LinqDataSource クラス

定義

ASP.NET Web ページでマークアップ テキストを通じて統合言語クエリ (LINQ) を使用し、データ オブジェクトのデータを取得したり変更したりできるようにします。

public ref class LinqDataSource : System::Web::UI::DataSourceControl, System::Web::DynamicData::IDynamicDataSource
public ref class LinqDataSource : System::Web::UI::WebControls::ContextDataSource, System::Web::DynamicData::IDynamicDataSource
[System.Drawing.ToolboxBitmap(typeof(System.Web.UI.WebControls.LinqDataSource), "LinqDataSource.ico")]
public class LinqDataSource : System.Web.UI.DataSourceControl, System.Web.DynamicData.IDynamicDataSource
[System.Drawing.ToolboxBitmap(typeof(System.Web.UI.WebControls.LinqDataSource), "LinqDataSource.bmp")]
public class LinqDataSource : System.Web.UI.WebControls.ContextDataSource, System.Web.DynamicData.IDynamicDataSource
[<System.Drawing.ToolboxBitmap(typeof(System.Web.UI.WebControls.LinqDataSource), "LinqDataSource.ico")>]
type LinqDataSource = class
    inherit DataSourceControl
    interface IDynamicDataSource
    interface IDataSource
[<System.Drawing.ToolboxBitmap(typeof(System.Web.UI.WebControls.LinqDataSource), "LinqDataSource.bmp")>]
type LinqDataSource = class
    inherit ContextDataSource
    interface IDynamicDataSource
    interface IDataSource
Public Class LinqDataSource
Inherits DataSourceControl
Implements IDynamicDataSource
Public Class LinqDataSource
Inherits ContextDataSource
Implements IDynamicDataSource
継承
継承
属性
実装

次の例は、 LinqDataSource という名前のエンティティクラスからデータを取得するコントロールを示して Products います。 エンティティクラスは、O/R デザイナーまたは SqlMetal.exe ユーティリティを使用して生成された可能性があります。 プロパティは、 Where プロパティの値が50より大きいレコードのみを返すように設定されてい Price ます。 コントロールは、 GridView データを表示するコントロールにバインドされ LinqDataSource ます。

<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="ExampleDataContext" 
    TableName="Products" 
    Where="Price > 50"
    ID="LinqDataSource1" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:GridView 
    DataSourceID="LinqDataSource1"
    ID="GridView1" 
    runat="server">
</asp:GridView>
<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="ExampleDataContext" 
    TableName="Products" 
    Where="Price > 50"
    ID="LinqDataSource1" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:GridView 
    DataSourceID="LinqDataSource1"
    ID="GridView1" 
    runat="server">
</asp:GridView>

次の例は、 LinqDataSource ユーザーがデータソースのレコードを更新、削除、および挿入できるようにするコントロールを示しています。 コントロール DetailsView はコントロールにバインドされ、 LinqDataSource ユーザーはデータを表示および変更できます。 レコードを選択、更新、削除、または挿入するために SQL コマンドは不要であることに注意してください。

<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="ExampleDataContext" 
    TableName="Products" 
    EnableUpdate="true"
    EnableInsert="true"
    EnableDelete="true"
    ID="LinqDataSource1" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:DetailsView 
    DataKeyNames="ProductID"
    AutoGenerateEditButton="true"
    AutoGenerateDeleteButton="true"
    AutoGenerateInsertButton="true"
    AllowPaging="true"
    DataSourceID="LinqDataSource1"
    ID="GridView1" 
    runat="server">
</asp:DetailsView>
<asp:LinqDataSource 
    ContextTypeName="ExampleDataContext" 
    TableName="Products" 
    EnableUpdate="true"
    EnableInsert="true"
    EnableDelete="true"
    ID="LinqDataSource1" 
    runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:DetailsView 
    DataKeyNames="ProductID"
    AutoGenerateEditButton="true"
    AutoGenerateDeleteButton="true"
    AutoGenerateInsertButton="true"
    AllowPaging="true"
    DataSourceID="LinqDataSource1"
    ID="GridView1" 
    runat="server">
</asp:DetailsView>

次の例は、 Selecting Web ページの値に基づいてデータオブジェクトを設定するイベントのイベントハンドラーを示しています。

public partial class Default3 : System.Web.UI.Page
{
    string[] citiesArray = 
    { 
        "Atlanta", 
        "Charlotte", 
        "Denver", 
        "New York", 
        "San Francisco" 
    };

    protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
    {
    }

    protected void LinqDataSource_Selecting(object sender, LinqDataSourceSelectEventArgs e)
    {
        var cities = from city in citiesArray
                     where city.CompareTo("B") > 0
                     select city;
        e.Result = cities;
        // Or we could set e.Result = citiesArray to return all rows.
    }
}
Partial Class Default3
    Inherits System.Web.UI.Page

    Dim citiesArray() As String = _
    { _
        "Atlanta", _
        "Charlotte", _
        "Denver", _
        "New York", _
        "San Francisco" _
    }


    Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
       
    End Sub

    
    Protected Sub LinqDataSource_Selecting(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Web.UI.WebControls.LinqDataSourceSelectEventArgs) Handles LinqDataSource1.Selecting
        Dim cities = From city In citiesArray _
                     Where city > "B" _
                     Select city
        e.Result = cities
        ' Or we could set e.Result = citiesArray to return all rows.
    End Sub
    
End Class

次の例は、 LinqDataSource 2 つの列でグループ化するように構成されたコントロールを示しています。 プロパティは、 Key とという2つのプロパティを持つオブジェクトを参照し ProductCategory Color ます。 によって表されるオブジェクトの It 名前がに変更されます (別名) Products 。 名前が変更されたオブジェクトには、 Products グループ内の個々のレコードのコレクションが含まれます。 各インスタンスには、テーブルのすべての列が含まれ Products ます。

<asp:LinqDataSource 
  ContextTypeName="ExampleDataContext" 
  TableName="Products" 
  GroupBy="new(ProductCategory, Color)"
  Select="new(Key,
          It As Products,
          Max(ListPrice) As MaxListPrice, 
          Min(ListPrice) As MinListPrice)"
  ID="LinqDataSource1" 
  runat="server">
</asp:LinqDataSource>
<asp:LinqDataSource 
  ContextTypeName="ExampleDataContext" 
  TableName="Products" 
  GroupBy="new(ProductCategory, Color)"
  Select="new(Key,
          It As Products,
          Max(ListPrice) As MaxListPrice, 
          Min(ListPrice) As MinListPrice)"
  ID="LinqDataSource1" 
  runat="server">
</asp:LinqDataSource>

次の例は、前の例のコントロールのデータを表示する2つのコントロールを示して ListView LinqDataSource います。 1つの ListView コントロールにグループ化されたデータが表示され、もう一方の ListView コントロールには、そのグループに属する製品の個別の名前が表示されます。 入れ子になったデータバインドコントロールの DataSource プロパティは Products 、オブジェクトの別名であるに設定され It ます。

<asp:ListView 
    DataSourceID="LinqDataSource1" 
    ID="ListView1" runat="server">

    <LayoutTemplate>
      <table id="Table1" 
          style="background-color:Teal;color:White" 
          runat="server" 
          class="Layout">
          
        <thead>
          <tr>
            <th><b>Product Category</b></th>
            <th><b>Color</b></th>
            <th><b>Highest Price</b></th>
            <th><b>Lowest Price</b></th>
          </tr>
        </thead>
        <tr runat="server" id="itemPlaceholder">
        </tr>
        
      </table>
    </LayoutTemplate>

    <ItemTemplate>
      <tr>
        <td><%# Eval("key.ProductCategory") %></td>
        <td><%# Eval("key.Color") %></td>
        <td><%# Eval("MaxListPrice") %></td>
        <td><%# Eval("MinListPrice") %></td>
      </tr>
      <tr>
        
        <td colspan="4" style="width:100%;background-color:White;color:Black">
          <asp:ListView 
            DataSource='<%# Eval("Products") %>' 
            runat="server" 
            ID="ListView2">

            <LayoutTemplate>
              <div runat="server" id="itemPlaceholder" />
            </LayoutTemplate>

            <ItemTemplate>
              <%# Eval("ProductName") %><br />
            </ItemTemplate>

          </asp:ListView> 
        </td>
      </tr>
    </ItemTemplate>
  </asp:ListView>
<asp:ListView 
   DataSourceID="LinqDataSource1" 
   ID="ListView1" runat="server">

   <LayoutTemplate>
     <table id="Table1" 
         style="background-color:Teal;color:White" 
         runat="server" 
         class="Layout">
         
       <thead>
         <tr>
           <th><b>Product Category</b></th>
           <th><b>Color</b></th>
           <th><b>Highest Price</b></th>
           <th><b>Lowest Price</b></th>
         </tr>
       </thead>
       <tr runat="server" id="itemPlaceholder">
       </tr>
       
     </table>
   </LayoutTemplate>

   <ItemTemplate>
     <tr>
       <td><%# Eval("key.ProductCategory") %></td>
       <td><%# Eval("key.Color") %></td>
       <td><%# Eval("MaxListPrice") %></td>
       <td><%# Eval("MinListPrice") %></td>
     </tr>
     <tr>
       
       <td colspan="4" style="width:100%;background-color:White;color:Black">
         <asp:ListView 
           DataSource='<%# Eval("Products") %>' 
           runat="server" 
           ID="ListView2">

           <LayoutTemplate>
             <div runat="server" id="itemPlaceholder" />
           </LayoutTemplate>

           <ItemTemplate>
             <%# Eval("ProductName") %><br />
           </ItemTemplate>

         </asp:ListView> 
       </td>
     </tr>
   </ItemTemplate>
 </asp:ListView>

注釈

このトピックの内容:

