LinqDataSourceView.LoadViewState(Object) メソッド

定義

データ ソース ビューの、以前保存したビューステートを復元します。Restores the previously saved view state for the data source view.

protected:
 virtual void LoadViewState(System::Object ^ savedState);
protected virtual void LoadViewState (object savedState);
abstract member LoadViewState : obj -> unit
override this.LoadViewState : obj -> unit
Protected Overridable Sub LoadViewState (savedState As Object)

パラメーター

savedState
Object

復元する LinqDataSourceView コントロールの状態。The LinqDataSourceView control state to restore.

実装

注釈

このメソッドは、主に .NET Framework インフラストラクチャによって使用されます。コードから直接使用するためのものではありません。This method is primarily used by the .NET Framework infrastructure and is not intended to be used directly from your code. ただし、コントロールの開発者は、このメソッドをオーバーライドして、カスタムサーバーコントロールがビューステートを復元する方法を指定できます。However, control developers can override this method to specify how a custom server control restores its view state. 詳細については、「 ASP.NET State Management の概要」を参照してください。For more information, see ASP.NET State Management Overview.

@No__t-0 メソッドは、SaveViewState() メソッドによって保存された前回のページ要求から @no__t オブジェクトのビューステート情報を復元します。The LoadViewState method restores view-state information for the LinqDataSourceView object from a previous page request that was saved by the SaveViewState() method.

適用対象

こちらもご覧ください