LinqDataSourceView.IStateManager.SaveViewState メソッド

定義

このメンバーの説明については、SaveViewState() メソッドのトピックを参照してください。For a description of this member, see the SaveViewState() method.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

 virtual System::Object ^ System.Web.UI.IStateManager.SaveViewState() = System::Web::UI::IStateManager::SaveViewState;
object IStateManager.SaveViewState ();
Function SaveViewState () As Object Implements IStateManager.SaveViewState

戻り値

LinqDataSourceView のビューステートへの変更を格納するオブジェクト。このオブジェクトに関連付けられたビューステートがない場合は、null (Visual Basic では Nothing)。The object that contains the changes to the LinqDataSourceView view state, or null (Nothing in Visual Basic) if there is no view state associated with the object.

実装

注釈

このメンバーは、明示的なインターフェイス メンバーの実装です。This member is an explicit interface member implementation. @No__t 0 のインスタンスが IStateManager インターフェイスにキャストされている場合にのみ使用できます。It can be used only when the LinqDataSourceView instance is cast to the IStateManager interface.

適用対象

こちらもご覧ください