はじめに

Language-Integrated クエリ (LINQ) は、走査、フィルター、および射影操作を任意のの宣言型の方法で表現できるようにする一連のクエリ演算子を定義するクエリ構文です。NET ベースのプログラミング言語。 データオブジェクトには、メモリ内のデータコレクションまたはデータベースのデータを表すオブジェクトを指定できます。 操作ごとに SQL のコマンドを記述しなくても、データを取得または変更できます。

LinqDataSourceコントロールを使用すると、マークアップテキストのプロパティを設定することによって、ASP.NET Web ページで LINQ を使用できます。 コントロールは、 LinqDataSource LINQ to SQL を使用して、データコマンドを自動的に生成します。 LINQ to SQL の詳細については、「 LINQ to SQL」を参照してください。

メモリ内のデータコレクションからデータを取得する場合は、 ContextTypeName データコレクションを含むクラスにプロパティを設定します。 プロパティは、 TableName データコレクションを返すプロパティまたはフィールドに設定します。 たとえば、という名前のクラスに、 Person FavoriteCities 文字列値の配列を返すという名前のプロパティが含まれている場合があります。 その場合は、 ContextTypeName プロパティをに設定し、 Person TableName プロパティをに設定し FavoriteCities ます。

データベースに対してクエリを実行する場合は、まずデータベースとそのテーブルを表すエンティティクラスを作成する必要があります。 オブジェクトリレーショナルデザイナーまたは SqlMetal.exe ユーティリティを使用して、これらのクラスを生成できます。 次に、 ContextTypeName データベースを表すクラスにプロパティを設定し、プロパティを TableName データベーステーブルを表すプロパティに設定します。

演算の順序

コントロールは、 LinqDataSource 次の順序でデータ操作を適用します。

  1. Where (返されるデータレコードを指定します)。

  2. Order By (並べ替え)。

  3. Group By (値を共有する集計データレコード)。

  4. グループの順序付け (グループ化されたデータの並べ替え)

  5. Select (返すフィールドまたはプロパティを指定します)。

  6. 自動並べ替え (ユーザーが選択したプロパティでデータレコードを並べ替えます)。

  7. 自動ページ (ユーザーによって選択されたデータレコードのサブセットを取得します)。

プロパティに条件を追加して、 Where クエリから返されるデータレコードをフィルター処理できます。 Whereプロパティが設定されていない場合、 LinqDataSource コントロールはデータオブジェクトからすべてのレコードを取得します。

データの順序付け

プロパティを使用して、並べ替えの基準となる OrderBy 、返されるデータのプロパティの名前を指定します。

注意

LinqDataSourceSQL Server 2000 または SQL Server Compact 3.5 でコントロールを使用し、プロパティがに設定されている場合は、 AutoPage true プロパティで値を指定する必要があり OrderBy ます。 既定では、 AutoPage プロパティは true です。 プロパティに値を割り当てる場合は、 Select クエリで返されるプロパティの一覧にすべての id 列を含める必要もあります。

データのグループ化

プロパティを使用して、 GroupBy 同じ値を持つデータレコードを統合するために使用するプロパティを指定します。 データをグループ化する場合は、 Key It プロパティに、動的に作成されるプロパティであるおよびを含めることができ Select ます。 プロパティは、 Key データをグループ化するために使用されたプロパティの値を参照します。 たとえば、という名前のプロパティでグループ化した場合、プロパティには、プロパティ Category Key 内のすべての一意の値が含まれ Category ます。 プロパティは、 It データグループ内の個々のレコードのコレクションを参照します。 プロパティを反復処理して、 It グループ化操作で統合された個々のレコードを取得できます。 たとえば、という名前のプロパティでグループ化した場合、プロパティには、 Category It プロパティで共通の値を共有するすべてのレコードが含まれ Category ます。

プロパティを使用して、グループ化された OrderGroupsBy データの並べ替えに使用するプロパティを指定します。 データをグループ化する場合、プロパティは、 OrderBy グループ化されたデータ内の個々のレコードの並べ替え方法を指定します。

既定では、 LinqDataSource コントロールは、データオブジェクトからすべてのプロパティの値を取得します。 Select使用できるプロパティのサブセットを操作する場合は、プロパティを使用して、どのプロパティを返すかを指定します。 Select 操作は、Where、Order By、および Group By 操作の後に適用されます。 そのため、Select 句で別名を作成した場合、その別名を他の句で使用することはできません。

データ変更

、、およびの各プロパティを使用して、データ変更を有効にするかどうかを指定でき EnableDelete EnableInsert EnableUpdate ます。 コントロールからデータを変更するためのユーザーインターフェイスは、通常、コントロールなどの LinqDataSource データバインドコントロールを使用して提供され DetailsView ます。 自動データ変更を有効にするには、、、またはをに設定するだけでなく、 EnableDelete EnableInsert EnableUpdate true 次の条件を満たす必要があります。

  • Selectプロパティに値を割り当てることはできません。

  • GroupByプロパティに値を割り当てることはできません。

  • プロパティに割り当てられるクラスは、 ContextTypeName から派生する必要があり DataContext ます。

  • プロパティに割り当てられるプロパティは、 TableName から派生する必要があり Table<TEntity> ます。

データバインドコントロールに表示されるプロパティを制限するには、次の2つの方法があります。 プロパティは、 Select プロパティのサブセットに設定するか、コントロールを追加してデータバインドコントロールのフィールドを定義することができ DataControlField ます。 ただし、プロパティを設定した場合は、 Select 自動更新、挿入、および削除の各操作を有効にできないことを意味します。 使用可能なプロパティのサブセットを操作しているときに自動データ変更を有効にする場合は、プロパティを設定しないでください Select 。 代わりに、データオブジェクトからすべてのプロパティを取得し、データバインドコントロールを使用して表示されるプロパティを管理します。 コントロールまたはコントロールを使用する場合 DetailsView GridView は、 AutoGenerateRows プロパティまたはプロパティもに設定する必要があり AutoGenerateColumns false ます。 これにより、データバインドコントロールに、データの編集と削除を行うためのボタンが自動的に追加されるのを防ぐことができます。 データバインドコントロールに表示されない値は、ビューステートに格納されます。 これらは、データ更新の実行時にデータソースに渡されます。

実行時の値の評価

実行時に値の順序付け、フィルター処理、またはグループ化の値を評価する必要がある場合は、、、 WhereParameters 、またはの各コレクションにパラメーターを追加でき GroupByParameters OrderGroupsByParameters OrderByParameters ます。

既定値を指定する場合は、コレクションにパラメーターを追加でき InsertParameters ます。

データ操作を実行する前に値を確認または変更する場合は、、、 Deleting 、またはの各イベントを処理でき Inserting Selecting Updating ます。 また、これらのイベントを処理して、データ操作をキャンセルしたり、ユーザー入力に基づいてデータクラスのプロパティを設定するときに発生した検証エラーを確認したりすることもできます。

データ操作の完了後に値を調べるには、、、 Deleted Inserted 、またはの各イベントを処理 Selected Updated します。

ストアドプロシージャの操作

コントロールを使用し LinqDataSource て、イベントのイベントハンドラーを作成することによって、ストアドプロシージャからデータを取得し Selecting ます。 イベントハンドラーでは、ストアドプロシージャを表すデータコンテキストクラスのメソッドを呼び出し、結果をオブジェクトのプロパティに設定し Result LinqDataSourceSelectEventArgs ます。 データの更新、挿入、および削除の自動操作を有効にする場合は、メソッドから返される型が、プロパティで指定されている型と一致している必要があり TableName ます。 データコンテキストメソッドの作成の詳細については、「 方法: ストアドプロシージャおよび関数にマップされる DataContext メソッドを作成する (O/R デザイナー)」を参照してください。

宣言型の構文

<asp:LinqDataSource  
    AutoGenerateOrderByClause="True|False"  
    AutoGenerateWhereClause="True|False"  
    AutoPage="True|False"  
    AutoSort="True|False"  
    ContextTypeName="string"  
    EnableDelete="True|False"  
    EnableInsert="True|False"  
    EnableTheming="True|False"  
    EnableUpdate="True|False"  
    EnableViewState="True|False"  
    GroupBy="string"  
    ID="string"  
    OnContextCreated="ContextCreated event handler"  
    OnContextCreating="ContextCreating event handler"  
    OnContextDisposing="ContextDisposing event handler"  
    OnDataBinding="DataBinding event handler"  
    OnDeleted="Deleted event handler"  
    OnDeleting="Deleting event handler"  
    OnDisposed="Disposed event handler"  
    OnInit="Init event handler"  
    OnInserted="Inserted event handler"  
    OnInserting="Inserting event handler"  
    OnLoad="Load event handler"  
    OnPreRender="PreRender event handler"  
    OnSelected="Selected event handler"  
    OnSelecting="Selecting event handler"  
    OnUnload="Unload event handler"  
    OnUpdated="Updated event handler"  
    OnUpdating="Updating event handler"  
    OrderBy="string"  
    runat="server"  
    Select="string"  
    SkinID="string"  
    StoreOriginalValuesInViewState="True|False"  
    TableName="string"  
    Visible="True|False"  
    Where="string"  
>  
        <GroupByParameters />  
        <InsertParameters />  
        <OrderByParameters />  
        <SelectParameters />  
        <WhereParameters />  
</asp:LinqDataSource>  

コンストラクター

LinqDataSource()

LinqDataSource クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Adapter

コントロール用のブラウザー固有のアダプターを取得します。

(継承元 Control)
AppRelativeTemplateSourceDirectory

このコントロールが含まれている Page オブジェクトまたは UserControl オブジェクトのアプリケーション相対の仮想ディレクトリを取得または設定します。

