HierarchicalDataBoundControl.ValidateDataSource(Object) メソッド

定義

データ バインド コントロールのバインド先のオブジェクトが処理可能かどうかを確認します。Verifies that the object a data-bound control binds to is one it can work with.

protected:
 override void ValidateDataSource(System::Object ^ dataSource);
protected override void ValidateDataSource (object dataSource);
override this.ValidateDataSource : obj -> unit
Protected Overrides Sub ValidateDataSource (dataSource As Object)

パラメーター

dataSource
Object

DataSource プロパティに設定されるオブジェクト。An object set to the DataSource property.

例外

dataSourcenull でなく、IHierarchicalEnumerable および IHierarchicalDataSource インターフェイスのどちらも実装していません。dataSource is not null and implements neither the IHierarchicalEnumerable nor the IHierarchicalDataSource interface.

注釈

メソッドは、 DataSourceプロパティのBaseDataBoundControlクラスのミューテーター (setter) でのみ呼び出されます。 ValidateDataSourceThe ValidateDataSource method is called only in the BaseDataBoundControl class's mutator (setter) for the DataSource property. クラスは、 DataSourceプロパティに設定されているオブジェクトの型をチェックして、インターフェイスIHierarchicalEnumerableまたはIHierarchicalDataSourceインターフェイスのインスタンスであることを確認します。 HierarchicalDataBoundControlThe HierarchicalDataBoundControl class checks the type of the object that is set for the DataSource property to ensure that it is an instance of the IHierarchicalEnumerable or IHierarchicalDataSource interfaces.

適用対象

こちらもご覧ください