HotSpotCollection クラス

定義

ImageMap コントロールの内側にある HotSpot オブジェクトのコレクションを表します。Represents a collection of HotSpot objects inside an ImageMap control. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class HotSpotCollection sealed : System::Web::UI::StateManagedCollection
public sealed class HotSpotCollection : System.Web.UI.StateManagedCollection
type HotSpotCollection = class
    inherit StateManagedCollection
Public NotInheritable Class HotSpotCollection
Inherits StateManagedCollection
継承
HotSpotCollection

次のコード例は、コントロールをプログラムで作成 ImageMap し、そのコントロールに2つのオブジェクトを追加する方法を示して CircleHotSpot います。The following code example demonstrates how to programmatically create an ImageMap control and add two CircleHotSpot objects to it. プロパティは、 HotSpots HotSpotCollection コントロールのコレクションにアクセスし、 ImageMap そのコレクションにオブジェクトを追加するために使用され CircleHotSpot ます。The HotSpots property is used to access the HotSpotCollection collection for the ImageMap control and add the CircleHotSpot objects to it. この例を正しく動作させるには、プロパティに独自のイメージを指定 ImageUrl し、アプリケーションが検索できるように、イメージへのパスを適切に更新する必要があります。For this example to work correctly, you must supply your own image for the ImageUrl property and update the path to the image appropriately so that the application can locate it.

<%@ page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  void Page_Load (Object sender, EventArgs e)
  {
    // Programmatically create an ImageMap control.
    ImageMap Shop = new ImageMap();
    
    // Set properties on the ImageMap control.
    Shop.ImageUrl = "Images/ShopChoice.jpg";
    Shop.AlternateText = "Shopping choices";

    // Add the ImageMap control to the 
    // Controls collection of the page.
    Page.Controls.Add(Shop);

    // Programmatically create a CircleHotSpot object.
    CircleHotSpot Circle1 = new CircleHotSpot();
    Circle1.HotSpotMode = HotSpotMode.Navigate;
    Circle1.NavigateUrl = "http://www.tailspintoys.com";
    Circle1.X = 145;
    Circle1.Y = 120;
    Circle1.Radius = 75;
    Circle1.AlternateText = "Shop for toys";

    // Add Circle1 to the ImageMap's HotSpotCollection.    
    Shop.HotSpots.Add(Circle1);

    // Programmatically create a second CircleHotSpot object.
    CircleHotSpot Circle2 = new CircleHotSpot();
    Circle2.HotSpotMode = HotSpotMode.Navigate;
    Circle2.NavigateUrl = "http://www.cohowinery.com";
    Circle2.X = 145;
    Circle2.Y = 290;
    Circle2.Radius = 75;
    Circle2.AlternateText = "Shop for wine";

    // Add Circle2 to the ImageMap's HotSpotCollection.    
    Shop.HotSpots.Add(Circle2);
  }

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>ImageMap Class C# Constructor Example</title>
</head>
  <body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>ImageMap Class C# Constructor Example</h3>
      
      <h4>Shopping Choices:</h4>
      
    </form>      
  </body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  
  Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
    
    ' Programmatically create an ImageMap control.
    Dim Shop As New ImageMap
    Shop.ImageUrl = "Images/ShopChoice.jpg"
    Shop.AlternateText = "Shopping choices"
    
    ' Add the ImageMap control to the 
    ' Controls collection of the page.
    Page.Controls.Add(Shop)
    
    ' Programmatically create a CircleHotSpot object.
    Dim Circle1 As New CircleHotSpot
    Circle1.HotSpotMode = HotSpotMode.Navigate
    Circle1.NavigateUrl = "http://www.tailspintoys.com"
    Circle1.X = 145
    Circle1.Y = 120
    Circle1.Radius = 75
    Circle1.AlternateText = "Shop for toys"
    
    ' Add Circle1 to the ImageMap's HotSpotCollection.    
    Shop.HotSpots.Add(Circle1)
    
    ' Programmatically create a second CircleHotSpot object.
    Dim Circle2 As New CircleHotSpot
    Circle2.HotSpotMode = HotSpotMode.Navigate
    Circle2.NavigateUrl = "http://www.cohowinery.com"
    Circle2.X = 145
    Circle2.Y = 290
    Circle2.Radius = 75
    Circle2.AlternateText = "Shop for wine"

    
    ' Add Circle2 to the ImageMap's HotSpotCollection.    
    Shop.HotSpots.Add(Circle2)
    
  End Sub
  
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>ImageMap Class VB Constructor Example</title>
</head>
  <body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>ImageMap Class VB Constructor Example</h3>
      
      <h4>Shopping Choices:</h4>
      
    </form>      
  </body>
</html>

注釈

クラスは、コントロールが、 HotSpotCollection ImageMap 含まれているオブジェクトのリストを保持できるようにするコレクションを表し HotSpot ます。The HotSpotCollection class represents a collection that enables an ImageMap control to maintain a list of the HotSpot objects it contains.