(継承元 Control)
AutoGenerateOrderByClause

LinqDataSource コントロールが OrderByParameters コレクション内の値に基づいて Order By 句を動的に作成するかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoGenerateWhereClause

LinqDataSource コントロールが WhereParameters コレクションに定義された値に基づいて Where 句を動的に作成するかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoPage

実行時に LinqDataSource コントロールがデータ セクションでのナビゲーションをサポートするかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoSort

実行時に LinqDataSource コントロールがデータの並べ替えをサポートするかどうかを示す値を取得または設定します。

BindingContainer

このコントロールのデータ バインディングを格納しているコントロールを取得します。

(継承元 Control)
ChildControlsCreated

サーバー コントロールの子コントロールが作成されたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ClientID

ASP.NET によって生成されたサーバー コントロール ID を取得します。

(継承元 DataSourceControl)
ClientIDMode

このプロパティは、データ ソース コントロールでは使用されません。

(継承元 DataSourceControl)
ClientIDSeparator

ClientID プロパティで使用される区切り記号を表す文字値を取得します。

(継承元 Control)
Context

現在の Web 要求に対するサーバー コントロールに関連付けられている HttpContext オブジェクトを取得します。

(継承元 Control)
ContextTypeName

取得するデータが値として格納されているプロパティを含む型の名前を取得または設定します。

Controls

UI 階層内の指定されたサーバー コントロールの子コントロールを表す ControlCollection オブジェクトを取得します。

(継承元 DataSourceControl)
DataItemContainer

名前付けコンテナーが IDataItemContainer を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
DataKeysContainer

名前付けコンテナーが IDataKeysControl を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
DeleteParameters

このプロパティは、LinqDataSource クラスでは使用されません。

DesignMode

コントロールがデザイン サーフェイスで使用されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
EnableDelete

LinqDataSource コントロールを通じてデータ レコードを削除できるかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableInsert

LinqDataSource コントロールを通じてデータ レコードを挿入できるかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableObjectTracking

データ コンテキスト オブジェクトの変更履歴を記録するかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableTheming

このコントロールがテーマをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 DataSourceControl)
EnableUpdate

LinqDataSource コントロールを通じてデータ レコードを更新できるかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableViewState

要求元クライアントに対して、サーバー コントロールがそのビュー状態と、そこに含まれる任意の子のコントロールのビュー状態を保持するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
EntitySetName

データ ソース オブジェクト内でデータ コレクションを表すプロパティまたはフィールドの名前を取得または設定します。

(継承元 ContextDataSource)
EntityTypeName

挿入、削除、または更新の操作中に作成される型の名前を取得または設定します。

(継承元 ContextDataSource)
Events

コントロールのイベント ハンドラー デリゲートのリストを取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 Control)
GroupBy

取得したデータのグループ化に使用するプロパティを示す値を取得または設定します。

GroupByParameters

Group By 句の作成に使用されるパラメーターのコレクションを取得します。

HasChildViewState

現在のサーバー コントロールの子コントロールが、保存されたビューステートの設定を持っているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ID

サーバー コントロールに割り当てられたプログラム ID を取得または設定します。

(継承元 Control)
IdSeparator

コントロール ID を区別するために使用する文字を取得します。

(継承元 Control)
InsertParameters

挿入の操作中に使用されるパラメーターのコレクションを取得します。

IsChildControlStateCleared

このコントロールに含まれているコントロールに、コントロールの状態が設定されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
IsTrackingViewState

サーバー コントロールがビューステートの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
IsViewStateEnabled

このコントロールでビューステートが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
LoadViewStateByID

コントロールがインデックスではなく ID によりビューステートの読み込みを行うかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
NamingContainer

同じ ID プロパティ値を持つ複数のサーバー コントロールを区別するための一意の名前空間を作成する、サーバー コントロールの名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
OrderBy

取得したデータの並べ替えに使用するフィールドを示す値を取得または設定します。

OrderByParameters

Order By 句の作成に使用されるパラメーターのコレクションを取得します。

OrderGroupsBy

グループ化されたデータの並べ替えに使用するフィールドを取得または設定します。

OrderGroupsByParameters

Order Groups By 句の作成に使用されるパラメーターのコレクションを取得します。

Page

サーバー コントロールを含んでいる Page インスタンスへの参照を取得します。

(継承元 Control)
Parent

ページ コントロールの階層構造における、サーバー コントロールの親コントロールへの参照を取得します。

(継承元 Control)
RenderingCompatibility

レンダリングされる HTML と互換性がある ASP.NET のバージョンを表す値を取得します。

(継承元 Control)
Select

取得したデータに含まれるプロパティと計算値を取得または設定します。

SelectParameters

データ取得の操作中に使用されるパラメーターのコレクションを取得します。

Site

デザイン サーフェイスに現在のコントロールを表示するときに、このコントロールをホストするコンテナーに関する情報を取得します。

(継承元 Control)
SkinID

DataSourceControl コントロールに適用するスキンを取得します。

(継承元 DataSourceControl)
StoreOriginalValuesInViewState

データ ソースから取得するデータをビューステートに保存して、そのデータが更新または削除される前に別のプロセスによって変更されていないことを確認する値を取得または設定します。

