LinqDataSourceDeleteEventArgs クラス

定義

Deleting イベントのデータを提供します。Provides data for the Deleting event.

public ref class LinqDataSourceDeleteEventArgs : System::ComponentModel::CancelEventArgs
public class LinqDataSourceDeleteEventArgs : System.ComponentModel.CancelEventArgs
type LinqDataSourceDeleteEventArgs = class
    inherit CancelEventArgs
Public Class LinqDataSourceDeleteEventArgs
Inherits CancelEventArgs
継承
LinqDataSourceDeleteEventArgs

次の例は、 OriginalObjectプロパティのプロパティおよび Web ページの値に基づいて削除操作を取り消す方法を示しています。The following example shows how to cancel the delete operation based on a property in the OriginalObject property and a value from the Web page. この例では、ユーザーは、 CheckBox OnSaleプロパティがにtrue設定されている場合に、製品レコードを削除するかどうかを確認するために、コントロールを選択する必要があります。In the example, users must select a CheckBox control to confirm that they want to delete a product record when its OnSale property is set to true.

protected void LinqDataSource_Deleting(object sender, LinqDataSourceDeleteEventArgs e)
{
    Product product = (Product)e.OriginalObject;
    if (product.OnSale && !confirmCheckBox.Checked)
    {
        e.Cancel = true;
    }
}
Protected Sub LinqDataSource_Deleting(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Web.UI.WebControls.LinqDataSourceDeleteEventArgs)
    Dim product As Product
    product = CType(e.OriginalObject, Product)

    If (product.OnSale And Not confirmCheckBox.Checked) Then
        e.Cancel = True
    End If
End Sub

注釈

オブジェクトは、 Deletingイベントの任意のハンドラーに渡されます。 LinqDataSourceDeleteEventArgsThe LinqDataSourceDeleteEventArgs object is passed to any handler for the Deleting event. プロパティOriginalObjectは、削除されるデータを格納します。The OriginalObject property contains the data that will be deleted.

データソースを表すオブジェクトが、データを削除する前に検証例外をスローしたException場合、プロパティにはLinqDataSourceValidationExceptionクラスのインスタンスが含まれます。If the object that represents the data source throws a validation exception before it deletes the data, the Exception property contains an instance of the LinqDataSourceValidationException class. InnerExceptionsプロパティを使用して、すべての検証例外を取得できます。You can retrieve all the validation exceptions through the InnerExceptions property. 検証例外がスローされなかったException場合、 nullプロパティにはが格納されます。If no validation exception is thrown, the Exception property contains null. 検証例外を処理し、例外が再スローされないようにする場合は、 ExceptionHandledプロパティをにtrue設定します。If you handle the validation exceptions and do not want the exception to be re-thrown, set the ExceptionHandled property to true.

Deletingイベントのイベントハンドラーを作成して、データを検証したり、データクラスから検証エラーを調べたり、削除操作をキャンセルしたりします。You create an event handler for the Deleting event to validate the data, to examine validation errors from the data class, or to cancel the delete operation. 削除操作をキャンセルするには、 Cancelプロパティをtrueに設定します。You cancel the delete operation by setting the Cancel property to true.

既定では、 LinqDataSourceコントロールは、データソースの元の値を Web ページのビューステートに格納します。 ColumnAttributeただし、属性がUpdateCheck.Neverとしてマークされているものは除きます。By default, the LinqDataSource control stores the original values from the data source in view state in the Web page, except those whose ColumnAttribute attribute is marked as UpdateCheck.Never. LINQ to SQL は、データを削除する前に、データの整合性を自動的にチェックします。LINQ to SQL automatically checks the integrity of the data before deleting the data. これを行うには、データソースの現在の値と、ビューステートに格納されている元の値を比較します。It does this by comparing the current values in the data source with the original values that are stored in view state. イベントのハンドラーを作成することにより、 Deleting追加のデータ検証を実行できます。You can perform additional data validation by creating a handler for the Deleting event.

コンストラクター

LinqDataSourceDeleteEventArgs(LinqDataSourceValidationException)

指定した例外を使用して、LinqDataSourceDeleteEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the LinqDataSourceDeleteEventArgs class with the specified exception.

LinqDataSourceDeleteEventArgs(Object)

LinqDataSourceDeleteEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the LinqDataSourceDeleteEventArgs class.

プロパティ

Cancel

イベントをキャンセルするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the event should be canceled.

(継承元 CancelEventArgs)
Exception

削除操作の前に行われていたデータ検証中にスローされた例外を取得します。Gets the exception that was thrown while the data was being validated before the delete operation.

ExceptionHandled

例外が既に処理済みで、再度スローする必要がないかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the exception was handled and that it should not be thrown again.

OriginalObject

削除するデータを表すオブジェクトを取得します。Gets the object that represents the data to delete.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください