CompositeControl.SupportsDisabledAttribute プロパティ

定義

コントロールの IsEnabled プロパティが disabled の場合、レンダリングされた HTML 要素の false 属性を "無効" に設定するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the control should set the disabled attribute of the rendered HTML element to "disabled" when the control's IsEnabled property is false.

public:
 virtual property bool SupportsDisabledAttribute { bool get(); };
public override bool SupportsDisabledAttribute { get; }
member this.SupportsDisabledAttribute : bool
Public Overrides ReadOnly Property SupportsDisabledAttribute As Boolean

プロパティ値

trueプロパティがRenderingCompatibility 4.0より低い ASP.NET バージョンを示す場合は。それfalse以外の場合は。true if the RenderingCompatibility property indicates an ASP.NET version lower than 4.0; otherwise, false.

注釈

このプロパティは、コントロールが無効になっている場合に、ASP.NET がコントロールの HTML を表示する方法を示します。This property indicates how ASP.NET should render HTML for a control when the control is disabled. このプロパティがのtrue場合、ASP.NET はdisabled 、コントロールが無効になったときに属性を表示します。If this property is true, ASP.NET renders a disabled attribute when a control is disabled. このプロパティがのfalse場合、ASP.NET はclass 、コントロールが無効になったときに属性を表示します。If this property is false, ASP.NET renders a class attribute when a control is disabled. 詳細については、「WebControl.SupportsDisabledAttribute」を参照してください。For more information, see WebControl.SupportsDisabledAttribute.

適用対象

こちらもご覧ください