LinqDataSourceView.ContextTypeName プロパティ

定義

TableName プロパティで指定されたフィールドまたはプロパティを持つデータ コンテキスト クラスの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the data context class that contains the field or property specified in the TableName property.

public:
 virtual property System::String ^ ContextTypeName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public override string ContextTypeName { get; set; }
member this.ContextTypeName : string with get, set
Public Overrides Property ContextTypeName As String

プロパティ値

データ コンテキスト クラスの名前。The name of the data context class.

注釈

@No__t-1 コントロールの ContextTypeName プロパティを設定すると、その値も LinqDataSourceView コントロールの ContextTypeName プロパティに設定されます。When you set the ContextTypeName property of the LinqDataSource control, that value is also set for the ContextTypeName property of the LinqDataSourceView control. 詳細については、「LinqDataSource.ContextTypeName オブジェクト」を参照してください。For more information, see the LinqDataSource.ContextTypeName object.

このプロパティを指定する必要があるのは、@no__t 0 のイベントの実行中にクエリデータが指定されている場合、または ContextCreating イベントの実行中にコンテキストが手動で作成されていない場合のみです。This property must be specified unless the query data is provided during the Selecting event, or unless the context is created manually during the ContextCreating event.

適用対象

こちらもご覧ください