

データ コントロール フィールドのヘッダーのスタイルを取得または設定します。Gets or sets the style of the header of the data control field.

(継承元 DataControlField)
HeaderText

データ コントロール フィールドのヘッダー項目に表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text that is displayed in the header item of a data control field.

(継承元 DataControlField)
InsertImageUrl

CommandField フィールドの Insert ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for the Insert button in a CommandField field.

InsertText

CommandField フィールドの Insert ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for the Insert button in a CommandField field.

InsertVisible

DataControlField オブジェクトの親データ バインド コントロールが挿入モードの場合に、このオブジェクトが表示されるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataControlField object is visible when its parent data-bound control is in insert mode.

(継承元 DataControlField)
IsTrackingViewState

DataControlField オブジェクトがビューステートへの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataControlField object is saving changes to its view state.

(継承元 DataControlField)
ItemStyle

データ コントロール フィールドで表示されるテキスト ベースの内容のスタイルを取得します。Gets the style of any text-based content displayed by a data control field.

(継承元 DataControlField)
NewImageUrl

CommandField フィールドの New ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for the New button in a CommandField field.

NewText

CommandField フィールドの New ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for the New button in a CommandField field.

SelectImageUrl

CommandField フィールドの Select ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for a Select button in a CommandField field.

SelectText

CommandField フィールドの Select ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for a Select button in a CommandField field.

ShowCancelButton

CommandField フィールドに Cancel ボタンが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a Cancel button is displayed in a CommandField field.

ShowDeleteButton

CommandField フィールドに Delete ボタンが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a Delete button is displayed in a CommandField field.

ShowEditButton

CommandField フィールドに Edit ボタンが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether an Edit button is displayed in a CommandField field.

ShowHeader

ButtonFieldBase オブジェクトにヘッダー セクションを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the header section is displayed in a ButtonFieldBase object.

(継承元 ButtonFieldBase)
ShowInsertButton

CommandField フィールドに New ボタンが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a New button is displayed in a CommandField field.

ShowSelectButton

CommandField フィールドに Select ボタンが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a Select button is displayed in a CommandField field.

SortExpression

データ ソース コントロールでデータを並べ替えるために使用される並べ替え式を、取得または設定します。Gets or sets a sort expression that is used by a data source control to sort data.

(継承元 DataControlField)
UpdateImageUrl

CommandField フィールドの Update ボタンに表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display for an Update button in a CommandField field.

UpdateText

CommandField フィールドの Update ボタンのキャプションを取得または設定します。Gets or sets the caption for an Update button in a CommandField field.

ValidateRequestMode

コントロールでクライアントの入力を検証するかどうかを指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies whether the control validates client input.

(継承元 DataControlField)
ValidationGroup

ButtonFieldBase オブジェクトのボタンがクリックされたときに検証する検証コントロールのグループの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the group of validation controls to validate when a button in a ButtonFieldBase object is clicked.

(継承元 ButtonFieldBase)
ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、DataControlField オブジェクトのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。Gets a dictionary of state information that allows you to save and restore the view state of a DataControlField object across multiple requests for the same page.

(継承元 DataControlField)
Visible

データ コントロール フィールドを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a data control field is rendered.

(継承元 DataControlField)

メソッド

CloneField()

現在の DataControlField 派生オブジェクトのコピーを作成します。Creates a duplicate copy of the current DataControlField-derived object.

(継承元 DataControlField)
CopyProperties(DataControlField)

CommandField オブジェクトの現在のプロパティを、指定された DataControlField オブジェクトにコピーします。Copies the properties of the current CommandField object to the specified DataControlField object.

CreateField()

空の CommandField オブジェクトを作成します。Creates an empty CommandField object.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
ExtractValuesFromCell(IOrderedDictionary, DataControlFieldCell, DataControlRowState, Boolean)

現在のテーブル セルからデータ コントロール フィールドの値を抽出し、指定した IDictionary コレクションにその値を追加します。Extracts the value of the data control field from the current table cell and adds the value to the specified IDictionary collection.

(継承元 DataControlField)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Initialize(Boolean, Control)

データ コントロール フィールドのインスタンスの基本的な初期化を実行します。Performs basic instance initialization for a data control field.

(継承元 DataControlField)
InitializeCell(DataControlFieldCell, DataControlCellType, DataControlRowState, Int32)

指定された DataControlFieldCell オブジェクトを、指定された行の状態に初期化します。Initializes the specified DataControlFieldCell object to the specified row state.

LoadViewState(Object)

データ ソース ビューの、以前保存したビューステートを復元します。Restores the data source view's previously saved view state.

(継承元 DataControlField)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnFieldChanged()

FieldChanged イベントを発生させます。Raises the FieldChanged event.

(継承元 DataControlField)
SaveViewState()

ページがサーバーにポストバックされた時間以降に発生した、DataControlField ビューステートへの変更を保存します。Saves the changes made to the DataControlField view state since the time the page was posted back to the server.

(継承元 DataControlField)
ToString()

この DataControlField オブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents this DataControlField object.

(継承元 DataControlField)
TrackViewState()

DataControlField オブジェクトがそのビューステートの変更を追跡するようにします。それにより、変更をコントロールの ViewState プロパティに格納して、同じページに対する複数の要求にわたって永続化できます。Causes the DataControlField object to track changes to its view state so they can be stored in the control's ViewState property and persisted across requests for the same page.

(継承元 DataControlField)
ValidateSupportsCallback()

CommandField オブジェクトに格納されているコントロールがコールバックをサポートしているかどうかを確認します。Determines whether the controls contained in a CommandField object support callbacks.

明示的なインターフェイスの実装

IDataSourceViewSchemaAccessor.DataSourceViewSchema

DataControlField オブジェクトに関連付けられているスキーマを取得または設定します。Gets or sets the schema associated with this DataControlField object.

(継承元 DataControlField)
IStateManager.IsTrackingViewState

DataControlField オブジェクトがビューステートへの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataControlField object is saving changes to its view state.

(継承元 DataControlField)
IStateManager.LoadViewState(Object)

データ コントロール フィールドの、以前保存したビューステートを復元します。Restores the data control field's previously saved view state.

(継承元 DataControlField)
IStateManager.SaveViewState()

ページがサーバーにポストバックされた時間以降に発生した、DataControlField ビューステートへの変更を保存します。Saves the changes made to the DataControlField view state since the time the page was posted back to the server.

(継承元 DataControlField)
IStateManager.TrackViewState()

DataControlField オブジェクトがそのビューステートの変更を追跡するようにします。それにより、変更をコントロールの ViewState プロパティに格納して、同じページに対する複数の要求にわたって永続化できます。Causes the DataControlField object to track changes to its view state so they can be stored in the control's ViewState property and persisted across requests for the same page.

(継承元 DataControlField)

適用対象

こちらもご覧ください