Add指定された HotSpot オブジェクトを序数インデックス配列の末尾にあるコレクションに追加するには、メソッドを使用します。Use the Add method to add a specified HotSpot object to the collection at the end of an ordinal index array. Insert HotSpot コレクションの指定したインデックス位置にオブジェクトを追加するには、メソッドを使用します。Use the Insert method to add a HotSpot object to the collection at a specified index location. Item[] HotSpot 単純な配列表記を使用して、コレクション内の指定したインデックス位置にあるオブジェクトに直接アクセスするには、インデクサーを使用します。Use the Item[] indexer to directly access a HotSpot object in the collection at a specified index, using simple array notation.

メソッドを使用して、 Remove HotSpot コレクションの末尾からオブジェクトを削除します。Use the Remove method to remove a HotSpot object from the end of the collection. RemoveAt HotSpot 指定したインデックス位置からオブジェクトを削除するには、メソッドを使用します。Use the RemoveAt method to remove a HotSpot object from a specified index location.

コンストラクター

HotSpotCollection()

HotSpotCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HotSpotCollection class.

プロパティ

Count

StateManagedCollection コレクションに格納されている要素の数を取得します。Gets the number of elements contained in the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
Item[Int32]

HotSpot コレクション内の指定したインデックス位置の HotSpotCollection オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the HotSpot object at the specified index in the HotSpotCollection collection.

メソッド

Add(HotSpot)

指定した HotSpot オブジェクトを HotSpotCollection コレクションの末尾に追加します。Appends a specified HotSpot object to the end of the HotSpotCollection collection.

Clear()

StateManagedCollection コレクションからすべての項目を削除します。Removes all items from the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
CopyTo(Array, Int32)

特定の配列インデックスを開始位置として、配列に StateManagedCollection コレクションの要素をコピーします。Copies the elements of the StateManagedCollection collection to an array, starting at a particular array index.

(継承元 StateManagedCollection)
CreateKnownType(Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、IStateManager を実装するクラスのインスタンスを作成します。When overridden in a derived class, creates an instance of a class that implements IStateManager. 作成されるオブジェクトの型は、GetKnownTypes() メソッドから返されるコレクションの指定されたメンバーに基づきます。The type of object created is based on the specified member of the collection returned by the GetKnownTypes() method.

(継承元 StateManagedCollection)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetEnumerator()

StateManagedCollection コレクションを反復処理する反復子を返します。Returns an iterator that iterates through the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetKnownTypes()

派生クラスでオーバーライドされた場合、StateManagedCollection コレクションに格納できる IStateManager 型の配列を取得します。When overridden in a derived class, gets an array of IStateManager types that the StateManagedCollection collection can contain.

(継承元 StateManagedCollection)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Insert(Int32, HotSpot)

指定した HotSpot オブジェクトを HotSpotCollection コレクションの指定したインデックス位置に挿入します。Inserts a specified HotSpot object into the HotSpotCollection collection at the specified index location.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnClear()

派生クラスでオーバーライドされた場合、Clear() メソッドによってコレクションからすべての項目が削除される前の補足作業を実行します。When overridden in a derived class, performs additional work before the Clear() method removes all items from the collection.

(継承元 StateManagedCollection)
OnClearComplete()

派生クラスでオーバーライドされた場合、Clear() メソッドによってコレクションからすべての項目が削除された後の補足作業を実行します。When overridden in a derived class, performs additional work after the Clear() method finishes removing all items from the collection.

(継承元 StateManagedCollection)
OnInsert(Int32, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、IList.Insert(Int32, Object) メソッドまたは IList.Add(Object) メソッドによってコレクションに項目が追加される前の補足作業を実行します。When overridden in a derived class, performs additional work before the IList.Insert(Int32, Object) or IList.Add(Object) method adds an item to the collection.

(継承元 StateManagedCollection)
OnInsertComplete(Int32, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、IList.Insert(Int32, Object) メソッドまたは IList.Add(Object) メソッドによってコレクションに項目が追加された後の補足作業を実行します。When overridden in a derived class, performs additional work after the IList.Insert(Int32, Object) or IList.Add(Object) method adds an item to the collection.

(継承元 StateManagedCollection)
OnRemove(Int32, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、IList.Remove(Object) メソッドまたは IList.RemoveAt(Int32) メソッドによって、指定された項目がコレクションから削除される前の補足作業を実行します。When overridden in a derived class, performs additional work before the IList.Remove(Object) or IList.RemoveAt(Int32) method removes the specified item from the collection.