TableName

データ コンテキスト クラス内でデータ コレクションを表すプロパティまたはフィールドの名前を取得または設定します。

TemplateControl

このコントロールを格納しているテンプレートへの参照を取得または設定します。

(継承元 Control)
TemplateSourceDirectory

現在のサーバー コントロールを格納している Page または UserControl の仮想ディレクトリを取得します。

(継承元 Control)
UniqueID

階層構造で修飾されたサーバー コントロールの一意の ID を取得します。

(継承元 Control)
UpdateParameters

このコレクションは、LinqDataSource クラスでは使用されません。

ValidateRequestMode

ブラウザーからのクライアント入力の安全性をコントロールで調べるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、サーバー コントロールのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。

(継承元 Control)
ViewStateIgnoresCase

StateBag オブジェクトが大文字小文字を区別しないかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ViewStateMode

このコントロールのビューステート モードを取得または設定します。

(継承元 Control)
Visible

コントロールが視覚的に表示されているかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 DataSourceControl)
Where

取得されるデータにレコードを含めるかどうかを決める条件を示す値を取得または設定します。

WhereParameters

Where 句の作成に使用されるパラメーターのコレクションを取得します。

メソッド

AddedControl(Control, Int32)

子コントロールが Control オブジェクトの Controls コレクションに追加された後に呼び出されます。

(継承元 Control)
AddParsedSubObject(Object)

XML または HTML のいずれかの要素が解析されたことをサーバー コントロールに通知し、サーバー コントロールの ControlCollection オブジェクトに要素を追加します。

(継承元 Control)
ApplyStyleSheetSkin(Page)

ページのスタイル シートに定義されたスタイル プロパティをコントロールに適用します。

(継承元 DataSourceControl)
BeginRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを開始します。

(継承元 Control)
BuildProfileTree(String, Boolean)

ページのトレースが有効な場合、サーバー コントロールに関する情報を収集し、これを表示するために Trace プロパティに渡します。

(継承元 Control)
ClearCachedClientID()

キャッシュされた ClientID 値を null に設定します。

(継承元 Control)
ClearChildControlState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールについて、コントロールの状態情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearChildState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報およびコントロールの状態情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearChildViewState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearEffectiveClientIDMode()

現在のコントロール インスタンスおよびすべての子コントロールの ClientIDMode プロパティを Inherit に設定します。

(継承元 Control)
CreateChildControls()

ASP.NET ページ フレームワークによって呼び出され、ポストバックまたはレンダリングの準備として、合成ベースの実装を使うサーバー コントロールに対し、それらのコントロールに含まれる子コントロールを作成するように通知します。

(継承元 Control)
CreateControlCollection()

子コントロールを格納するコレクションを作成します。

(継承元 DataSourceControl)
CreateQueryableView()

クエリ可能なビューを返します。

CreateView()

このコントロールに関連付けられている LinqDataSourceView クラスの新しいインスタンスを作成します。

DataBind()

呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。

(継承元 Control)
DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。

(継承元 Control)
DataBindChildren()

データ ソースをサーバー コントロールの子コントロールにバインドします。

(継承元 Control)
Delete(IDictionary, IDictionary)

削除の操作を実行します。

Dispose()

サーバー コントロールが、メモリから解放される前に最終的なクリーンアップを実行できるようにします。

(継承元 Control)
EndRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを終了します。

(継承元 Control)
EnsureChildControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。 含まれていない場合、子コントロールを作成します。

(継承元 Control)
EnsureID()

ID が割り当てられていないコントロールの ID を作成します。

(継承元 Control)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FindControl(String)

指定した id パラメーターを使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。

(継承元 DataSourceControl)
FindControl(String, Int32)

指定した id および検索に役立つ pathOffset パラメーターに指定された整数を使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。 この形式の FindControl メソッドはオーバーライドしないでください。

(継承元 Control)
Focus()

コントロールに入力フォーカスを設定します。

(継承元 DataSourceControl)
GetDesignModeState()

コントロールのデザイン時データを取得します。

(継承元 Control)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetRouteUrl(Object)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, Object)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUniqueIDRelativeTo(Control)

指定されたコントロールの UniqueID プロパティのプレフィックス部分を返します。

(継承元 Control)
GetView(String)

LinqDataSource オブジェクトに関連付けられたデータ ソース ビューを返します。

GetView(String)

QueryableDataSource オブジェクトに関連付けられたデータ ソース ビューを取得します。

(継承元 QueryableDataSource)
GetViewNames()

LinqDataSource コントロールに関連付けられたビュー オブジェクトのリストを表す名前のコレクションを返します。

GetViewNames()

