LinqDataSourceView.SaveViewState メソッド

定義

ページがサーバーにポストバックされた時間以降に発生した、LinqDataSourceView コントロールのビューステートへの変更を保存します。Saves the changes to view state for the LinqDataSourceView control since the time that the page was posted back to the server.

protected:
 virtual System::Object ^ SaveViewState();
protected virtual object SaveViewState ();
abstract member SaveViewState : unit -> obj
override this.SaveViewState : unit -> obj
Protected Overridable Function SaveViewState () As Object

戻り値

LinqDataSourceView コントロールのビューステートへの変更を格納するオブジェクト。このオブジェクトに関連付けられたビューステートがない場合は、null (Visual Basic では Nothing)。The object that contains the changes to the LinqDataSourceView control's view state, or null (Nothing in Visual Basic) if there is no view state associated with the object.

実装

注釈

@No__t 0 のメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。The SaveViewState method is primarily used by control developers.

ビューステートは、サーバーコントロールのプロパティの値を累積したものです。View state is the accumulation of the values of the properties for a server control. これらの値は、サーバーコントロールの ViewState プロパティに自動的に追加されます。これは、: System.web. UI > クラスのインスタンスです。These values are automatically added to the ViewState property of the server control, which is an instance of the :System.Web.UI.StateBag> class. サーバーコントロールの @no__t 0 の値は、サーバーコントロールのライフサイクルの保存状態の段階後に文字列オブジェクトに保持されます。The ViewState value for the server control is then persisted to a string object after the save-state stage of the server control life cycle.

ビューステートが保存されると、サーバーコントロールのライフサイクルの保存状態ステージの後に永続化された文字列オブジェクトが HTML の非表示の要素としてブラウザーに表示されます。When view state is saved, the string object that was persisted after the save-state stage of the server control life cycle is rendered to the browser as an HTML hidden element. カスタムサーバーコントロールを作成する場合は、@no__t 0 のメソッドをオーバーライドし、サーバーコントロールの ViewState プロパティを変更することで効率を向上させることができます。When you create custom server controls, you can improve efficiency by overriding the SaveViewState method and modifying the ViewState property for your server control. 詳細については、「 ASP.NET State Management の概要」を参照してください。For more information, see ASP.NET State Management Overview.

適用対象

こちらもご覧ください