(継承元 StateManagedCollection)
OnRemoveComplete(Int32, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、IList.Remove(Object) メソッドまたは IList.RemoveAt(Int32) メソッドによって、指定された項目がコレクションから削除された後の補足作業を実行します。When overridden in a derived class, performs additional work after the IList.Remove(Object) or IList.RemoveAt(Int32) method removes the specified item from the collection.

(継承元 StateManagedCollection)
OnValidate(Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、StateManagedCollection コレクションの要素を検証します。When overridden in a derived class, validates an element of the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
Remove(HotSpot)

指定した HotSpot オブジェクトを HotSpotCollection コレクションから削除します。Removes the specified HotSpot object from the HotSpotCollection collection.

RemoveAt(Int32)

指定したインデックス位置にある HotSpot オブジェクトをコレクションから削除します。Removes the HotSpot object at the specified index location from the collection.

SetDirty()

強制的に StateManagedCollection コレクション全体をビューステートにシリアル化します。Forces the entire StateManagedCollection collection to be serialized into view state.

(継承元 StateManagedCollection)
SetDirtyObject(Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、コレクションに格納されている object に、変更情報だけでなく、その状態全体をビューステートに記録するよう指示します。When overridden in a derived class, instructs an object contained by the collection to record its entire state to view state, rather than recording only change information.

(継承元 StateManagedCollection)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ICollection.Count

StateManagedCollection コレクションに格納されている要素の数を取得します。Gets the number of elements contained in the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
ICollection.IsSynchronized

StateManagedCollection コレクションが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the StateManagedCollection collection is synchronized (thread safe). このメソッドは、常に false を返します。This method returns false in all cases.

(継承元 StateManagedCollection)
ICollection.SyncRoot

StateManagedCollection コレクションへのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。Gets an object that can be used to synchronize access to the StateManagedCollection collection. このメソッドは、常に null を返します。This method returns null in all cases.

(継承元 StateManagedCollection)
IEnumerable.GetEnumerator()

StateManagedCollection コレクションを反復処理する反復子を返します。Returns an iterator that iterates through the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.Add(Object)

項目を StateManagedCollection コレクションに追加します。Adds an item to the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.Clear()

StateManagedCollection コレクションからすべての項目を削除します。Removes all items from the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.Contains(Object)

StateManagedCollection コレクションに特定の値が格納されているかどうかを判断します。Determines whether the StateManagedCollection collection contains a specific value.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.IndexOf(Object)

StateManagedCollection コレクション内での指定した項目のインデックスを調べます。Determines the index of a specified item in the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.Insert(Int32, Object)

StateManagedCollection コレクション内の指定したインデックスの位置に項目を挿入します。Inserts an item into the StateManagedCollection collection at the specified index.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.IsFixedSize

StateManagedCollection コレクションが固定サイズかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the StateManagedCollection collection has a fixed size. このメソッドは、常に false を返します。This method returns false in all cases.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.IsReadOnly

StateManagedCollection コレクションが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the StateManagedCollection collection is read-only.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.Item[Int32]

指定されたインデックス位置の IStateManager 要素を取得します。Gets the IStateManager element at the specified index.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.Remove(Object)

指定したオブジェクトのうち、StateManagedCollection コレクションで最初に出現したオブジェクトを削除します。Removes the first occurrence of the specified object from the StateManagedCollection collection.

(継承元 StateManagedCollection)
IList.RemoveAt(Int32)

指定したインデックス位置にある IStateManager 要素を削除します。Removes the IStateManager element at the specified index.

(継承元 StateManagedCollection)
IStateManager.IsTrackingViewState

StateManagedCollection コレクションがビューステートへの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the StateManagedCollection collection is saving changes to its view state.

(継承元 StateManagedCollection)
IStateManager.LoadViewState(Object)

StateManagedCollection コレクションと、そのコレクションに格納されている IStateManager 項目の以前に保存されたビューステートを復元します。Restores the previously saved view state of the StateManagedCollection collection and the IStateManager items it contains.

(継承元 StateManagedCollection)
IStateManager.SaveViewState()

ページがサーバーにポストバックされた時間以降に発生した、StateManagedCollection コレクションとその各 IStateManager オブジェクトへの変更を保存します。Saves the changes to the StateManagedCollection collection and each IStateManager object it contains since the time the page was posted back to the server.

(継承元 StateManagedCollection)
IStateManager.TrackViewState()

StateManagedCollection コレクションとその各 IStateManager オブジェクトに自身のビューステートへの変更を追跡させ、同じページに対する要求間でこれらが永続化されるようにします。Causes the StateManagedCollection collection and each of the IStateManager objects it contains to track changes to their view state so they can be persisted across requests for the same page.

(継承元 StateManagedCollection)

拡張メソッド

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。Casts the elements of an IEnumerable to the specified type.

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。Filters the elements of an IEnumerable based on a specified type.

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。Enables parallelization of a query.

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。Converts an IEnumerable to an IQueryable.

適用対象

こちらもご覧ください