QueryableDataSource コントロールに関連付けられたビューを表す名前のコレクションを取得します。

(継承元 QueryableDataSource)
HasControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。

(継承元 DataSourceControl)
HasEvents()

コントロールまたは子コントロールに対してイベントが登録されているかどうかを示す値を返します。

(継承元 Control)
Insert(IDictionary)

挿入の操作を実行します。

IsLiteralContent()

サーバー コントロールがリテラルな内容だけを保持しているかどうかを決定します。

(継承元 Control)
LoadControlState(Object)

SaveControlState() メソッドによって保存された前回のページ要求からコントロールの状態情報を復元します。

(継承元 Control)
LoadViewState(Object)

永続化する必要がある LinqDataSource コントロール内の値の状態を読み込みます。

LoadViewState(Object)

永続化する必要がある QueryableDataSource コントロール内の値の状態を読み込みます。

(継承元 QueryableDataSource)
MapPathSecure(String)

仮想パス (絶対パスまたは相対パス) の割り当て先の物理パスを取得します。

(継承元 Control)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnBubbleEvent(Object, EventArgs)

サーバー コントロールのイベントをページの UI サーバー コントロールの階層構造に渡すかどうかを決定します。

(継承元 Control)
OnDataBinding(EventArgs)

DataBinding イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnInit(EventArgs)

LinqDataSource オブジェクトを初期化します。

OnLoad(EventArgs)

Load イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnPreRender(EventArgs)

PreRender イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnUnload(EventArgs)

Unload イベントを発生させます。

OpenFile(String)

ファイルの読み込みで使用される Stream を取得します。

(継承元 Control)
RaiseBubbleEvent(Object, EventArgs)

イベントのソースおよびその情報をコントロールの親に割り当てます。

(継承元 Control)
RaiseDataSourceChangedEvent(EventArgs)

DataSourceChanged イベントを発生させます。

(継承元 DataSourceControl)
RaiseViewChanged()

OnDataSourceViewChanged(EventArgs) クラスの DataSourceView メソッドを呼び出します。

(継承元 QueryableDataSource)
RemovedControl(Control)

Control オブジェクトの Controls コレクションから子コントロールが削除された後に呼び出されます。

(継承元 Control)
Render(HtmlTextWriter)

提供されたクライアントに表示される内容を書き込む HtmlTextWriter オブジェクトに、サーバー コントロールの内容を送信します。

(継承元 Control)
RenderChildren(HtmlTextWriter)

提供された HtmlTextWriter オブジェクトに対してサーバー コントロールの子のコンテンツを出力すると、クライアントで表示されるコンテンツが記述されます。

(継承元 Control)
RenderControl(HtmlTextWriter)

指定の HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力し、トレースが有効である場合はコントロールに関するトレース情報を保存します。

(継承元 DataSourceControl)
RenderControl(HtmlTextWriter, ControlAdapter)

指定した ControlAdapter オブジェクトを使用して、指定した HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力します。

(継承元 Control)
ResolveAdapter()

指定したコントロールを表示するコントロール アダプターを取得します。

(継承元 Control)
ResolveClientUrl(String)

ブラウザーで使用できる URL を取得します。

(継承元 Control)
ResolveUrl(String)

要求側クライアントで使用できる URL に変換します。

(継承元 Control)
SaveControlState()

ページがサーバーにポスト バックされた時間以降に発生したすべてのサーバー コントロール状態の変化を保存します。

(継承元 Control)
SaveViewState()

LinqDataSource コントロールの現在のビューステートを保存します。

SaveViewState()

QueryableDataSource コントロールの現在のビューステートを保存します。

(継承元 QueryableDataSource)
SetDesignModeState(IDictionary)

コントロールのデザイン時データを設定します。

(継承元 Control)
SetRenderMethodDelegate(RenderMethod)

サーバー コントロールとその内容を親コントロールに表示するイベント ハンドラー デリゲートを割り当てます。

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object)

トレース データ キーとトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object, Object)

トレースされたオブジェクト、トレース データ キー、およびトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。

(継承元 Control)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TrackViewState()

LinqDataSource コントロールのビューステートの変更を追跡し、変更がコントロールの StateBag オブジェクトに格納されるようにします。

TrackViewState()

QueryableDataSource コントロールのビューステートの変更を追跡し、変更がコントロールの StateBag オブジェクトに格納されるようにします。

(継承元 QueryableDataSource)
Update(IDictionary, IDictionary, IDictionary)

更新の操作を実行します。

UpdateParameterVales()

前回の要求の後に変更されたパラメーター値を更新します。

(継承元 QueryableDataSource)

イベント

ContextCreated

コンテキスト タイプ オブジェクトのインスタンスが作成された後に発生します。

ContextCreating

コンテキスト タイプ オブジェクトのインスタンスが作成される前に発生します。

ContextDisposing

コンテキスト タイプ オブジェクトが破棄される前に発生します。

DataBinding

サーバー コントロールがデータ ソースに連結すると発生します。

(継承元 Control)
Deleted

削除操作が終了したときに発生します。

Deleting

削除操作の前に発生します。

Disposed

サーバー コントロールがメモリから解放されると発生します。これは、ASP.NET ページが要求されている場合のサーバー コントロールの有効期間における最終段階です。

(継承元 Control)
Init

サーバー コントロールが初期化されると発生します。これは、サーバー コントロールの有効期間における最初の手順です。

(継承元 Control)
Inserted

挿入操作が終了したときに発生します。

Inserting

挿入操作の前に発生します。

Load

サーバー コントロールが Page オブジェクトに読み込まれると発生します。

(継承元 Control)
PreRender

Control オブジェクトの読み込み後、表示を開始する前に発生します。

(継承元 Control)
QueryCreated

クエリがデータ ソース コントロールに追加されたか、データ ソース コントロールから削除されたときに発生します。

(継承元 QueryableDataSource)
Selected

データ取得操作が終了したときに発生します。

Selecting

データ取得操作の前に発生します。

Unload

サーバー コントロールがメモリからアンロードされると発生します。

(継承元 Control)
Updated

更新操作が終了したときに発生します。

Updating

更新操作の前に発生します。

明示的なインターフェイスの実装

IControlBuilderAccessor.ControlBuilder

このメンバーの詳細については、「ControlBuilder」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.GetDesignModeState()

このメンバーの詳細については、「GetDesignModeState()」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetDesignModeState(IDictionary)

このメンバーの詳細については、「SetDesignModeState(IDictionary)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetOwnerControl(Control)

このメンバーの詳細については、「SetOwnerControl(Control)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.UserData

このメンバーの詳細については、「UserData」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.DataBindings

このメンバーの詳細については、「DataBindings」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.HasDataBindings

このメンバーの詳細については、「HasDataBindings」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataSource.DataSourceChanged

データ バインド コントロールに影響を与えるようにデータ ソース コントロールが変更されたときに発生します。

(継承元 DataSourceControl)
IDataSource.GetView(String)

DataSourceView コントロールに関連付けられている名前付きの DataSourceControl オブジェクトを取得します。 データ ソース コントロールには、1 つのビューしかサポートしていないものもあれば、複数のビューをサポートするものもあります。

(継承元 DataSourceControl)
IDataSource.GetViewNames()

DataSourceView コントロールに関連付けられた DataSourceControl オブジェクトのリストを表す名前のコレクションを取得します。

(継承元 DataSourceControl)
IDynamicDataSource.ContextType

このメンバーの詳細については、「IDynamicDataSource」をご覧ください。

IDynamicDataSource.EntitySetName

このメンバーの詳細については、「IDynamicDataSource」をご覧ください。

IDynamicDataSource.Exception

このメンバーの詳細については、「IDynamicDataSource」をご覧ください。

IExpressionsAccessor.Expressions

このメンバーの詳細については、「Expressions」をご覧ください。

(継承元 Control)
IExpressionsAccessor.HasExpressions

このメンバーの詳細については、「HasExpressions」をご覧ください。

(継承元 Control)
IListSource.ContainsListCollection

データ ソース コントロールが 1 つ以上のデータのリストに関連付けられているかどうかを示します。

(継承元 DataSourceControl)
IListSource.GetList()

データのリストのソースとして使用できるデータ ソース コントロールのリストを取得します。

(継承元 DataSourceControl)
IParserAccessor.AddParsedSubObject(Object)

このメンバーの詳細については、「AddParsedSubObject(Object)」をご覧ください。

(継承元 Control)

拡張メソッド

ExpandDynamicWhereParameters(IDynamicDataSource)

データ ソースで使用可能な Where パラメーターに動的フィルターを展開します。

FindDataSourceControl(Control)

指定されたコントロールのデータ コントロールに関連付けられているデータ ソースを返します。

FindFieldTemplate(Control, String)

指定されたコントロールの名前付けコンテナー内にある、指定された列のフィールド テンプレートを返します。

FindMetaTable(Control)

格納しているデータ コントロールのメタテーブル オブジェクトを返します。

GetDefaultValues(IDataSource)

指定されたデータ ソースの既定値のコレクションを取得します。

GetMetaTable(IDataSource)

指定したデータ ソース オブジェクト内のテーブルのメタデータを取得します。

GetTable(IDynamicDataSource)

指定されたデータ ソース コントロールに関連付けられている MetaTable オブジェクトを返します。

LoadWith<TEntity>(LinqDataSource)

すべての外部キー エンティティを強制的に読み込むように LINQ-to-SQL データ ソースの DataLoadOptions 値を設定します。

LoadWithForeignKeys(LinqDataSource, Type)

すべての外部キー エンティティを強制的に読み込むように LINQ-to-SQL データ ソースの DataLoadOptions 値を設定します。

TryGetMetaTable(IDataSource, MetaTable)

テーブル メタデータが使用できるかどうかを判断します。

適用対象

こちらもご覧ください